260313
CE Network 雑談掲示板・ゲストブック

お名前
Eメール (不要)
タイトル
メッセージ
メッセージ中にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL (不要)
イメージ   [イメージ参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ このサイトって… 投稿者:りゅう  引用する 
やぁ! もう、放置サイトなんでしょうか?

以前はよく閲覧させていただいていたんですが…
2017/08/03(Thu) 10:45:50 [ No.2939 ]

◆ おひさしぶりです 投稿者:在宅透析患者のママさん  引用する 
おっかさん 気まぐれぼやき日記、拝見致しました。
素晴らしいですね!!

うちの息子は中3で、母親が大嫌いな時期に差し掛かっており、ワタシとはろくに口も聞きませんw
おまけにワタシが在宅透析を始めてからは自宅で透析している姿を見たくないようで(怖いのか、それとも親の弱い姿を見たくないのか・・・)、家に寄りつかず、在宅開始後は一度も帰ってこなくなってしまいました(TT)
(普段は、学校に近い私の実家に下宿しています。)

父親はリスペクトしているようで、夫とはとても仲がいいのですが・・・私と関わるのは嫌でしかたがないようです。

管理人様のお子様たちが本当に羨ましいです。
私は息子の成人まで死なないことを目標に頑張っていたつもりですが、思春期の息子にあんまり冷たくされ続けていると、それもなんだかバカバカしくなってきて、そろそろ適当に人生を終わりにしてもいいのかも・・・(基本、透析が嫌で嫌で仕方ありませんw 今でも嫌で・・・ダメですね)などと弱気になってしまいます。

ほかの在宅をやっているお子様がいる患者さんたちなどは、お子さんが小さいせいもあってか、すんなり子どもにも受け入れられて、家族に囲まれて透析をしているようですが、私は息子に嫌われて嫌がられて、透析を避けられてしまって・・・でも確かに、あの光景を普通の大人が見たら怖いしびっくりするのは仕方ないのかも?などと思ってもいるのですが、いろいろ悲しい子育て真っ最中ですw

管理人様のお子様たちは、思春期はいかがでしたか?
私はもう心が折れそうです(><)
子ども、成長しなければいのにとすら思っている最近w
まあ、みんな通ってきた道だから仕方ないと思えばいいのかなぁ・・・。
2014/09/05(Fri) 10:04:35 [ No.2935 ]
◇ Re: おひさしぶりです 投稿者:管理人  引用する 
やぁ! ママさん

お久しぶりです。

時々Blogを拝見してますが、最近は更新間隔が長いので、きっと仕事、透析、子育てに奮闘してご多忙なんだろうなと思っていました。

お子さん、思春期で難しい時期なんですね。
私もそうでしたが、反抗期があって母に生意気なことを言っていた時期がありました。
何か言われると意味もなく無性に腹が立ち、ムキになって反抗するという行動です。

私の長男は反抗期無しでした。実は反抗期がないことが気持ち悪くて長男に「お前、親に反抗したくなるような気持にならないの?」と聞いたことがありますが、「親は自分を一生懸命に応援してくれているんだから、親に歯向かうなどそんな無駄なことはしない。感謝している」というようなことを言われた記憶があります。そのまま問題なく今に至ってますがこれはほとんどないパターンでしょうね。

二男は私には結構偉そうなことを言ってました。私は聞き流せない方なので「なにを〜ごるあ〜」となって言い合って机をけ飛ばして穴をあけたこともあります。(^^ゞ
三男坊は思春期は私とはほとんど話をしませんでしたが、今はきちんと相談事なども話をしてくれます。

子供の言動に対して「売り言葉に買い言葉」になることはしない方が賢明ですね。思春期は正常な精神状態ではないので正論をぶつけても通じないわけですね。

私の母親はこちらが言い返すと、それ以上突っ込まないようにしていましたから賢かったなと思います。その後も何事もなかったかのように接してくれていました。
これが賢明です。確か数か月で私は「寛解」しました。

今はママさんにとって寂しい時期かもしれませんが、思春期の子供が通過するプロセスで一過性の心の変化ですよ。
くよくよ考えないことです。くよくよしている時間がもったいないし、今の状態でいろいろ考えても解決の糸口は見えないでしょうね。

ママさんは彼にとって偉大な母親なんだからどしっと構えていればいつの間にか元に戻っているはずです。透析云々は関係ないと思います。

愛情を注いで育てていれば、親子は必ず強い絆で結ばれているので大丈夫ですよ。
たぶん、息子さんにとってはママさんが一番大好きな人なんだと思います。

これは間違いなく時間が解決してくれると思います。

この時期に「小うるさいこと(子供からすると)」をしつこく言うと逆効果かも知れません。

ご主人と子供さんは話ができるようですから、この時期はご主人に協力してもらって、ママさんが言いたいことを伝えてもらう方が賢明かもしれません。

まぁ少々反抗的な言動があってもそれ以上は突っ込まないでさらりと流して忘れることです。少々のモメゴトがあっても何事もなかったかのように接することがポイントだと思います。
それは親子だからできることです。

赤の他人なら「心ないひと言」で永遠に人間関係が崩壊してしまいますけどね。
夫婦間もそうかな・・・( ̄m ̄〃)ぷ
2014/09/07(Sun) 17:53:42 [ No.2936 ]
◇ Re: おひさしぶりです 投稿者:在宅透析患者のママさん  引用する 
おっかさん 管理人様

お忙しい中、返信いただきましてありがとうございました。

実は小うるさいことを言うと反抗されるばかりなので(私自身もそれでは疲れるし)最近は一切全て放置、息子が話しかけてこない限り私のほうも何も話さない(つまり、今時期は息子の方から話してくることはないので、何ヶ月にもわたって会話なし)という極端な状態になったりもして・・・。
でもそうすると、私の母や妹(息子の下宿先で、息子と一緒に一緒に住んでいる)から厳しく叱られ・・・

