ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

111P-221 福祉用具専門相談員からみた利用者の機器に対する心理的抵抗感安心院朗子1)1)目白大学 保健医療学部 理学療法学科key words 福祉用具専門相談員・移動支援機器・心理的抵抗感【目的】 福祉用具専門相談員が利用者の機器に対する心理的抵抗感を感じることがあるのかについて明らかにすることを目的とする。【方法】 日本全国の福祉用具を取り扱う事業所30 か所に勤務する602 名の福祉用具専門相談員とした。394 名より回答を得た(回収率65.4%)。質問紙は、事業所の責任者を通して用紙を職員に配布および回収し、郵送にて提出してもらった。調査は2014 年12 月~ 2015 年3 月。本調査は無記名とし本人が特定されないよう配慮した。【結果および考察】 福祉用具専門相談員が販売または貸与する機会のある機器の頻度について「とてもある」から「まったくない」までの5 段階で尋ねた。「とてもある」「ある」と回答した割合は、普通型車いすが82%(394 名中323 名)と最も多く、次いで杖が68%(394 名中274 名)、シルバーカーが61%(238 名)、ハンドル形電動車いすが15%(59 名)、ジョイスティック形電動車いすが14%(56 名)であった。それぞれの機器の使用について利用者から拒まれる頻度について「とてもある」から「まったくない」までの5 段階で尋ねた。「とてもある」「ある」と回答した割合は、シルバーカーが20%(394 名中77 名)と最も多く、普通型車いすが15%(57 名)、杖が11%(42 名)、ジョイスティック形電動車いすが10%(41 名)、ハンドル形電動車いすが10%(37 名)であった。利用者がシルバーカーを使用することを拒む理由として、「周りから歳をとったように思われる(73%)」「女性が使うものである(35%)」「周りからじろじろみられる(29%)」などが挙げられた。シルバーカーは杖と同様に多くの高齢者が使用している機器であるが、心理的抵抗感があることが明らかとなっている(安心院・徳田,2010)。シルバーカーの機器改良とともに、使いたいと思えるような機器へのイメージの変容が必要であると考えられる。P-222 地域在住の女性特定高齢者における介護予防教室参加による体力測定数値の変化小澤菜津樹1),大久保政弥1),高津琢磨1)1)医療法人社団 敬人会 桔梗ヶ原病院key words 介護予防・特定高齢者・体力測定【目的】 今回,塩尻市在住の特定高齢者を対象に,基礎体力の向上を目標に一年間の介護予防教室参加によって体力測定数値に変化があるかを検証したので報告する.【方法】 平成27 年4 月~平成28 年3 月の期間,1 週間に1 回の介護予防教室に参加した塩尻市在住の女性特定高齢者(79 名,平均年齢80.8 ± 5.6 歳) を対象とし,初回と最終の体力測定の結果を後方視的に検証した.当院の介護予防教室では1 回120 分のうち運動60 分で実施している.測定内容は厚生労働省が提示している高齢者の体力測定マニュアルより1:握力2:膝伸展筋力3:開眼片足立ち4:Timed up&go テスト5:5 m歩行速度( 通常・最大) の5項目とした.各項目に対し対応のあるt検定にて解析した.有位水準は5%とした.【結果】 初回と最終の体力測定結果で,握力,膝伸展筋力,開眼片足立ちの項目で有意な向上を認めた( p< 0,05).その他の項目では有意な向上は認めなかった.【考察,まとめ】 全体では複数の体力測定の項目での向上を認めた.これは介護予防教室による運動指導・自主トレーニングの継続による効果と考える.運動教室への参加は身体機能の向上・維持に貢献していると考え,高齢者でも定期的な運動の介入により身体機能の向上が見込めると考える. その一方でTimed up&go テスト,5 m歩行速度の歩行要素を含む項目では有意な向上を認めていない.これは当院の介護予防教室では安全面を考慮して,歩行動作や支持基底面から大きく重心を外す課題等の訓練が少なかった為と思われる.今後は安全面を考慮したうえで,訓練内に歩行要素やバランス要素を取り入れた課題を検討し更なる基礎体力の向上・転倒予防に努めていきたい.今回は1 年間のみの調査であったが,今後も評価を継続していき身体機能の変化の経過を追っていきたい.