ホーム協会賞・奨励賞>奨励賞受賞一覧

日本医学図書館協会奨励賞受賞一覧
*平成15年度以前は日本医学図書館協会80年記念誌等をご覧ください


TOP

 
協会賞受賞一覧
 

奨励賞受賞一覧
 
   
 年度 受賞者 論題・掲載誌
平成28(2016)年度 國見裕美(徳島大学附属図書館蔵本分館) 「見える」しかけで頼りにされる図書館へ:教員と連携した企画展示と情報発信. 医学図書館. 2016; 63(2): 151-6.
佐藤正惠(千葉県済生会習志野病院図書室 / 正会員個人) 1. 医療関係者への話題提供及び著作活動
○メディアドクター研究会幹事としての活動
http://www.mediadoctor.jp/
menu/about.html

1) 佐藤正惠.病院図書室のエンベディッド・ライブラリアン : マグネット・ライブラリーを目指して(1)日本の医療をめぐる話題. 薬学図書館. 2016; 61(4):208-15.
2) 佐藤正惠. 病院図書室の看護職支援 : マグネット・ライブラリーを目指すエンペディッド・ライブラリアンの取り組み (特集 相談サービスの現在). 看護と情報. 2016; 23:32-6.
3) 佐藤正惠.エンベディッド・ライブラリアンをめざして 病院図書館の課題解決に向けたビジネス・フレームワークの活用. 病院図書館. 2015; 34(1): 73-80.
4) 佐藤正惠.第5分科会「学術情報流通の現状と将来」を中心に (特集 全国研究集会 再発見!専門図書館のインパクト) -- (平成28年度全国研究集会に参加して). 専門図書館. 2016;279:104-6.
5) 酒井由紀子, 佐藤洋子, 佐藤正惠. JMLA活動報告 医療における情報のバリュー・スタディ第1期調査(2016年2~3月実施)報告.医学図書館. 2016; 63(2), 197-200.
2. 日本医学図書館協会ワーキンググループにおける積極的な調査活動
平成27(2015)年度 佐山暁子(聖路加国際大学学術情報センター図書館) システマティック・レビューにおいて検索に用いられるデータベースの分析:Cochrane Database of Systematic Reviewsより.医学図書館 2015; 62(2):145-150.
平成26(2014)年度 高木孝三 (医学中央雑誌刊行会) ランダム化比較試験は論文タイトルで明示されているか? 医学図書館 2014;61(2):138-144.
野添篤毅(愛知淑徳大学)
平成25(2013)年度 山下ユミ(京都府立医科大学附属図書館) 医科大学図書館の実施する授業等の実態調査. 医学図書館 2013; 60(1):12-21.
大谷有意(日本医科大学図書館) ILLリクエストキャンセル事例の検討: 日本医科大学図書館の調査結果から. 医学図書館 2013; 60(3):296-303.
平成24(2012)年度 大野圭子(朝日大学図書館)小林晴子(愛知医科大学医学情報センター) 愛知医科大学と朝日大学における図書館Webサービス利用動向調査.
医学図書館 2012; 59(2): 104-10.
平成23(2011)年度 西さやか(東京医科大学図書館) 東京医科大学図書館相互貸借統計分析よりみた相互貸借状況の歴史的変化. 医学図書館 2011 ; 58(2) : 119-123.
平成22(2010)年度 細矢敬子 古関美津子(東京慈恵会医科大学学術情報センター図書館) 図書館員による情報リテラシー教育への参加:医学科4学年への演習を担当して. 医学図書館 2010 ; 57(2) : 165-170.
平成21(2009)年度 中山栄美子(岡山大学附属図書館鹿田分館) 海外の図書館を通して考えられるこれからの図書館:特に利用者の視点から. 医学図書館 2009 ; 56(1) : 45-52.
  園原麻里(慶應義塾大学信濃町メディアセンター) ガイドライン作成のための文献検索手順と検索技法:介護予防に関する科学的知見の収集および分析委員会における文献検索を一例として. 医学図書館 2009 ; 56(4) : 301-307.
平成20(2008)年度 諏訪敏幸(大阪大学附属図書館生命科学分館) 研究に関わる相談サービス(文献研究の範囲決定,スケール探し,投稿誌選択):大阪大学生命科学図書館相談サービス事例(その1). 医学図書館 2008 ; 55(3) : 246-250.
相談サービス事例 その2.検索相談:インタビューと対話を中心に. 医学図書館 2008 ; 55(4) : 357-361.
  菅修一・辰野直子・藤村三枝・寺升夕希(滋賀医科大学附属図書館) 「尋常小学算術」(緑表紙)に見るわが国の衛生統計:戦前の子どもの教科書が映す衛生事情 その一. 医学図書館 2008 ; 55(1) : 50-55.
国定の高等小学読本に採用された衛生教材(前編):戦前の子どもの教科書が映す事情 その二. 医学図書館 2008 ; 55(3) : 251-256.
国定の高等小学読本に採用された衛生教材(後編):戦前の子どもの教科書が映す事情 その三. 医学図書館 2008 ; 55(4) : 366-370.
平成19(2007)年度 市川美智子(愛知医科大学医学情報センター) 地域公共図書館との連携による健康支援事業. 医学図書館 2007 ; 54(3) : 253-259.
図書館パスファインダー作成報告とその可能性. 医学図書館 2006 ; 53(1) : 55-59.
平成18(2006)年度 宮下牧子・武山由紀・阿部信一(東京慈恵会医科大学学術情報センター) 和雑誌特集記事のエビデンス. 医学図書館 2006 ; 53(2) : 126-132.
平成17(2005)年度 岡田英孝(東京医科大学図書館) 電子ジャーナルにおける訂正記事の扱い. 医学図書館 2005 ; 52(2) : 138-144.
    諏訪部直子(杏林大学医学図書館) 「EBM」を書名に含む国内医学書の分析と評価. 医学図書館 2004 ; 51(4) : 363-367.
臨床医学論文執筆に必要な情報リテラシー. 医学図書館 2005 ; 52(1) : 53-58.
平成16(2004)年度 該当なし  




Copyright 2012-2017. NPO The Japan Medical Library Association. All Rights Reserved.