被災地の避難所等で生活をする赤ちゃんのためのQ&A(医療スタッフ向け)

pdfPDF版をダウンロードする

Q1:母乳で栄養が足りているの?

A:赤ちゃんが元気で、いつものようにおしっこがでていれば大丈夫です。

おむつがしっかり濡れるぐらいの尿が1日6回以上でていれば、母乳は足りていると判断できます。母乳には赤ちゃんに必要な栄養が入っており(母親が十分食べていなくても)、災害時に流行しやすい病気から赤ちゃんを守ってくれます。緊張や不安で一時的に母乳の出が悪くなっても、リラックスして授乳できるようになればもとのように出てきます。カーテンで仕切るなどして授乳場所を確保するか、それが無理なら人目に触れないようスカーフなどを貸し出すことも役立つでしょう。欲しがるたびに哺乳できるよう支援し、授乳中の母親には十分な食料を配分しましょう。医学的に必要のない限り(脱水など)、ミルクを足すのはやめましょう。

ミルクは清潔なお湯・哺乳瓶・乳首の用意が困難な場合があり、災害時は母乳を基本に考えます。

Q2:哺乳瓶がないときは?

A:赤ちゃんでも紙コップで飲めます。

赤ちゃんでもコップから飲むことができます。

  1. ミルクを紙コップの半分以上入れます。
  2. 赤ちゃんはちゃんと目が覚めているときに、たて抱っこします。横抱きやミルクを流し込むような飲ませ方は避けてください。
  3. 紙コップを赤ちゃんの下唇にあてて、コップの縁が上唇の外側に当たる感じです。少量ずつ飲ませます。
赤ちゃんのペースに合わせて、ゆっくり飲ませましょう。いっぺんにたくさん飲むのは赤ちゃんも大変なので、1回の授乳は30分ぐらいで切り上げましょう。授乳回数を増やしても大丈夫です。1回の授乳量はどうしても少なめになるので、授乳量は1日単位で評価してください。紙コップは基本的には使い捨てですが、数が少ない場合は衛生的な水でよく洗って使用してください。普通のコップを使用する場合も薬液や煮沸消毒できる場合は消毒し、できない場合は衛生的な水でよく洗って使用してください。

Q3:粉ミルクが足りないときは?

A:できる限り母乳育児の支援をしてください。

もっとも衛生的で適切な栄養は母乳です。人工栄養になっている場合も、母乳を吸わせるように勧めましょう。その上で十分な栄養とは言えませんが、5%砂糖水で一時的な脱水を防げます。コップ1杯(約200ml)の白湯に砂糖大さじ1杯が目安です。重湯も一時的にはよいでしょう。これらはあくまでも代替であり、主に糖分と水分補給のみに効果的です。他の栄養素や電解質は不足します。6カ月過ぎの赤ちゃんなら、ごはんやバナナをつぶしてお湯で伸ばすなど離乳食で補っても大丈夫です(赤ちゃんせんべいをお湯で溶いても大丈夫)。

Q4:体温が保てないときは?

A:寒い被災地では、赤ちゃんをしっかり保温してあげることがとても大切です。

乳児を抱えている家族を見かけたら、少し狭い閉鎖空間に移動させてあげることを検討してください。すきま風を遮蔽したり、出入り口を避けることでも、体感温度が下がることを防ぐことができます。床に新聞紙や段ボールをしいたり、段ボール箱に新聞紙やタオルを敷いて赤ちゃんを寝かせるなども一定の効果があります。気道を確保しつつ、衣服で空気の層をつくる、ビニール製品等で冷気を遮断する、顔や首、頭からの熱の放散を防ぎ、冷たい環境に放置せず、できるだけ人肌に近づけてあげるよう促してください。顔色が悪かったり、ぐったりして元気がないなどの症状があれば、知らせるよう母親に伝えてください。あらゆる方法で保温しても、体温が保てない場合には、感染症等の疾患に罹患している可能性もあるので、医師の診察が必要です。

Q5:紙おむつが少なくなったとき、なくなったときは?

