HOME > 一般の方へ > 人権とプライバシー

人権とプライバシー

治験に参加する患者様の人権は医療を行うときに守るべきすべての倫理的な規範(判断・評価 などの基準としてのっとるべきもの。標準。規格)によって保護されています。

人権の保護

治験に参加するかどうかは本人の意志により決定されます。
治験への参加を取りやめたり、治験の途中で参加中止申し入れてもその後の不利な扱いを受けることは決してありません。
また治験においては前述で記載したように副作用などが発生する可能性もあります。
副作用などの好ましくない症状が見られた場合は速やかに最善の対処をします。

プライバシーの保護

治験が開始されるとこの試験がきちんと行われているかどうかを確認するためこの治験を依頼している製薬会社や病院、国(厚生労働省)がカルテなどを確認したり、終了後治験の結果 が資料として公表される場合があります。
しかしいかなる場合もあなたの個人を特定できる情報(名前・住所など)は公開される事はなく、あなたのプライバシーを厳しく守られます。

次ページへ

ページトップへ