name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 記事閲覧
自発呼吸下の経肺圧について
日時: 2015/05/18 21:57:25
名前: 天然ボケですみません。

初めて投稿させていただきます。

表題のとおり、経肺圧について質問させてください。

先日当院にてIMIさんのAVEAをデモさせていただきました。
Dr.からの要望があったからなのですが、食道プローブを使用して経肺圧を測定することで適切なPEEPを設定する手助けになるかもしれないという触れ込みでした。

メーカー担当者から受けた説明は概ね下記の通りです。
⑴通常使用している吸気圧(ex.20cmH2O)は、胸郭を持ち上げる力(ex.12cmH2O)と肺を広げる力(ex.8cmH2O)を合わせたモノで、実はそれほど肺自体には圧力が加わっていない可能性がある。
⑵また、呼気時にはPEEP圧(ex.5cmH2O)が胸郭に押される力(ex.8cmH2O)との関係で食道内圧がマイナス(ex.-3cmH2O)だと肺胞が虚脱する可能性がある。

しかし、全て調節換気時の話で、自発呼吸と同期した際の話はありませんでした。
私が「自発呼吸がある時にはどうなるのでしょうか?」
と質問したのですが、担当者の方もはっきりと理解されていないようでした。

自発呼吸が存在した場合の、吸気時、呼気時の経肺圧の変化をどなたかご教授いただけませんでしょうか?
また、可能であれば非挿管時に経肺圧が高くなる場合などの例を教えていただけますと助かります(ここ最近、挿管中には何も起こらなかったにも関わらず、抜管後に肺傷害が進行して再挿管になったり、抜管後に気胸を起こしたりする症例を頻繁に経験して、もしかすると自発呼吸時の経肺圧が関係があったのかも?などと感じましたもので)

長文、乱文失礼いたしました。
よろしくお願いいたします。
メンテ

Page: 1 |

題名
具体的に!
スレッドをトップへソート
名前 (必須)
E-Mail (不要)
URL (不要)
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (投稿後、右下のスパナアイコンをクリックして記事の修正をする際には必須)
コメント

   クッキー保存