佐多キングスカレッジ選考委員会

委員長 戸苅   創
委 員 細野 茂春
委 員 山南 貞夫
委 員 芳本 誠司
委 員 和田 雅樹

平成22年度採用者 柳 貴英 氏 (滋賀医科大学小児科)


佐多フェローシップ キングスカレッジ・プログラム要項

●目的
 わが国の新生児呼吸器の分野における研究が、英国の研究者と交流を深めつつとくに若い研究者によってさらに推進されることを期待して、英国 LondonのKing'sCollege Hospitalへの短期(3か月間)研究留学を助成するために、Sata King'sCollege Fellowshipを制定する。
●留学先
 Children Nationwide Regional Neonatal Intensive Care CentreKing's College Hospital, London, UK
●留学時期及び期間
 原則として毎年9月以降翌年の3月までの3か月
●選考対象
 原則として引き続き3年以上の日本未熟児新生児学会会員歴を有し、本学会評議員2名以上の推薦があるものであって、さらに次の資格を満たすものとする。
 (1)現在新生児医療に従事し、今後もこの分野に専従を希望するもの
 (2)新生児の呼吸器学に興味をもち、その分野の研究を続ける意志をもつもの
 (3)新生児学・医療に関する学術発表の経験があるもの
 (4)十分な英語会話能力を有するもの
●申し込み方法
 
以下のものをそろえ、期日までに下記応募申込先(学会事務局)まで郵送
・英文申請書(書式自由。但し,主な研究テーマ,もしくは現地での研究希望についての記載を盛り込んでください。)
・英文履歴書(写真付き)
・業績目録
・推薦状
・カセットまたはCDに自己紹介を含む英語のスピーチを3分以内で録音したもの
●応募申込み先
564-8580 大阪府吹田市広芝町18-24
株式会社メディカ出版内  日本未熟児新生児学会事務局
電話:06-6192-0660 FAX06-6192-0666  E-mail jspn@medica.co.jp 
●留学に関する詳しい内容の問い合わせ先
106-8655 東京都港区東麻布2-3-4
株式会社東機貿 佐多フェローシップ キングスカレッジ・プログラム
担当 岩沢 好雄

電話:03-3586-5041FAX03-3586-5042
●選考委員会
 選考委員会は理事長、理事会の推薦する理事または評議員、幹事であるもの若干名によって構成し、理事長が委員長となる。
 委員の任期は理事と同時期かつ同期間とする。ただし、再任は妨げない。

●選考方法

 選考委員会は応募者の中から書類選考により毎年1名を候補者として選考する。候補者はさらに King's College Hospitalと協議の上採用が決定される。なお、必要に応じて面接の上英語会話の能力を験する。
 選考委員会は理事会に選考結果を報告し、日本未熟児新生児学会雑誌に公表する。
●助成金
 助成金は旅費、滞在費として当面1件500,000円とし、日本未熟児新生児学会特別会計(Sata King's College Fellowship基金)から支出される。
●報告
 助成を受けたものは帰国後2か月以内に報告書を事務局に提出する。
●庶務
 庶務は、東京都港区東麻布2-3-4 Sata King's College Fellowship 事務局において行う。
●その他
 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は選考委員長が定める。
●附則
 この要綱は、平成10年11月1日から施行する。


これまでの採用者


●平成22年度
・柳 貴英(滋賀医科大学小児科)

●平成21年度
・高寺明弘 (千船病院小児科)

●平成20年度
・望月成隆 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科

●平成19年度
・増本健一 静岡県立こども病院循環器科
  
●平成18年度
・難波 文彦  大阪府立母子保健総合医療センター 研究所免疫部門

●平成17年度
・滝 敦子    川口市立医療センター新生児集中治療科

●平成16年度
・芳本誠司   兵庫県立こども病院周産期母子センター 新生児科

●平成15年度
・岡嶋 覚   北海道大学医学部付属病院 周産母子センター新生児室

●平成14年度
・平井智恵  大阪市立大学 小児科

●平成13年度
・岩崎志穂  松戸市立病院 新生児科

●平成12年度
・五石圭司  長野県立こども病院 新生児科

●平成11年度
・遠藤晃彦  日本大学板橋病院 小児科
・千葉洋夫  東北大学 小児科

●平成10年度
・隅 清彰  大阪府立母子保健総合医療センター 新生児科

       
Page Top    各種委員会