本文へスキップ

日本産業衛生学会アレルギー免疫毒性研究会

電話でのお問い合わせはTEL.0166-68-2402

旭川医科大学医学部健康科学講座内

次回開催のご案内Information for next meeting

第73回 日本産業衛生学会アレルギー・免疫毒性研究会


第91回日本産業衛生学会(学会長:加藤 貴彦)

【日 時】 平成30年5月17日 
【会 場】 くまもと県民交流会館パレア9F 会議室1(D会場)

        〒860-0808 熊本県熊本市中央区手取本町8−9
      電話: 096-355-4300

【テーマ】 
化学物質過敏症の現状を医学生理学的および社会科学的に理解しよう

【講 師】 今井 奈妙先生(三重大学医学部看護学科教授)

概要:化学物質過敏症は、日常生活や学校や職場で曝露される化学物質に対して、生体に過敏な反応が起こり、その結果として心身の様々な不調が見られるようになる典型的な環境性疾患です。一旦発症すると、生活環境のなかの様々なにおいや、ほこりや毎日の食材に含まれる様々な化学物質に対する過敏な反応が合併して起こるようになってきます。
 化学物質過敏症は、医学的にもその本態や治療の方法が完全に解明されておらず、一度り患すると完全に治癒することは極めて困難です。さらに、一般社会にその病気そのものが広く認知されていないこともあり、患者さんは、心身ともに大変苦しい思いをしながら日常生活を送っておられるのが現状です。
 研究会では三重大学医学部看護学科の今井教授に、化学物質過敏症の本態的研究の知見に目を向けつつ、本疾患患者さんの診断や治療指針、環境対策、周りの人々との適切な関係構築、患者さん同士のネットワークの構築と自分たちの現状を社会へ発信することなど、多面的に、患者さんのQOLを高めるための日常生活の対処法について講演していただき、それをもとに、参加者が、本疾患の本態的究明や予防策、地域に目を向けた防衛策について、自由に意見交換ができる場を提供します。
 本研究会により、化学物質過敏症の本態に関する知識が研究会参加者や本学会参加者を通じて一般社会に広がり、患者さんが安寧に社会生活を送ることが出来るための地域環境対策が進展する一助になれば幸いです。

【世話人】 上田 厚(NPO法人東アジアヘルスプロモーションネットワーク
           セン ター理事長)


第74回 日本産業衛生学会アレルギー・免疫毒性研究会

【日 時】 平成30年9月18-19日
【会 場】つくば国際会議場

第25回日本免疫毒性学会学術年会(年会長 野原恵子)との共催で開催されます。

【テーマ】 徹底討論 環境と免疫



【世話人】角田正史(防衛医科大学)




平成30-31年度の研究会開催予定

日 時 場 所 研究会 世話人
平成30年5月17日 市民会館シアーズホーム夢ホール 第73回 上田 厚
平成30年9月18-19日 つくば国際会議場 第74回 角田正史
平成31年5月(予定) 愛知県 第75回 上田 厚
平成31年9月9-10日 北九州市 第76回 森本泰夫

  事 務 局

日本産業衛生学会アレルギー免疫毒性研究会

〒078-8510
北海道旭川市緑が丘東2-1-1-1
旭川医科大学医学部健康科学講座内
TEL.0166-68-2402
FAX.0166-68-2409

お問合せ
お問い合わせはこちらからどうぞ!