Contents
日本皮膚病理組織学会事務局

〒 683-8504
鳥取県米子市西町36-1
鳥取大学医学部皮膚科
事務局長 山田七子
■TEL:0859-38-6597
■FAX:0859-38-6599
■e-mail: jdhpa@med.tottori-u.ac.jp



トップページ > トピックス > 2. Most viewed or accessed articlesより

2. Most viewed or accessed articlesより

三砂範幸(佐賀大皮膚科)

(1) Proliferating pilomatricoma

Proliferating pilomatricoma というpilomatricomaとpilomatrical carcinoma の中間的な腫瘍の存在が指摘されています。好塩基性の腫瘍塊が増殖し、“shadow” cells は部分的のようです。好塩基性の毛母細胞は、様々な程度の異型性と分裂像を示すとされています。Proliferating pilomatricomaがpilomatrical carcinoma の precursor どうかは不明のようです。

*Proliferating pilomatricoma. Byun JW, et al. Am J Dermatopathol 2011; 33:754-5.

(2) Palisaded neutrophilic granulomatous dermatitisと interstitial granulomatous dermatitis

Palisaded neutrophilic granulomatous dermatitis (PNGD)は、それまでinterstitial granulomatous dermatitis (with cords/plaques or arthritis)、 rheumatoid papules、 extravascular necrotizing granuloma、 Churg-Strauss granulomaなどの疾患名で報告されていた症例を包括するものとして提唱された、稀な炎症性肉芽腫性疾患です。いまだ明確に定義された独立疾患とは言い難いのですが、変性した膠原線維に対するpalisaded and/or interstial granulomaのパターンと、好中球浸潤の病理組織学的所見で特徴づけられます。PNGDの最大の臨床的特徴は、高率に自己免疫疾患/膠原病(特に関節リウマチ、SLE)を合併することです。

 現在でも議論があるのは、PNGD とinterstitial granulomatous dermatitisとの異同です。PNGDでは、特徴的な臨床像は、対称性に肘頭、指趾などに好発する四肢の結節(しばしば結節中央に臍窩)です。時に病理組織学的にleukocytoclastic vasculitisを認めます。それに対し、interstitial granulomatous dermatitisの主な臨床像は、腋窩、側腹部の紅斑局面、時に索状結節であり、leukocytoclastic vasculitisの像は認めません。しかし、両者の臨床像、病理像にオーバーラップがあることも事実です。

*文献Interstitial granulomatous dermatitis in a patient with lupus erythematosus. García-Rabasco A, et al. Am J Dermatopathol 2011;33:871-2

(3) Sebaceous carcinoma in situの概念

Sebaceous carcinoma in situの概念がAmerican Journal of Dermatopathology誌上で熱い議論がなされています。この件に関する議論が掲載されたletter to the editorは、American Journal of Dermatopathologyのmost viewed articlesに長期間ランクインされています。興味がある方は、アクセスしてみて下さい。

*What is extraocular cutaneous sebaceous carcinoma in situ? Kazakov DV, et al. Am J Dermatopathol 2010;32(:857-8.

*Sebaceous carcinoma in situ. Kramer JM, Chen S. Am J Dermatopathol. 2010 Dec;32(8):854-5.

(4) atypical fibroxanthoma とspindle cell squamous cell carcinomaとの鑑別

従来から、atypical fibroxanthoma (AF)とspindle cell squamous cell carcinoma (spindle SCC)との鑑別、異同は議論のあるところです。3年前の論文ですが、ほとんどのAF症例でp63の免疫染色は陰性であるのに対して、spindle SCCはすべてp63の免疫染色が強陽性を示すことが示され、一時話題を呼びました。

*文献Utility of p63 in the differential diagnosis of atypical fibroxanthoma and spindle cell squamous cell carcinoma Gleason BC, et al. J Cutan Pathol. 2009; 36:543-7.

                      (2012年12月)