口唇裂・口蓋裂の総合的チーム医療

口唇口蓋裂治療のゴール・目的


  • 外見上正常に近い口唇鼻形態を目指す:手術による
  • 正常言語:鼻咽腔閉鎖機能の獲得:手術と言語訓練
  • 正しい咬合(噛み合わせ)の獲得:手術・歯科治療

そのために、形成外科、言語治療士、小児科、耳鼻科、麻酔科、矯正歯科、
補綴歯科、医療社会福祉等がそれぞれの診療科の専門性を生かして「チーム医療」を行います。

千葉県こども病院でのチーム医療........

手術に関しては、われわれ、形成外科が担当しています。

術前顎矯正には、こども病院の歯科にご協力頂いて実施しております。

耳鼻科診療については、こども病院耳鼻咽喉科に診療をお願いしていますが、
定期診察に関しては、患者さまの近くの耳鼻科で見て頂くこともしています。

言語管理は、こども病院の言語聴覚士が担当します。

また、小児科で診療が必要な合併症をお持ちの患者さまの場合には、その疾患の治療の
小児科専門医に見て頂くことになります。

歯科矯正治療に関しては、永久歯になってからの治療が主体となります。こども病院には
矯正歯科は開設されておりませんので、東京歯科大学千葉病院などの専門施設と、連携して
います。