ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

80P-159 外在的フィードバックにより歩行を再獲得した症例小林大峻1),田中尚喜1),西田隆一郎1),森田泰裕1),今井省吾1)1)JCHO 東京新宿メディカルセンターkey words 被殻出血・重度感覚障害・外在的フィードバック【はじめに】 右被殻出血により左上下肢の運動麻痺,重度感覚障害を呈した影響により,歩行の左立脚期において頚部・体幹の過剰な右側屈が認められた。視覚や聴覚情報などの外在的フィードバック( 以下:FB) に着目し治療を行った結果,歩行を再獲得したと考えたため,ここに報告する。【倫理的配慮,説明と同意】 本発表の趣旨及び目的を本人に説明し,了承を得た。【症例紹介】 本症例は,右被殻出血により2 病日に開頭血腫除去術を施行された41 歳男性である。3 病日より理学療法を開始した。12 病日でBrunnstrom stage( 以下:BRS) 下肢III,感覚は下肢表在覚2 ~ 3/10,深部覚0 ~ 2/5 で共に重度鈍麻であった。歩行は長下肢装具を用いて重介助であった。左立脚期においては,頚部・体幹の右側屈,左股関節外転,外旋位を呈しており,左下肢への十分な荷重が得られていなかった。【介入方法】 現在の動きと目標とする動きを視覚, 聴覚情報を用いて説明し,必要に応じて模倣と口頭指示を与えた。その際,患者自身がアライメント異常を自覚し,自己で修正が行える様に姿勢鏡を利用した。【結果】 最終評価は45 病日に行った。BRS 下肢IV に改善した。感覚は下肢表在覚2 ~ 4/10,深部覚0 ~ 2/5 で著明な改善は認められなかった。左立脚期の頚部・体幹の右側屈,左股関節外転・外旋位は改善し,荷重が得られるようになった。その結果,短下肢装具とT ‐ cane を用いた屋内見守り歩行が可能になった。【考察】 体性感覚が障害されたことで,内在的FB によるパフォーマンスエラーの検出が困難となり,支持基底面や重心位置の変化に合わせた姿勢を作り出せなくなっていると考えた。そのため,外在的FB を繰り返し与え,立位アライメントを修正した。その結果,感覚障害の改善には至らなかったが,左下肢への荷重,重心移動を学習し,歩行の再獲得に繋がったと考える。P-160 感覚障害患者に対してトレッドミルを用いた一例について久米信太郎1),熊崎真人1)1)IMS〈イムス〉グループ イムス板橋リハビリテーション病院 リハビリテーション科key words 感覚障害・トレッドミル・歩行速度【目的】 歩行において表在・深部感覚の関与についての報告は多くあるが,それぞれ意見が一貫しないことが多い.また,平地歩行とtreadmill gait( 以下:TG )はほぼ同一形態であるといわれており,TG には歩行速度を向上させる効果があるとされている.今回,感覚障害を呈した患者に対してTG 練習を行い,感覚障害を呈さない患者と同様の効果が得られるか検証したため報告する.【方法】 症例は50 歳代男性,診断名は左視床出血.Brunnstromrecovery stage 下肢VI.表在・深部感覚はともに脱失であった.Manual Muscle Test( 以下:MMT )は右股関節屈曲,伸展,外転3. 10m 最速歩行は18.9 秒,歩数は23歩,歩行率は73 歩/ 分.また,約60m で躓きが出現した.介入として,筋力強化練習と立位練習に加え,TG 練習3分3 セットを10 日間行った.【倫理】 本発表はヘルシンキ宣言に基づいて実施し,対象者には十分趣旨を説明し同意を得た.【結果】 感覚障害に変化なし.MMT は右股関節屈曲・伸展4 に向上した. 10m 最速歩行は16.2 秒,歩数は21 歩,歩行率は77.8 歩/ 分.また,躓きは消失し屋内200m 連続で歩行可能となった.【考察】 今回TG 練習を行ったことにより,感覚障害を呈する患者でも歩行速度の向上が見られた.深部感覚障害は麻痺側の荷重率に関与し,荷重率は歩行速度に影響するといった報告もあるが,今回は感覚障害が残存した状態にて歩行速度の向上が見られた.これは,歩行が最終的に脊髄の反射による運動となり感覚との経路の関与が少ないため,感覚障害がない患者と同様に,麻痺側の単脚支持割合が増加したためと考えられる.このことから感覚障害を呈する患者にも,先行研究と同様に歩行速度が向上するような結果が得られたため TG は有効的な手段として考えられる.