name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 記事閲覧
酸素ボンベのFlow確認
日時: 2018/03/26 07:30:11
名前: jordan

 以前は酸素ボンベの流量計にも、加湿もための水が付いていましたが今はつけていません。また、流量計もダイアル式です。
 ボンベ流量計の元栓を開け忘れてのインシデントが、当院では多くなっています。酸素が流れているかどうかを確認すれば、良いだけですが、ハード面でもなんとかならないかと考えています。
何か工夫されている施設はありますでしょうか。壁流量計は支流計というのがあるので、低流量でなければ何とかなっていますが・・・
 皆様からの良い情報をお待ちしております。
メンテ

Page: 1 |

Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.1 )
日時: 2018/04/04 11:36:45
名前: はせぴぃ

うちではこれを使用しています

http://dev.medicalonline.jp/index/product/eid/14928
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.2 )
日時: 2018/04/05 08:06:01
名前: jordan

はせぴぃさん、回答ありがとうございました☆

当院では、壁流量には視流計使っています。
ボンベ流量計には、酸素チューブが直接接続できるので視流計が接続できません。また、ボンベは横にして使用することもあり、確認が難しいという状況です。以前は加湿していたこともあったため、流量計は床に対して垂直で加湿の蒸留水のブクブクで酸素が流れているのが確認できたのですが・・・
今は加湿もしないし、ダイアル式で流れていることが確認できないし・・・という実態なのです。

どなたかボンベ流量計でダイアル式を使用して、酸素チューブを直接接続できるレギュレーターを用いている施設で、工夫されている方はいらっしゃいますでしょうか。
レギュレーターを何か良いものに変更すれば良いのかもしれませんが、私の少ない情報では見当たらないもので。
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.3 )
日時: 2018/04/06 13:26:35
名前: はせぴぃ

流量計付減圧計でダイアル式のもので
チューブ接続部が外れないものは
自分が知る限り存じ上げません

後学のためにどこのものかお教え願いませんか

以前、蒸留水を使用していた際は
ボンベを横にして使用していなかったのですか?
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.4 )
日時: 2018/04/11 09:56:37
名前: jordan

はせぴぃさん、ありがとうございます。

ボンベ用として使用しているものは、小池メディカルさんのフロージェントルプラスY型です。
はせぴぃさんのところでは、視流計が装着できるボンベ用の流量計付減圧弁でしょうか?
その機器を教えていただけますでしょうか。

加湿を行っていたころには、車いすでもストレッチャーでもボンベを縦にして使用していたと記憶しています。そうでないと流量がボール式ですので確認できなかったので・・・
ダイアル式になってから、ストレッチャーやベットで移動する際にも横や斜めにボンベを装着しています。
そのような際に、圧力は確認しているのですがボンベの元栓を開け忘れて、酸素投与がされていなかった・・・というインシデントが発生しています。

ただ視流計も低流量だと、確認できないのが困っています。
ただ、小池メディカルさんは低流量でも確認できる視流計を最近出しているようです。
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.5 )
日時: 2018/04/11 16:44:55
名前: 通りすがり

当院では、
・フロージェントルG型を使用(指流計使用できる)
・酸素ボンベ使用後は必ず残圧をゼロにするようにして、元栓開と圧力を必ず確認してもらうようにする(学習会を全看護、リハスタッフに実施)
で対応しています。

これでダメなら一体型でしょうか・・・?
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.6 )
日時: 2018/04/12 08:09:05
名前: jordan

通りすがりさん、ありがとうございます。

当院では他のガスとの誤接続防止のため院内すべてY型(ヨーク型)ボンベにしているため、G型(ネジ式)は使用していません。
G型であれば、視流計が接続できるのですね・・・商品としてあるのは知っていましたが、使ったことが無かったので勉強になりました。
ただ、当院では今更ボンベをネジ式に変更するのは現実的ではありません。視流計も横になっているとあてにならないように思いますが、いかがでしょうか?
それらを含めて、今困っています。
ボンベの残圧をゼロにするのも、当院でも実施していますが、インシデントって、すべてが重なる(手を抜くと)起こるものですよね。
残圧をゼロにしていなかった、ボンベの元栓をかけなかった、酸素が出ていることを確認していなかった・・・この3つが重なりインシデントが起きていました。
ボンベの残圧をゼロにすることを徹底することを当院ではインシデント対策として今回取り上げています。それが重要だと思いました。ただ、ハードの面で何か役に立つものが無いのかご存知の方が居ましたら、ご教授いただきたいと思いました。

コメントをいただいたお二人には感謝いたします!

何か良いグッツを知っている方が居ましたら、引き続きご教授お願いいたします。
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.7 )
日時: 2018/04/12 18:09:45
名前: はせぴぃ


院内ですよね!?

何故、ヨーク式が採用されているのでしょう!?

うちもG型を使用していますので
視流計の接続も可能です
また、接続部を回転させることが可能なので
低流量でも視覚的にある程度可能です

ヨーク式だと炭ガスとかの接続間違いが
起きませんか?
その方がリスキーなような気がしますが…
逆に炭ガスとかがネジ式なんですか?

