日本EAP協会

Japan Employee Assistance Professionals Association

image
令和元年度(第20回)日本EAP協会総会・シンポジウム(令和元年度第 1回研修会) 詳細はこちら
日時 2019年7月20日(土)(受付開始:12:00〜)
年次総会 :12:30〜13:15
シンポジウム:13:30〜17:00
情報交換会 :17:10〜(同会館内 B1F レストランぺルラン)


場所 全国町村会館/第一会議室2F(東京都千代田区永田町1-11-35 )
地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」3番出口徒歩1分
地下鉄丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」徒歩5分 東京駅よりタクシーで 20 分アクセス


プログラム
時間 内容
12:30〜 年次総会(*非会員の方は年次総会にはご参加いただけません)
13:15〜 休憩
日本 EAP 協会 シンポジウム(令和元年度第 1 回研修会)
メインテーマ
【もうひとつの働き方の改革・支援 障碍者就業支援〜福祉と産業の交差点で EAP ができること〜】
座 長: 佐藤雄太(日本 EAP 協会研修委員)
13:30〜 第一部:各シンポジストによる講演
1. 福祉の立場から:NPO 法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク 保坂幸司
2. 企業支援の立場から:キューブ・インテグレーション株式会社シニアコラボレーター 諏訪裕子
3. 産業医の立場から:日本 EAP 協会前会長 永田頌史
4. 企業の立場から: 第一生命チャレンジド株式会社マーケット推進室長 齊藤朋実
5. 企業の立場から:人事部ご担当者(人選中)
15:10〜 休憩
15:30〜 第二部:参加者の皆様との意見交換
・質疑応答
・討論@ 現在の課題は何なのか、その中で、今こそ EAP ができることは何があるか。
・討論A EAP がどのように変容していくことで、さらに役割を果たしていけるか。
16:50 閉会の挨拶
17:10 情報交換会(B1F レストランぺルラン)

参加費 当日支払い
会 員 : 3,000円
非会員 : 4,000円
情報交換会(会員・非会員共通):3,000 円

お申込・
お問合
・事前申込みについては、事前参加申込書に必要事項をご記入の上、
  FAX・メール添付にて事務局までお送り下さい(7/16(火)まで)。
・参加費は当日受付にてお支払いいただき、その際に参加証をお渡しいたします。
・当日の申込みも承ります(若干名)。
日本EAP協会事務局:担当 阿部
〒181 -8611
東京都三鷹市新川6-20 -2 杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室内
電話:0422-47-5512(内線3460)neap@ks.kyorin-u.ac.jp


第26回日本産業精神保健学会のお知らせ詳細はこちら
日時 2019年 8 月 30 日(金)・31 日(土)

場所 東海大学 高輪キャンパス(〒108-0074 東京都港区高輪2丁目3−23)

テーマ 「コミュニティとメンタルヘルス〜働く人の“Life”を支える連携と協働〜」

大会長 錦戸 典子(東海大学医学部看護学科 教授)

演題募集期間 2019年 3 月 1 日(金)〜 5 月 10 日(金)
事前登録期間 2019年 3 月 1 日(金)〜 7 月 10 日(水)

お問合 【主催事務局】
〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143
東海大学医学部看護学科公衆衛生看護学領域 担当:吉野、三橋、島本
sanseiho26@tsc.u-tokai.ac.jp

【運営事務局】
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-27-2 山本ビル2階
株式会社ケイ・コンベンション内
第26回日本産業精神保健学会 担当:市川
電話:03-5367-2382 FAX:03-5367-2187 omh26@k-con.co.jp


平成28年度第1回研修会「『ストレスチェックQ&A』実務で誰もが直面する課題にお答えします」のご報告
5/20(金)に開催されました平成28年度第1回研修会は、日本EAP協会役員全員が事前に承ったご質問にお答えするという形式で実施されました。その内容をQ&Aとして下記にまとめてございます。是非ご一読下さい。

Q1 「個人情報保護と安全配慮義務」管理職の視点からストレスチェックの結果は本人同意がなければ事業者及び管理職は閲覧できないわけですが、通常の産業保健活動、または日常的なマネジメントとの区別をはっきりさせないと、何でもかんでもプライバシーだから、と言って腰が引けてしまうケースが出てくる懸念があります。私どもEAPカウンセラー、または産業医の先生方も法的な観点からこの領域を整理した場合、どのようになるのか、正確に理解していない場合が多く、この機会に勉強させていただきたい。
A1 EAP協会役員からの回答

Q2 「地方拠点を持つ企業においては、大企業とはいえ産業医の確保が出来ておらず苦慮されている例も多くあります。実施マニュアルでは『ストレスチェック及び面接指導を実施する場合は、産業保健スタッフが事業場内で確保できないことも考えられることから、産業保健総合支援センターの地域窓口(地域産業保健センター)等を活用して取り組むことができる。』とされていますので、確実に対応いただけると考えてよろしいでしょうか?
A2 EAP協会役員からの回答

Q3 「企業において多言語の従業員を採用している企業が増加しています。
義務である以上、ストレスチェックの機会を提供する必要がありますが職業性ストレス簡易調査票における英語以外の言語での質問項目、ストレスプロフィール等を厚労省から示していただけるのでしょうか?お示しいただけるとすれば時期はいつごろでしょうか?」
A3 EAP協会役員からの回答


平成29年度第18回 日本EAP協会 総会は好評をもって終了しました。→詳細はこちら
日本産業ストレス学会研修会(平成29年度第1回)は好評をもって終了しました。→詳細はこちら
日本EAP協会平成27年度役員選挙結果に基づく新役員体制のお知らせ
この度日本EAP協会平成27年度役員選挙が行われ、下記のとおり新役員体制が決定しましたことをお知らせいたします。 選挙の開催につきましては、会員の皆様のお陰をもちまして、スケジュール通りつつがなく行われましたことを感謝申し上げます。 なお、新役員体制は、平成28年4月1日から平成31年3月31日までとなります。 今後も変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
日本EAP協会 選挙管理事務局
選挙結果はこちら→詳細はこちら

日本EAP協会 新役員
会長 角田 透(杏林大学)
副会長 前田 一寿(株式会社 ロブ)
事務局長 鈴木 圭子(株式会社 保健同人社)
経理 市川 佳居(レジリエ研究所)
監査 長見 まき子(関西福祉科学大学大学院)


厚労省より平成27年11月30日付で下記の件に関する通達がございましたので、お知らせ致します。
「事業場における労働省の健康保持増進のための指針の一部を改正する指針等について」
(PDF:厚労省通達 基発1130第1号)

「雇用管理に関する個人情報のうち健康情報を取り扱うに当たっての留意事項の改正について」
(PDF:厚労省通達 基発1130第2号)

独立行政法人 労働者健康福祉機構より情報提供
「業種別職場におけるメンタルヘルス対策の推移」詳細はこちら
「職場におけるメンタルヘルスケア対策に関する調査」詳細はこちら