Meeting2022

第33回日本生体防御学会学術総会のお知らせ

総会長 原 博満(鹿児島大学 免疫学分野 教授)

【開催日・会場】
・会期:2022年9月15日(木)〜17日(土)

・会場:鹿児島大学稲盛会館(鹿児島大学郡元キャンパス)

【参加される方へ】
1. 参加登録
 学会に参加される全ての方(演者も含む)は、2022年4月11日(月)から2022年7月22日(金)締め切りまでに必ず事前登録をお願いいたします。参加申し込みを下記の事務局メールアドレスまでお送り下さい。7月22日(金)までに参加登録をいただき、参加費をお振込みいただいた方には、事前に抄録集をご送付いたします。

2. 演題登録
 一般演題の申し込みは、別紙の「演題抄録の形式」に従って抄録と参加申込書を添付書類(MS-word)として事務局メールアドレスまでお送りください。

(file参加申し込みファイル .docx)

(file抄録作成フォーマット.docx)

 送付先:jshdr2022-office@umin.ac.jp
 演題登録期間:2022年4月11日(月)~2022年5月27日(金)

【学会プログラム】
特別講演1 『感染に対する生体防御応答』 山崎 晶 (大阪大学微生物病研究所 教授)
特別講演2 『顧みられない熱帯病、その克服を目指して』 濱野 真二郎 (長崎大学熱帯医学研究所 教授)
特別講演3 『遺伝子工学によるがん免疫細胞療法の進展と将来展望』 玉田 耕治 (山口大学医学部大学院医学系研究科 教授)

受賞講演 学会の規定に基づき選考いたします

シンポジウム
Ⅰ. 「ポストコロナ時代を見据えた生体防御研究」
オーガナイザー 押海 裕之 (熊本大学大学院生命科学研究部 教授)
シンポジスト
  南保 明日香 (長崎大学感染症共同拠点 教授)
  一戸 猛志 (東京大学医科学研究所 准教授)
  新開 大史 (北海道大学人獣共通感染症国際共同研究所 准教授)

Ⅱ. 「系統進化から読み解く自己・非自己認識系の普遍性と多様性」
オーガナイザー 笠松 純 (東北大学大学院医学系研究科 講師)
シンポジスト
  柴田 俊生 (九州大学大学院理学研究院 助教)
  田口 瑞姫 (慶応義塾大学・自然科学研究教育センター 助教)
  須藤 洋一 (岩手医科大学 いわて東北メディカル・メガバンク 特命助教)
  松本 萌 (東京海洋大学 日本学術振興会特別研究員)

【参加費の事前支払い】
2022年7月22日(金)までに、学術総会参加費を下記の口座にお振込ください。

銀行名:鹿児島銀行
支店名:桜ヶ丘支店(店番143)
口座番号:3061053(普通)
口座名義:第33回日本生体防御学会学術総会 (代表 原博満)
カナ:ダイサンジュウサンカイニホンセイタイボウギョガッカイガクジュツソウカイ

【日本生体防御学会奨励賞への応募について】
奨励賞は原則1名を選考して、学術総会において奨学します。
(賞状及び副賞10万円:複数の場合は折半する)

学会規定の要領に従って選考します。(file日本生体防御学会奨励賞選考要領.docx)
応募期間:2022年4月11日(月)~2022年5月27日(金)
応募先:jshdr2022-office@umin.ac.jp

応募書類:被推薦者の履歴書(file日本生体防御学会奨励賞履歴書.docx)

       業績リスト(file日本生体防御学会奨励賞業績様式.docx)


【第33回日本生体防御学会学術総会事務局】
 担当:坂田 大治(事務局長)

鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 免疫学分野内
〒890-8544鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
TEL:099-275-5305 FAX:099-275-5306
E-mail:jshdr2022-office@umin.ac.jp

 


Copyright © 2013 Japanese Society for Host Defence Research