スライドカンファレンス日時:2018(平成30)年12月8日(土)
世話人:JR広島病院 中山宏文先生

説明: counter

中国四国支部会員の皆様
この度は、天候不良により交通の確保が難しく、やむなく7月7日に予定していたスライドカンファレンスを中止とさせていただきました。ご準備くださった島根大学の皆様、演者、座長、委員会委員の皆様には、大変申し訳ございませんでした。
今後の対応につきましては以下のようにさせていただきます。
1) 総会について
支部活動は当初の予定通り進めさせていただき、12月8日の次回支部会の際に総会を開催し、ご審議いただくように致します。
明日配布予定であった議案書を支部HPに掲載させていただきますので、それまでの期間にご質問、ご意見等がございましたら、支部長にご連絡をお願い致します。
2) 今回の演題について
次回(12月8日、広島)、次次回(2月9日、愛媛大)でご発表可能な症例は、今回の演題番号とともに、世話人にその旨をお伝えください。
今後発表が難しい症例につきましては、パワーポイントのデータを支部長宛お送りくだされば、演者診断としてHPに掲載させていただきます。
学術奨励賞の対象演題につきましては、筆頭演者が次回、次次回にご発表くださる場合はその時に贈呈させていただきます。それ以外の場合は、ご意向を支部長宛にお知らせください。
第125回の優秀演題賞の贈呈は次回の広島でさせていただきます。
3) 病理学夏の学校の参加締め切りが7月20日となっておりますので、多数のお申し込みをお待ち申し上げております。
4) 本年度から、希少がん(脳腫瘍、骨軟部腫瘍、小児腫瘍)の講習会を実施するプロジェクトが開始されています。各地で講習会が行われ、病理専門医のクレジットもつきますので、奮ってご参加ください。現時点での予定は病理学会HPまたは今回の総会議案書の最終ページをご覧ください(次回 広島のスライドカンファレンスでは小児腫瘍の講演が予定されています)。
支部長 森谷卓也(tmoriya@med.kawasaki-m.ac.jp)

  • 第19回病理夏の学校(2018/08/18-19)の案内申込書(Wordファイル)申込書(PDFファイル)ポスター会場案内を掲載しました。
  • 第18回病理夏の学校の開催報告アンケートまとめを掲載しました。
  •