ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抄集録

9O-017 心臓外科術後の反回神経麻痺が呼吸機能に及ぼす影響について澤朋希1),関田惇也2,3),湯田健二1)1)海老名総合病院2)座間総合病院3)北里大学 大学院 医療系研究科key words 心臓外科術後・反回神経麻痺・呼吸機能【目的】 心臓外科術後患者の呼吸機能は胸郭可動性低下や胸水,Deconditioning などの影響から,術前と比較して低下することが知られている.また,術後患者に生じうる合併症の一つとして反回神経麻痺があり,反回神経麻痺を発症した場合には,声帯の可動性低下に伴う気道の狭小化により,さらに呼吸機能は低下すると考えられる.しかしながら,反回神経麻痺の発症の有無に着目して術後の呼吸機能を比較検討した報告は少なく,詳細は明らかにされていない.そこで本研究では,反回神経麻痺の発症が術後患者の呼吸機能の低下に関与しているかどうかを明らかにすることを目的とした.【対象と方法】 予定手術にて心臓外科術を施行した患者12 例(65.7± 6.9 歳,冠動脈バイパス術:1 例,弁置換・形成術:8 例,人工血管置換術:3 例)を対象とした.除外基準は術前に呼吸器疾患を有するものとした.反回神経麻痺の診断を受けた対象者を反回神経麻痺群,それ以外の対象者を対照群に群分けした.調査ならびに測定項目は患者背景因子,手術情報(手術時間,挿管時間,出血量,人工心肺使用時間),肺機能検査{努力性肺活量(FVC),一秒量(FEV1.0),一秒率(% FEV1)}とした.測定時期は術前と病棟内歩行が自立した時点で行った.肺機能に関しては術前に対する術後の割合(術前比)を算出した.統計は二群間の差を検討するためにMann-Whitney U testを用い,有意水準は5%とした.本研究の趣旨を口頭にて説明し,回答をもって同意を得たこととした.【結果】 反回神経麻痺群は4 例,対象群は8 例であった.FVC術前比(%)は対照群(64.7 ± 5.9)と比較して反回神経麻痺群(58.4 ± 4.0)は有意に低値であった(p < 0.05)が,その他の項目では有意差を認めなかった.【結論】 反回神経麻痺群のFVC 術前比は対照群と比較して有意に低値であったことから,反回神経麻痺の発症は呼吸機能の中でもFVC の低下に関与している可能性が示唆された.O-018 横隔膜表面筋電図と最大吸気口腔内圧の関係について中島弘1),大関直也1,2),神林拓朗1),早瀬裕也1),西山徹1)1)東京医科大学茨城医療センター2)茨城県立医療大学大学院key words 横隔膜表面筋電図・最大吸気口腔内圧・相関【目的】 侵襲を伴わず横隔膜活動を測定する方法として,表面筋電図や最大吸気口腔内圧(PImax)が挙げられる.本研究の目的は表面筋電計とスパイロメータを同期させて,横隔膜表面筋電図とPImax の関係性を明らかとすることとした.【方法】 対象は健常人(男性12 名,女性10 名)22 名とした.計測機器は筋電計(日本光電社製マルチテレメータシステムWEB5000)とスパイロメータ(チェスト社製マルチファンクショナルスパイロメータHI 801),機器の同期は胸郭呼吸ピックアップ(日本光電社製TR512G)を用いた.被験筋は右側の横隔膜,腹直筋,内腹斜筋,外腹斜筋とした.活動電位はサンプリング周波数1KHz でA/D 変換しパーソナルコンピュータに記録した.肢位は端座位とし,対象者には右手でスパイロメータを持たせ,機能的残気量位より最大吸気努力を2 秒以上行わせた.計測は3 回行い最大値をPImaxとして採用し,筋電図も同様のものとした.得られた筋電図は20 ~ 500Hz のバンドパスフィルタ処理後,吸気開始から2 秒間の100ms 単位の自乗平均平方根を算出した.統計処理は横隔膜とPImax,腹筋群とのスピアマンの順位相関係数を求めた.本研究は当医療センター倫理委員会の承認を得て行った.【結果】 横隔膜とPImax は相関を認めなかった(rs =- 0.13,p > 0.05).性別では,男性群は横隔膜とPImax は有意な負の相関を認めた(rs =- 0.69,p < 0.05).また,横隔膜と内腹斜筋は有意な正の相関を認めた(rs = 0.64,p < 0.05).女性群は横隔膜と腹直筋(rs = 0.88,p <0.01),外腹斜筋(rs = 0.87,p < 0.01)と有意な正の相関を認めた.【考察】 横隔膜と腹筋群の相関から,性別による呼吸様式の相違が考えられる.男性群では腹式呼吸が有意となるため,内腹斜筋活動がクロストークとして横隔膜活動に影響していると考えられる.横隔膜表面筋電図は呼吸様式の相違による腹筋群活動によって,PImax とは相関しないことが示唆された.