日本未熟児新生児学会
Japan Society for Premature and Newborn Medicine


This page has been accessed times since July 1, 2002

東日本大震災に関するお知らせ

【重要】勧誘電話にご注意ください。
最近、関西弁の男が本学会の名前(JSPN)を名乗り勧誘電話をかけているとの情報がございました。本学会では、お電話で先生方の居場所を聞き出したり、マンション経営等の勧誘などは一切行っておりません。十分ご注意をお願い申し上げます。
第56回日本未熟児新生児学会学術集会について
会     長: 楠田 聡(東京女子医科大学母子総合医療センター)
会     期: 2011年(平成23年)11月13日(日).11月15日(火)
会     場: 東京国際フォーラム
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
代表電話 03-5221-9000
テ  ー  マ: 新生児の声―The Call of Neonates
事  務  局:
東京女子医科大学母子総合医療センター
〒162-8666東京都新宿区河田町8-1
03-5269-7344

ホームページ: http://jspn56.umin.jp/



☆2011年10月2〜4日にドイツのWuerzburgにて開催予定の6th International Symposium Recent Advances in Neonatal Medicineの参加募集のご案内(2011/2/28) New

☆厚生労働科学研究「周産期医療の質と安全の向上のための戦略研究」に関するフィージビリティ・スタディ実施のご案内(周産期診療ガイドラインの意見再公募)(2011/2/23) New

☆新生児の輸血問題小委員会で「新生児輸血に用いる院内血液製剤の適正な製造体制・順守基準」をとりまとめました。学会誌23巻2号に掲載予定です。(11/02/21)New

☆第15回日本未熟児新生児学会教育セミナーの受付を開始いたしました。(11/2/21)New

☆恒例となりました京都大学NICUの公開セミナーのご案内です。これまで、新生児内分泌を中心とするセミナーとして好評を得ているセミナーですが、今年で6年目となります。本年度は、対象を医師(研修医〜新生児専門医)に絞った内容とし、より充実したセミナーをお届けする予定です。(11/01/25) New

☆厚生労働科学研究「周産期医療の質と安全の向上のための戦略研究」に関するフィージビリティ・スタディ実施のご案内(周産期診療ガイドラインの意見公募中)(11/01/25)

☆平成22年12月10日および16日付けで、欧州医薬品審査庁(European Medicines Agency;EMA)から成長ホルモン(GH )製剤に関する安全性についてのプレスリリースが出されました。(2010/01/11)
12月10日付【資料1】
12月16日付【資料2】

米国食品医薬品国のコメント【資料3・4】

☆根拠と総意に基づく未熟児動脈管開存症(PDA)治療ガイドライン記録集を掲載しました。(10/11/03)

☆第4回 新生児内分泌研究会 のお知らせ
平成22年9月19日(日曜日)に東京ステーションコンファレンスにて研究会を開催いたします。プログラムなど詳細は以下のサイトをご覧ください。(10/08/18)
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~pediatrics/pdf/seminar100919.pdf

☆日本未熟児新生児学会細則4.評議員,理事,監事,幹事の選出規定により,平成22 年度の評議員会と総会に評議員候補者の推薦を行います。新評議員候補者は平成22 年7 月5 日(必着)までに書留郵便にて事務局までお送りください。
 
☆第56回日本未熟児新生児学会学術集会「新生児の声―The Call of neonates」についてお知らせ(10/06/25)

☆根拠と総意に基づく未熟児動脈管開存症治療ガイドラインupしました。(10/06/15)


☆小児・新生児におけるエンドトキシン除去療法ガイドラインガイドラインupしました。(10/06/15)

☆田辺三菱製薬が5月12日より業務を再開いたしました。(10/05/27)

☆田辺三菱製薬の業務停止に伴うサーファクテンの供給についてお知らせ(10/04/16)

☆NPO法人日本ラクテーション・コンサ ルタント協会(JALC)主催 第6回「医師のための母乳育児支援セミナーin岡山」のご案内(10/04/26)

☆田辺三菱製薬の業務停止に伴うサーファクテンの供給についてお知らせ(10/04/16)

☆リンクにThe Neonatal Society (英国新生児学会)を追加しました。

☆禁煙宣言を発表しました。

☆第54回日本未熟児新生児学会学術集会のDVDを1500円にてご提供中です。DVDの詳細についてはこちらを、お申込については、こちらをご覧ください。今回の学術集会のエッセンスが詰まっています。ぜひご検討ください。