ヨーク式をご使用ならば、在宅酸素で使用する
呼吸同調器とかぐらいしかないですかね〜…

少し考えてみます…
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.8 )
日時: 2018/04/16 08:43:12
名前: jordan

はせぴぃさん、コメントありがとうございます

ヨーク式については、院内すべてヨーク式にしています。
2009年9月にPMDAの医療安全情報に、酸素と二酸化炭素の誤接続防止のためヨーク式バルブに変更するように通知が出ています。また平成23年7月に厚生労働省医政局総務課長からも同様の通知が出ています。
したがって、ヨーク式の方が安全だと思いますがいかがでしょうか。
二酸化炭素ボンベに流量計をつけることが出来ないように、酸素も二酸化炭素もヨーク式を採用しています。
二酸化炭素は、私の知る限り気腹器やクライオ冷凍装置等にしか使用していません。内視鏡室でも同様だと思います。G型は工業用と同じなので、院内に流量計があり接続してしまう可能性があるためです。
今回、ヨーク式を用いているために、視流計がつけられないという状況なので、他施設でも同様なことが起こっていると感じています。
引き続き、対策を講じていることがあれば、情報提供をお待ちしています
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.9 )
日時: 2018/04/19 11:37:42
名前: はせぴぃ

> 2009年9月にPMDAの医療安全情報に、
> 酸素と二酸化炭素の誤接続防止のためヨーク式バルブに変更するように
> 通知が出ています。
> また平成23年7月に厚生労働省医政局総務課長からも同様の通知が出ています。

こちらは自分も知っています
再読させて頂きましたが、「工業用の二酸化炭素ボンベ」と
「医療用の酸素ボンベ」のG型が同形のための誤接続となっております

よって、自分は酸素はG型のままでいいんじゃないか
もしくはその方がいいんじゃないかと思います
両者ともヨークにすると、アウトレットの川重型同様
ピンが1本でも折れれば誤接続が可能になりませんか?
(やったことないので解りませんが…)

それよりは、院内で使用するものは
酸素はG型、炭ガスはヨーク式と分けた方が解りやすいと思います

jordanさんの所がヨーク式に慣れてらっしゃるので
無理にとは言いませんが、自分がjordanさんの所に
務めていたら、酸素はG型にすると思います
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.10 )
日時: 2018/04/20 13:13:24
名前: jordan

はせぴぃさん、コメントありがとうございます

G型とヨーク式に分けるのは良い案ですね
そうすれば、酸素をG型に変えて視流計を付けられるのですね。

ただ、酸素ボンベをG型に変更すると、ボンベ流量計や麻酔器のバックアップボンベの接続部等、すべての酸素ボンベ接続の可能性がある場所の変更が必要なので・・・ということになり、当院に限っては現実的ではないと考えていました。
ボンベは、笑気ボンベもありますし・・・間違って業者さんが何らかのG型ボンベを納品して、それにたまたまさG型の流量計を付けてしまって・・・
事故って、なんでそうするの?たまたまが重なって・・・といいたことから起こるので、難しいですね。

ボンベの開け忘れ防止のために、院内のすべてを変更するとなると様々な観点から現実的には教育を繰り返して実施することが重要だと感じています。

事故防止はきりがなく完璧なことってないのですが、はせぴぃさんのご指摘で大変勉強になりました。

メーカーさんには、現場の意見を取り入れた良い商品を今後も出してもしいと思います。
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.11 )
日時: 2018/04/27 18:46:10
名前: COCON

よこやりすいません。

村中医療器で売っているものはGもYも視流量計でいけたような...間違っていたらもうしわけありません。
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.12 )
日時: 2018/04/27 19:01:32
名前: COCON

すいません、本筋からそれていました。

現状でどう対策するかでしたね。

全てY型で視流量計のものに買い変えるという一意見です。

減圧弁も経年劣化があるとおもいますので。
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.13 )
日時: 2018/05/01 12:23:30
名前: jordan

COCONさん
コメントありがとうございます。
本筋へのご意見ありがとうございます、また、情報提供は非常にありがたいです!本筋でなくても、こちらでの掲示板のご意見は非常に有用ですので、感謝いたします。

村中医療機で販売しているものは「ダイヤル式酸素流量計 フレンドリーフロー」でしょうか。
私の勉強不足で、よくわからなかったのですが、ホームページ見る限り小池メディカルのものと変わりないように見えます。
これは視流計が付けられるということでしょうか。
違うものを指しているのであれば、是非教えていただけますでしょうか。

いずれにしても、Y型でも視流計つけられるようにすれば良いと思いますが、何故G型は視流計付けることが可能でY型はつけられないのでしょうか。不思議です。何か理由があるのだと思いますが・・・



メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.14 )
日時: 2018/05/02 18:45:00
名前: COCON

フレンドリーフローとは別の物ですね。

『酸素流量計 ダイヤル式減圧弁(ボンベ用)』と記載されており、写真的には白いコネクターがついており、ネジが切っているかと思われます。もしかしたら外れない構造かも知れません。

https://www.muranaka.co.jp/online/products/detail.php?product_id=15333

もちろん視流量計に関しては小池メディカルから購入となります。

もしかしたら他社にもY型で視流量計が取り付けできるものはあるかもしれません。
メンテ
Re: 酸素ボンベのFlow確認 ( No.15 )
日時: 2018/05/07 08:57:54
名前: jordan

COCONさん、情報提供ありがとうございました
以前HP見たとき、気が付きませんでした。
完全に見逃していました。

ご指摘の通り、白いコネクターついているように見えるので、接続部というかガス流出部はネジきりのようですね。

これを購入して検討してみようと思います。
しつこく情報提供をお願いしていた甲斐がありました。
本当に感謝です

メンテ

Page: 1 |

題名
具体的に!
スレッドをトップへソート
名前 (必須)
E-Mail (不要)
URL (不要)
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (投稿後、右下のスパナアイコンをクリックして記事の修正をする際には必須)
コメント

   クッキー保存