Copyright 2018. Annual Meeting of Japanese Avian Endocrinology. No reproduction or republication without permission.
[ This home page is maintained by .  th since 09/04/2018; ]

第42回鳥類内分泌研究会のお知らせ
第1報(2018/03/10) 第2報(2018/07/23) 第2'報(2018/09/04)


The 42th Annual Meeting of Japanese Avian Endocrinology

第42回鳥類内分泌研究会のお知らせ
第2'報(2018/09/04)



期日: 2018年12月01日(土)〜 02日(日)12時頃まで
会場: 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 (名古屋大学東山キャンパス)


 第42回鳥類内分泌研究会のお知らせ第2報(18/07/23)pdf
 今年度の鳥類内分泌研究会の開催日と会場について先日メーリングリストにてお知らせいたしましたが、そろそろ参加希望調査をいたしたく「第2報」をお送りいたします。

 期日の8月31日までのお返事にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

 既に、参加・演題登録のご連絡をいただいた皆様、ありがとうございました。

 演題をもう少し受け付けることができそうですので、9/17まで〆切を延長いたします。

 悩んでいらっしゃる方、奮ってご参加ください。
会期
  2018年12月01日(土)〜 02日(日)12時頃まで
会場
  名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 (名古屋大学東山キャンパス)
特別講演
  今回の特別講演は名古屋大学鳥類バイオサイエンス研究センターのお二人です。
  • 松田 洋一 先生
     演題名(仮):「鳥類の染色体に刻まれた脊椎動物の進化 ―マイクロ染色体と性染色体の起源を中心として―」
  • 鈴木 孝幸 先生
     演題名(仮):「ニワトリ胚を用いた四肢動物における後肢の位置の多様性を生み出す発生メカニズムの解明」
参加登録
 
  • 今後の研究会の参加手続きは以下の様に進める予定です。
     (1)参加・発表申込み(8月31日締め切り9/17まで〆切を延長
     (2)講演要旨提出(9月30日締め切り

  • 参加費などにつきましては参加人数が把握できた後にお知らせしますが、ほぼ例年通りとお考えください。
  • 参加・発表の予定の方は研究室でとりまとめのうえ、添付のフォームにご記入いただき、
  • 8月31日までに名古屋大学 吉村崇( )あてにお送りください。

    多くの皆様のご参加をお待ちしております。
12.連絡先
 
  • 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所
     吉村 崇 
     TEL&FAX: 052-789-4056
     メールアドレス:


 ●「第42回鳥類内分泌研究会のお知らせ」トップへ戻る●



   このページに関するご連絡は右記まで     

鳥類内分泌研究会のトップページへ戻る