腹壁の異常

臍ヘルニア・でべそ

お臍のところから、腹腔内の腸管などが突出してしまう状態を、臍ヘルニアといいます。これは2-3歳までに、だいたい自然に出なくなると言われています。

しかし、大きな臍ヘルニアだった場合、臍の部分の皮膚が伸びて余ってしまうことがあります。

これがいわゆるでべそです。外科手術で余分な皮膚を切除して、上向きのいい形の臍に直す手術を行います。このとき、臍ヘルニアのなごりもあるので、ヘルニアも完全に縫合閉鎖します。

お臍がない!?


赤ちゃんの時におなかの手術をしたり、腹壁破裂という病気であったばあいに、お臍の陥凹がなくなってしまうこともあるようです。

その場合も、お腹の傷跡を直すと同時に、新しくお臍を作るような手術を行っています。