第53回日本未熟児新生児学会学術集会アンケート結果について

 昨年、10月30日から11月1日の3日間、札幌にて開催された第53回学術集会の企画・運営等について、皆様のご協力のもと、アンケート調査を行いました。大変遅くなりましたが、その結果を報告させていただきます。

 全評議員210名のうちメールアドレスの登録がある206名、及び事前登録された、評議員以外の学会員171名、合計377名を対象に、メール送付による調査を行い、98名から回答を頂きました。
回答率は約26%、回答者の年齢層は、30代、40代、50代が1/3ずつでした。

 この結果のなかで、特に、ポスター発表に関して、発表時間が守られていない、聴取しにくい、討論が十分にできない、など、発表方法を見直すべきであるとのご意見が多く寄せられましたので、7月の本委員会において次回・次々回の学術集会会長に発表方法に関してご改善いただくことをお願い致しました。

 調査にご協力くださいました先生方に厚く御礼申し上げます。
理事会・広報委員会のご了解を得て、ホームページ上で結果をご報告させていただくことができました。
ご報告が大変遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

 結果はこちらをご覧ください。