Contents
日本皮膚病理組織学会事務局

〒 683-8504
鳥取県米子市西町36-1
鳥取大学医学部皮膚科
事務局長 山田七子
■TEL:0859-38-6597
■FAX:0859-38-6599
■e-mail: jdhpa@med.tottori-u.ac.jp



トップページ > 年次学術大会 > 掲示板による皮膚病理症例事前・事後討論について

掲示板による皮膚病理症例事前・事後討論について

IT を利用して気軽に皮膚病理を勉強しよう! 事前ファイルアップと掲示板活用のすすめ

田中 勝先生
東京女子医大東医療センター教授(IT 担当理事)

                                                  .

 本学会の発表症例はともすれば難しくなりがちで,皮膚病理の初心者には「なじみにくい」ことは否めません.

 そこで,「事前のパワーポイント(PPT)ファイルアップ」や「掲示板での討論」を,学会場ではなかなか聞きにくいことを質問できるような,主に「皮膚病理初心者」向けのものにしたいと思います.

 ぜひ,ご活用いただければ嬉しいです.

  • 事前のPPTファイルアップ

 発表準備の早い段階からファイルのアップロードを可能にします.これにより,何をポイントに発表したいかがぼやけている症例発表でも,掲示板からの質問やアドバイスを参考に発表内容のブラッシュアップができます.

医局でのリハーサル前でもかまいませんし,考察なしの症例提示だけのアップロードでもかまいません.気軽に,症例を提示して,できだけ多くの方々からの意見を聞いて参考にしましょう!

  • 掲示板を利用した質問・討論

 演者が発表の内容について聞きたいことを書き込んで,エキスパートの先生から意見をもらうとか(指名して質問するのもアリですよ!),皮膚病理の初心者から基礎的な質問(免疫染色の意味,所見の取り方,鑑別診断の考え方)をして,専門家が答えるような皮膚病理を気軽に勉強する場にしたいと思います.

 普段から感じている何気ない質問もお寄せください!皮膚病理の専門家が優しく答えてくれます.

 また,掲示板で討論した内容を論文に盛り込むことで,質の高い論文に仕上がる可能性があります.自分のところではできないような検査を追加してやってもらえるかもしれませんし,論文作成にも参加してもらえるかもしれません!

                       (平成 26年 8月 14日 アップ)