AJフェローシップについて

 

 AJフェローシップは本学会学術集会に筆頭演者として発表する卒後3〜6年目の医師を対象とし,選考により当該の学術集会・懇親会参加費用などを免除するもので,今後の新生児医療の発展に不可欠な若手新生児科医の確保・育成に寄与することを願って設立されたものです。下記概要をご覧の上,ふるってご活用くださいますようお願いいたします。


1.対象者
日本未熟児新生児学会の会員であり,平成16年度(平成17年3月)以降の卒業者で卒後3〜6年目の医師(本年は平成16年度,17年度,18年度卒業の医師のみが対象となる)。日本未熟児新生児学会学術集会に筆頭演者として発表する者で,次の者の推薦を受けたものとする。
(1)大学の場合は所属講座の教授
(2)その他の機関の場合はその部門の長

2.基金の使途
学術集会・懇親会参加費,学会主催の実技セミナー開催時のみその参加費(1セミナーに限る),当該年度の年会費を負担する(ただし,すでに年会費を納入している場合は,学術集会会場にて返金する)。
3.応募方法等
(1)応募方法  演題応募後,次頁の申請書に記入し学会事務局まで送付する。
(2)応募の締切 平成21年8月11日(火)(当日の消印まで有効)
(3)選考方法   第54回学術集会プログラム委員会にて採択され,フェローシップ選考検討委員会にて承認されたものとする。

4.採否の通知
演題採択の発表(9月下旬頃)以降に事務局より応募者宛に通知する。また,アボットジャパン(AJ)フェローシップ基金の採用演題である旨が公表される。

5.申込書提出先

564-8580 大阪府吹田市広芝町18-24 

潟<fィカ出版内 日本未熟児新生児学会事務局 宛

TEL06-6192-0660  FAX06-6192-0666  

E-mailjspn@medica.co.jp

*採択された方は,事前参加登録の必要はありません(宿泊予約はお済ませください)。
*AJフェローシップの採用はお一人につき一回に限ります。一度採用された方は再応募できません。
*実技セミナーの詳細は,第54回日本未熟児新生児学会(http://jspn54.umin.jp)をご覧ください。
*応募書類はFAXやEメールでは受付けません。配達記録・簡易書留郵便等にてお送りください。
*申請書は,こちら,または第54回日本未熟児新生児学会学術集会ホームページhttp://jspn54.umin.jp/からもダウンロードしていただけます。
*ご不明な点がございましたら上記事務局までご連絡ください。