(母たちいわく、私が一切話しをしなければしないで、息子は寂しがるのだそうで・・・私にはあれだけ反抗している姿しか見せないので俄には信じられませんがw)

「一体どうしろっていうんだよ!!」

と、だいぶ混乱し、悩んでいたところで・・・。

管理人様のおっしゃるように、極端なことをせず、少々のことには目をつむり、普通に話しかけ、息子がどういう態度を取ろうと(あんまりふざけているようならブチ切れますけどw)なるべく取り合わず、穏やかに過ごせるよう頑張ってみようと思います。
時間が解決することを信じて・・・。
(でももう3年目に突入してるんですけどねw あと何年頑張ればいいのやら・・・w)
とにかく頑張ってみます。ありがとうございました。
2014/09/09(Tue) 14:01:30 [ No.2937 ]
◇ Re: おひさしぶりです 投稿者:管理人  引用する 
やぁ! ママさんもいろいろと大変で余裕が無かったのかもしれませんね。

ご子息がそこを微妙に感じて話しにくくなっているのかな?

母親の愛は何よりも大きいことはご子息もわかっているはずです。

だから大丈夫です。
2014/09/20(Sat) 13:15:35 [ No.2938 ]

◆ 無題 投稿者:憲一  引用する 
やぁ! 管理人様子育て楽しそうですね。
うちは娘二人ですので愛嬌ある子に育ててまいります。
病院名が管理人さんの苗字に変わる日を楽しみにしております。
2014/08/15(Fri) 08:35:56 [ No.2933 ]
◇ Re: 無題 投稿者:管理人  引用する 
石ちゃん 憲一様

お久しぶりです。

なんと反応が速いこと・・・
気まぐれ日記気にしてくれていたんですね。(^(oo)^;)ゞ

もう気にしている人はいないと思っていました。

>病院名が管理人さんの苗字に変わる日を楽しみにしております。

それは絶対にありません。ヾ(´▽`)ぶ
2014/08/15(Fri) 17:42:26 [ No.2934 ]

◆ 復帰します 投稿者:ももたろ-う  引用する 
やぁ! 管理人様
閲覧されている皆様

お世話になっています。

手術後に私の不注意で少しだけケチが付いてしまい、1ヶ月も復帰が遅れてしまいましたが、昨日ようやく復帰許可が出ました。
おかげさまで腰痛による間欠的跛行はなくなり感覚麻痺も改善傾向にあります。長年のツケによる筋力低下改善はこれからですが、手術を受けて良かったと感じています。
本日通勤環境にて体調を確認し問題なさそうだったので明日は時間短縮で、来週よりフルタイムで復帰します。

またいろいろとお世話になると思いますが、何卒よろしくお願いします。



2013/11/14(Thu) 15:46:03 [ No.2931 ]
◇ Re: 復帰します 投稿者:管理人  引用する 
落ち着かない人 ももたろ-うさま

「ももたろ・うさま」から「ももたろ-うさま」に心機一転改名されたのでしょうか?

復帰おめでとうございます。どうなったか心配しておりました。
私もアイスホッケーで左脛骨・腓骨をぶち折った時は、車いす→松葉杖片足→松葉杖20%加重→
松葉杖50%加重→松葉杖80%加重→片松葉杖→やっと両足で歩けるようになったときは、本当に嬉しかったです。

10ヶ月後に髄内釘を抜く手術をしましたので完治までは長い道のりでした。

元気なときは自分の二本足だけで歩けることに何の幸福感も無いわけですが、自分の二本足だけで歩けることに幸福感を味わいました。

きっとももたろ-うさんもそんな気持ちなのではないでしょうか?

日常生活に戻ることが一番のリハビリだと思います。

焦らずゆっくりと慣らしていって下さい。

またお会いできることを楽しみにしております。

アイコン↑のように軽快に動けるようになることを北の大地より祈念しております。
2013/11/14(Thu) 23:15:24 [ No.2932 ]

◆ 入院、手術です 投稿者:ももたろ・う  引用する 
すんまへん! 管理人様

平素よりお世話になっておおります。またセミナーでお邪魔させていただきました際は、何にも代え難い大変すばらしい満天の星空をありがとうございました。

さて、この度長年暖めていた腰椎分離症の悪化で、極度の脊椎管狭窄を合併したすべり症を発症し悪化、重度の神経症状も発症した状態となり、10月3日に手術を受ける運びとなりました。

管理人様をはじめ、皆様には大変お世話になっている身で重ね重ね申し訳ありませんが、ご不便をおかけすることになると思います。また閲覧されているかたには更新することも出来なくなりご不満なことと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

なお、現在のところ復帰時期は未定です。遅くとも11月には戻れると思いますが定かではありません。

また管理人様、皆様にお会いできますことを楽しみにしております。

それでよろしくお願いいたします。

ももたろ・う

2013/09/28(Sat) 23:45:26 [ No.2929 ]
◇ Re: 入院、手術です 投稿者:管理人  引用する 
ブルースリー ももたろ・うさま

こちらこそお世話になっております。
セミナーの際は満天の星空、ラッキーでしたね。
きっと神様のご褒美です。

さて、お会いしたときにも辛いとは聞いていましたが、手術が必要になったのですね。
きっと良い方向へ改善すると思いますがちょっとの辛抱ですね。

手術を乗り切り、順調に回復されることをお祈りしています。そしてまたお会いできることを楽しみにしております。

今後ともよろしくお願い致します。
2013/09/29(Sun) 22:58:54 [ No.2930 ]

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

投稿者 No. 暗証キー

- YY-BOARD -
Modified by CE Network Webmaster
- Antispam Version -