ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

54P-107 当院の地域包括ケア病棟におけるリハビリテーションの実施について羽鳥航平1),荒木優佳1),横山浩康1)1)医療法人 熊谷総合病院key words 地域包括ケア病棟・Barthel Index・多職種連携【はじめに】 地域包括ケア病棟の運営にあたり、個別リハビリテーションを1 日1 患者平均2 単位以上実施することが定められている。当院では平成26 年度9 月から地域包括ケア病棟の運営を開始し、現在に至る。運営する中で、患者の高齢化や身体状況、意欲低下などを理由に、個別リハビリテーションを2 単位以上提供できない問題が生じる場合がある。そこで当院では、転棟するリハビリ適応患者をon( 個別リハビリテーション対応、以下on 患者) とoff( 個別リハビリテーション終了、以下off 患者) に分けた。今回は、on 患者、off 患者の転棟時、退院時のADL 評価を報告し、対応について考察した。【方法】 on 患者( 大腿骨頸部骨折術後、脳梗塞) 各15 名、off患者( 腰椎圧迫骨折、肺炎、脳梗塞) 各15 名の転棟時、退院時のBarthel Index( 以下BI) を比較した。off 患者のリハビリテーションの内容は、理学療法士による評価、プログラム立案、看護師または家族が実施できる練習で経過観察を行い、定期的な再評価を行った。また、適宜退院調整会議等にも参加した。【結果】 on 患者は、大腿骨頸部骨折16.67 点(14.34 ± )、脳梗塞7.67 点(9.64 ± ) であった。大腿骨頸部骨折(p < 0.05)と脳梗塞(p < 0.01) で有意に改善した。off 患者は、腰椎圧迫骨折21.67 点(18.77 ± )、肺炎6.33 点(17.37 ± )、脳梗塞8.33 点(12.34 ± ) であった。腰椎圧迫骨折(p <0.01) と脳梗塞(p < 0.05) で有意に改善した。【考察】 on患者は一般的な介入により、BIは改善した。off 患者は、腰椎圧迫骨折の場合、強い疼痛を伴うためベッド上での自主練習が中心となり、自主的な離床を経たことがBI の改善に繋がったと考える。肺炎では、有意な改善は認めなかったが、理学療法士と病棟との連携により、ADL 能力を改善できる可能性があると考える。【倫理的配慮】 本研究は、当院の規定に基づき、個人を特定できないよう配慮し、研究以外の目的で患者データを利用しないこととした。P-108 地方自治体と協働した介護支援専門員に対するリハビリテーション啓蒙活動の報告井出大1,2,3),木野田典保2),大澤吉隆4),齋藤健一5)1)医療法人社団永生会 南多摩病院 リハビリテーション科2)医療法人社団永生会地域リハ支援事業推進室3)医療法人社団永生会法人本部リハ統括管理部4)八王子市役所福祉部介護保険課5)八王子市高齢者あんしん相談センター高尾key words 介護支援専門員・市区町村・協働【はじめに】 現在、理学療法士は地域包括ケアシステム構築のため市区町村や介護支援専門員との協働が求められており、地域における理学療法士を含むリハビリテーション専門職の適切な活用の啓蒙活動は、より重要味を帯びてきている。その中で当法人は平成15 年より東京都より地域リハビリテーション支援センターに指定され、平成24 年より八王子市、地域包括支援センターと協働し介護支援専門員に対する啓蒙活動を継続してきた。今回は平成28 年度の取り組みを報告する。【取り組みの概要】 内容は八王子市および地域包括支援センター在籍の主任介護支援専門員の要望により大腿骨頸部骨折後の在宅生活者の再転倒予防であった。形式は講義及びワークショップとし模擬事例にてアセスメントすべき項目の提示と意味づけを行った。ファシリテーターは医療機関勤務の療法士および主任介護支援専門員とし参加者と同席し討議を行ない、結果の発表と講評も行った。 研修会終了後には満足度に関するアンケート調査を実施した。調査項目は1)研修全体についての満足度 2)研修資料についての満足度 3)講義内容の理解度 4)研修全体の理解度とし、自由記載欄も設けた。調査用紙の保管やデータ処理は個人が特定できない形式へ変換すると共に倫理的配慮のもと実施した。【結果とまとめ】 参加者数は89 名(回収数87 件、回収率97.8%)。アンケート結果は研修全体の満足度は100% であり、資料のわかりやすさの満足度は95%であった。講義内容は99% の理解度を得、研修全体の理解度では98%という全ての項目で良好な結果が得られた。自由記載欄ではリハビリテーション専門職と主任介護支援専門員が同席しファシリテートした点、医療機関所属の療法士と有意義な意見交換できたという回答が約1/ 3程度あった。今後さらなる分析が必要であるが、本事業継続の必要性を感じることができた。