A:手持ちの紙おむつの最大活用、レジ袋とタオルで代用おむつなどのくふうを。

紙おむつの外側は防水なので何度か使えます。手持ちが少なくなったら、生理用ナプキンやタオル、さらしなどを中に敷く、吸収体まで汚れたらそれを取って外側だけおむつカバーとして使うことができます。使用後の布は酸素系漂白剤と洗剤を溶かしたバケツに漬けおきし、すすいで干せばまた使えます。レジ袋とタオルで代用おむつを作ることもできます。①ハサミでレジ袋の持ち手の部分と側面をきります。②開いた部分にタオルをのせます。タオルの上にガーゼやフリースなどを敷いておくとウンチをとるときに便利です。③袋の持ち手を結びます。

Q6:清潔が保てないときは?(お風呂にいれられない、お尻ふきがない等)

A:少量のお湯で、皮膚をきれいにする方法です。

清拭用の水は飲用ではないため、あまり神経質にならず雪や川の水でも使用可能です。積極的に清拭することを勧めてあげてください。特に不潔になりやすい外陰部を清潔に保つことが重要です。石鹸を用いて体を順に拭いてゆく場合、石鹸が身体に残るとかぶれの原因になるため、できる限り拭きあげ様の水を多めに残し、しっかりと拭き取るように指導してください。

Q7:おむつかぶれを防ぐには? おむつかぶれになってしまったら?

A:おむつかぶれを防ぎ治すには、尿・便による皮膚への直接刺激を減らすよう、水などで洗い流すことが重要です。

しかし、強くこすったり、繰り返し石鹸で洗うと、正常な皮膚のバリアーを破壊してしまい、余計におむつかぶれが悪化してしまうため、要注意です。また、よく乾燥させてからおむつを当てることも重要です。おむつかぶれがひどい場合、もしあれば市販のおむつかぶれの塗り薬や酸化亜鉛を含んだ軟膏を塗るとより良いでしょう。それでも治らない場合は、カンジダなどの感染の可能性もあるので、医師の診察を受けてください。

Q8:湿疹がひどくなったら?

A: スキンケアが基本です。

湿疹はアトピー性皮膚炎かと心配されるご家族もおられますが、すぐにアレルギー用人工乳や除去食を始めたり、アレルギー予防効果もある母乳を中止する必要もありません。赤ちゃんのご家族にスキンケアをしやすい環境を整えてあげましょう。湿疹が強い場合はアズノールなどの非ステロイド系軟膏を塗ります。発熱や哺乳不良・不機嫌を伴う急な発疹や膿疹は感染症も疑われます。早めに医師の診察を受けてください。また、長引く湿疹はアトピー性皮膚炎の可能性もありますので、その場合も医師に相談してください。

Q9:便秘の赤ちゃんがいたら?

A:お腹の張りがつよくなければ、「の」の字マッサージや足の運動を伝えてください。

お腹が張っているとき、苦しそうなときは綿棒の先にオイルやワセリンなどの潤滑剤を塗って、なければ水あるいは母親の唾液で湿らせて肛門に2cmぐらい入れて、ゆっくりまわしてください。環境の変化や哺乳量の不足が原因のことがあるので、尿の出方や哺乳量を確認して経口量の不足の場合は水分補給方法を検討してください。

Q10:下痢の赤ちゃんがいたら?

A:顔色、目の周りのくぼみ具合など脱水症状をチェックしてください。

下痢の量と頻度、尿の色と頻度を確認してください。母乳を制限する必要はありません。哺乳できれば哺乳回数を増やすようにしてください。水分だけでなく塩分・糖分の補給も大切ですので、乳児用イオン飲料などで水分補給しても構いません。オムツ交換後には必ず手を清潔にするよう促してください。脱水が強くてぐったりして十分に飲める見込みがない等の場合には、早めに医師の診察を受けてください。

Q11:吐いている赤ちゃんがいたら?

A:まずは全身状態をみてください。

発熱を伴い、意識レベルが低下している場合には髄膜炎などの重症感染症の心配があるため、すぐに医師の診察を受けるようにしてください。

避難所等は、ウイルス性胃腸炎が流行しやすい環境です。周囲の複数の児に嘔吐がみられる場合にはウイルス性胃腸炎が疑われるので、保護者に手指の消毒、おむつの処理などの注意をします。嘔吐が続くときには、一旦おなかを休めてあげて少量ずつ水分哺乳をするように説明してください。嘔吐が続き、尿量低下など脱水症状がみられる場合やぐったりしてきた場合には早めに医師の診察が必要です。感染拡大を防ぐため、排泄物の適切な処理や手指の消毒方法をお世話をされている方に説明してください。

Q12:鼻水や鼻づまりで苦しそうなときは?