新生児医療を担う医師からの緊急声明(09/11/26)

ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム注射剤の 適正使用への協力依頼について厚生労働省より通知がありました。

第13回教育セミナーの様子をUPしました。

第12回モニタリングフォーラムはこちらをご覧ください。

NICUの呼吸理学療法ガイドライン改訂版(第2報)を掲載いたしました。


☆第53回学術集会アンケート結果について
皆様にご協力いただきました第53回学術集会アンケート結果を一部公開しております。こちらをご覧ください。

☆AJフェローシップについて
今年もAJフェローシップが運用されます。AJフェローシップは本学会学術集会に筆頭演者として発表する卒後3〜6年目の医師を対象とし,選考により当該の学術集会・懇親会参加費用などを免除するものです。ふるってご活用ください! 詳細はこちら、申込書はこちらをご覧ください。

☆今年度の会費請求書を発行しております。お手元に届きましたら、同封の振込用紙にてお振込ください。他の銀行からゆうちょ銀行へお振込みされる際には,店名(019)・預金種目(当座)・口座番号(0008696)にてお振込みください。なお、その際には必ずお名前と会員番号、何年度分の会費かをご記載くださいますようお願いいたします。

☆周産期・救急医療専門家会議のご案内
平成21年3月1日、周産期医療と救急医療の充実と相互連携の強化のための具体的方策の検討を行う目的で、「周産期・救急医療専門家会議」を下記の要領で開催いたします。

☆日本未熟児新生児学会 輸血問題の小委員会が「輸血用血液の供給実態に関するアンケート」をまとめました。こちらをご覧ください。また、医療機関を対象に行ったアンケート内容はこちら、日赤血液センターを対象に行ったアンケート内容についてはこちら、日赤からの回答はこちらをご覧ください。

☆SGA低身長症における成長ホルモン(GH)治療が2社において承認されました。
詳細についてはジェノトロピン(ファイザー株式会社)のおよびノルディトロピン(ノボ ノルディスク ファーマ株式会社)の添付文書により確認してください。
なお、日本小児内分泌学会から出されている「SGA性低身長症におけるGH治療の実施上の注意」文書はこちらです。

【ファイザー株式会社添付文書】
ジェノトロピン5.3mg
http://products.pfizer.co.jp/documents/lpd/gen01lpd.pdf
ジェノトロピン注射用12mg
http://products.pfizer.co.jp/documents/lpd/gen02lpd.pdf
ジェノトロピンミニクイック皮下注用 0.6, 1.0, 1.4
http://products.pfizer.co.jp/documents/lpd/gen03lpd.pdf
【インタビューフォーム】ジェノトロピン
http://products.pfizer.co.jp/documents/if/gen/gen01_if.htm


【ノボ ノルディスク ファーマ株式会社添付文書】
ノルディトロピン ノルディフレックス注5mg, 10mg, 15mg
http://www.novonordisk.co.jp/Images/PDF/NrditoropinFlxpn_v7.pdf
ノルディトロピンS注5mg, 10mg
http://www.novonordisk.co.jp/Images/PDF/norditoropinS_v10.pdf
【インタビューフォーム】ノルディトロピン
http://www.novonordisk.co.jp/Images/INTERVIEWFORM/If_NordiFlx_v8.pdf
【成長障害や低身長に関する総合情報サイト】
成長障害のお子様とご家族のための相談室「Nordicare(ノルディケア)」
http://www.nordicare.jp/


未熟児無呼吸発作におけるテオフィリン血中濃度測定特定薬剤治療管理料について
2007年6月1日より未熟児無呼吸発作がテオフィリン特定薬剤治療管理料の算定対象に追加されました。詳しくはこちらをご覧ください。

☆「未熟児無呼吸発作に対するアミノフィリン・テオフィリン製剤の使用上の注意」を掲載しました。こちらをご覧ください。

★重篤な疾患を持つ新生児の家族と医療スタッフの話し合いのガイドラインはこちらをご覧ください。
★平成16年8月に行われた第8回教育セミナーの様子をアップしています。こちらを是非ご覧下さい!

学会事務局 学術集会 各種委員会 INFORMATION


日本未熟児新生児学会事務局
〒564-8580大阪府吹田市広芝町18-24
潟<fィカ出版内
電話:06-6192-0660 ファックス:06-6192-0666
E-mail:jspn@medica.co.jp