Meeting2017

第28回日本生体防御学会学術総会

学術総会長:岩渕 和也(北里大学医学部免疫学・大学院医療系研究科細胞免疫学)
会 期:平成29年6月29日(木)13:00受付開始~7月1日(土)正午まで
会 場:相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館) 多目的ホール
会 費:事前支払:正会員 5,000円
         非会員 6,000円
         大学院博士課程学生 3,000円
         大学院修士課程(博士課程前期)・学部学生 無料
    当日支払:正会員 6,000円
         非会員 7,000円
         大学院博士課程学生 4,000円
         大学院修士課程(博士課程前期)・学部学生 無料

懇親会:6月30日(金)のプログラム終了後に、伊勢丹相模原店7Fバンケットルーム
懇親会費:事前支払:正会員 5,000円
          非会員 5,000円
          大学院博士課程学生 3,000円
          大学院修士課程(博士課程前期)・学部学生 1,000円
     当日支払:正会員 6,000円
          非会員 6,000円
          大学院博士課程学生 4,000円
          大学院修士課程(博士課程前期)・学部学生 2,000円

一般演題募集締切:平成29年4月21日(金)
事前参加申し込み・事前支払い締切:平成29年5月19日(金)

【企画予定プログラム】;
特別講演
「新規の神経系による免疫系の制御、ゲートウェイ反射(仮題)」
  村上 正晃 先生(北海道大学遺伝子病制御研究所長・大学院医学研究科 教授)

教育講演
「感染症ベクターの吸血生理(仮題)」
  辻 尚利 先生(北里大学医学部・大学院医療系研究科 教授)

受賞講演
(学会の規定に基づき選考いたします)

シンポジウム
1)「生体防御の新しい視角(仮題)」
江島耕二博士(北里大学医学部)・中村 修博士(同海洋生命学部)・片桐晃子博士(同理学部)・小幡文弥博士(同医療衛生学部)

2)「ワクチン創製の理論とその展開(仮題)」
飯島則文博士(医薬基盤研究所)・押海裕之博士(熊本大学大学院生命科学研究部)・金城雄樹博士(国立感染症研究所)・石井 健博士(大阪大学免疫学フロンティア研究センター)

3)「生体防御学会若手研究者シンポジウム(予定)」
当学会の未来を担う若手研究者による。一般演題から採択、最終日に予定。

【事前参加申し込み】参加申し込み書(file申込書.docx)に記入し、平成29年5月19日(金)までに、第28回日本生体防御学会学術総会事務局
immunol(at)med.kitasato-u.ac.jp((at)はアットマーク)に送信して下さい。

【参加費・懇親会費の事前支払いについて】
平成28年5月19日(金)までにお振り込みください。

振込先:三菱東京UFJ銀行
     口座名称(漢字): 第28回生体防御学会
     口座名称(カナ):ダイニジュウハチカイセイタイボウギョガッカイ
     店名(店番):相模原支店(259)
     預金種目:普通
     口座番号:0798613

【一般演題のお申し込みについて】
平成29年4月21日(金)までに、事務局宛に電子メールで演題抄録をお送り下さい。

【抄録作成および送付の方法】
1)MS Wordで見本のように作成して下さい。抄録見本(file抄録見本.doc)
2)余白は、上部3 cm、左右2 cm、下部3.5 cmとして下さい。
3)図表は、上記範囲内であれば挿入してもかまいません。
4)作成したMS Wordファイルを電子メールに添付の上、以下の事務局のアドレスまで送信して下さい。
 送付先:immunol(at)med.kitasato-u.ac.jp(atはアットマーク)
5) 抄録を添付する際、電子メールの件名欄には「抄録/発表者氏名」と記載して下さい。
 また、若手研究者(40歳未満)の方は、件名欄に(若手)と追記して下さい。
  例:「抄録/◯◯◯◯(若手)」
6) 事務局が抄録を受け取り次第、抄録受領メールを返信いたします。抄録送付後3日以内に受領メールが届かない場合は、下記の「第28回 日本生体防御学会学術総会事務局」まで電話でご連絡ください。