A:ミルクの飲みが良いか母親に確認し、呼吸状態を観察してください。

鼻水がでていても、哺乳力がよければ心配ない事を母親に説明し、母親の不安を取り除いてあげてください。

鼻汁がひどい場合の処置方法としては、鼻吸引が有効です。鼻吸引は吸引器がない場合、母親が望むようであれば、直接口で吸引する方法を教えてください。鼻吸引器を使用する場合には、乳児の鼻腔は傷つきやすいので低圧で使用してください。ミルクの飲みが非常に悪いときや呼吸状態が悪いときには医師の診察が必要です。

Q13:咳やぜえぜえがひどいときは?

A:ミルクの飲みが良いか母親に確認してください。

ミルクがしっかり飲めて水分摂取が十分できており、眠れて、機嫌が良ければ心配ない事を母親に説明して、母親の不安を取り除いてあげてください。ミルクの飲みが悪いときは、授乳時間を短くして(人工乳なら1回量も減らして)、頻回に哺乳してもらうように話してあげてください。機嫌が悪く、ミルクの飲みが非常に悪いとき(吸う力が非常に弱いとき、人工乳なら1回に通常の半分量も飲めないとき)、咳もどしが頻回なとき、咳や喘鳴のために眠れないとき、クループの可能性があるときは直ちに医師の診察が必要です。

いわゆる市販の風邪薬、総合感冒薬は乳幼児には避けるべきです。抗ヒスタミン薬、鎮咳薬などが含まれており、不要な分泌物を体外に排出する生理反応である咳や鼻汁を妨げ、肺炎や中耳炎の原因になります。

Q14:(体温計がなくてはかれないけど)熱っぽいときは?

A:食欲、睡眠、機嫌などから判断して児の状態が安定している場合には、大きな心配がないことを家族に説明して、家族の不安を取り除いてあげてください。

服の着せすぎなど環境因子が原因の場合には、その原因を取り除き体温が下がれば、経過観察で問題はありません。有意な発熱の場合でも、他に症状がなければ、まず脱水にならないように、頻回に哺乳するなど家族に指導をしてあげてください。発熱に加え、活気がない、食欲や機嫌が悪い場合、嘔吐を繰り返す場合には、医師の診察が必要です。特に乳児期早期(3ヶ月未満)の場合は、化膿性髄膜炎など重症細菌感染症が原因のことがあり注意が必要です。例え元気であっても、1回の診察だけでなく、定期的に経過をフォローするようにしてください。

Q15:お母さんの疲れ・ストレスがたまっているときは?

A:母親が過ごしやすい環境を整え、相談にのり、母親をサポートするよう周囲の人に伝えてください。

乳幼児のいるご家族は、周囲に気を遣いストレスが増大しやすいため、授乳室や子供のいる家族のための部屋など環境を整え、いつでも相談できる体制をとってください。また、母親をサポートするように家族や周囲の人に伝えてください。災害時には虐待のリスクも高まるため、なるべく定期的に話を聞くことが重要です。必要時には児童相談所に相談してください。症状が強い場合や長引く場合は、医師の診察など必要なケアを提供してください。

Q16:夜泣きがひどいときは?

A:普通の生活でも赤ちゃんはよく夜泣きをします。

大人も不安になる災害時、赤ちゃんだって夜泣きしたくなるのはある程度仕方がないことと受け止め、母親の努力不足のせいではないことを確認してあげましょう。授乳やおむつ交換、寒暖の調節などでも泣きやまないときは、普段と変わらないお世話に心掛け、愛情深く抱きしめてあげるようお世話する人に伝えてください。赤ちゃんに安心感を与えることが大切です。赤ちゃんとお世話をする人のストレス軽減にも、おんぶする、外の空気にあてる、電灯のついている場所に移動するなど、今居る場所から少し離れて、環境を変えることも効果的かもしれません。もし避難所の部屋割りに余裕があれば、避難されている方の年代や行動別に避難所を区分けすることを避難所設置者に提案してください。お母さんは気兼ねなく授乳することができ、お世話する人も夜泣きに気を使わずにすみます。夜泣きには周囲の理解も必要です。保健師から周囲の人に夜泣きの理由を優しく伝えてあげてください。

作成にあたっては下記サイトを参考にさせていただきました。