【発表要領】
 発表の際のプレゼンテーションには、ご自身のノートパソコンを使用して頂きます。お持ち込みのパソコンと会場の液晶プロジェクターとの接続には、D-sub15ピンもしくは HDMI 端子の使用が可能です。一部のノートパソコンでは、付属のコネクターが必要な場合がありますので忘れずにご持参下さい。
 また、バッテリー切れに備え、電源アダプターも必ずご持参下さい。

【宿泊案内】
 ご予約の斡旋はいたしておりません。各自でご予約下さい。相模大野、町田(小田急線で一駅)のホテルが近く、沿線の下北沢・代々木上原・新宿周辺のホテルからも若干時間はかかりますが小田急線で通うことは可能です。

【会場案内】
 相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館) 多目的ホール
〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野4-4-1
相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)
http://hall-net.or.jp/01greenhall/
相模女子大学グリーンホールアクセス
http://hall-net.or.jp/01greenhall/access/

【アクセス】
・電車:小田急線「相模大野駅」北口より徒歩4分「相模大野駅」

新宿から
[小田急線]新宿 → 相模大野 ・・・ 約40分(急行)

八王子・横浜から
[JR横浜線]八王子 → 町田 → [小田急線]町田 → 相模大野 ・・・ 約40分
[相模鉄道]横浜 → 大和 → [小田急線]大和 → 相模大野 ・・・ 約40分
[JR京浜東北線]横浜 → 東神奈川 →[JR横浜線]東神奈川→町田 → [小田急線]町田 → 相模大野 ・・・ 約45分

小田原・藤沢から
[小田急小田原線]小田原 → 相模大野 ・・約50分(急行)
[小田急江ノ島線]藤沢 → 相模大野 ・・ 約25分(急行)

・高速バス:羽田空港第1ターミナル・第2ターミナルとも乗り場11の空港リムジンで相模大野・町田バスセンター方面行きに乗車,相模大野立体駐車場で下車(グリーンホールは立体駐車場隣接)。北口で下車すると小田急ホテルセンチュリー相模大野に。

【問い合わせ先】
〒252-0374相模原市南区北里1−15−1
北里大学医学部免疫学
第28回日本生体防御学会学術総会事務局
電子メール:immunol(at)med.kitasato-u.ac.jp((at)はアットマーク)
電話:042-778-9266
FAX:042-778-9266

日本生体防御学会奨励賞について

奨励賞は下記の要領で原則 1 名を選考し、学術総会に於いて奨学する。
(賞状及び副賞 10 万円:複数の場合は折半する)

【選考対象者】
以下の各項目に該当する者
1.ヒトまたは動植物の生体防御に関して、新規な着想による研究、新規な方法を用いた研究、または未開発分野の研究を進めている新進気鋭の研究者
2.40 歳未満(当該年4月1日)の博士号取得者および同等者
3.生体防御学に関する優秀な業績を発表した研究者
4. 本学会会員で過去に日本生体防御学会学術総会で筆頭演者として発表した者

推薦者は本学会会員とし、自薦他薦を問わない。選考は選考委員会により行い、理事会により決定し、受賞者は学術総会にて受賞講演を行う。

【推薦要項】
平成29年4 月7日(金)までに、以下の1)〜3)を岩渕和也 選考委員長に郵送またはメール(MS Word ファイル、別刷はPDF)にて送付する。

郵送先:〒252-0374相模原市南区北里1−15−1
北里大学医学部免疫学
第28回日本生体防御学会学術総会事務局
電子メール:immunol(at)med.kitasato-u.ac.jp((at)はアットマーク)
電話:042-778-9266

1)受賞者候補者、業績題名、推薦者名を記した推薦書(A4、1頁、推薦者は本学会会員とし、自薦他薦を問わない)
2)主要論文の要旨と別刷(3編以内、1編可)
3)被推薦者の履歴書、業績目録(所定の申請書の書式を「生体防御学会 HP」http://plaza.umin.ac.jp/%7Ejshdr/cgi-bin/?AwardSocietyよりダウンロードして下さい)。


Copyright © 2013 Japanese Society for Host Defence Research