name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 記事閲覧
ネーザルハイフローについて
日時: 2014/12/02 10:07:38
名前: 風呂ー

最近、ネーザルハイフローの話題がでるのですが、皆様の施設では使用されていますか?
メーカーさんはいろいろいい話はするのですが実際どうなんでしょうか?
本当に有効ですか?
あと、もし使用されている施設では保険請求をどのようにされていますか?

ご伝授下さい。      
メンテ

Page: 1 |

Re: ネーザルハイフローについて ( No.1 )
日時: 2014/12/11 00:57:00
名前: メーメー

ハイフローセラピー実践マニュアル(出版社:ライフ・サイエンス)
呼吸器ケア1月号 ハイフローセラピー入門教室(MCメディカ出版)
読めば全て解決するでしょう。
メンテ
Re: ネーザルハイフローについて ( No.2 )
日時: 2014/12/12 09:18:14
名前: 風呂ー

メーメーさんご返答ありがとうございます。
ところでメーメーさんのところでは使用してされているのですか?
どのような患者に使用され、使用感はどうですか?
頻度は?
保険請求はどうされていますか?
よろしければ教えてくださいませんか?
よろしくお願いします。
メンテ
Re: ネーザルハイフローについて ( No.3 )
日時: 2014/12/13 00:34:54
名前: メーメー

使用は使用数が把握できないくらい大量に使用されています。
その他は本に記載されている内容と同じです。
メンテ
Re: ネーザルハイフローについて ( No.4 )
日時: 2014/12/13 16:27:41
名前: パインパイン

有効かどうかと問われると…
すべての医療機器、技術に共通することですが、
使用する症例、タイミングを間違わなければ有効です。

ネーザルハイフローの難しい所は、その線引きでしょう。

非常に軽症な患者さんに使用すると、違和感で嫌がられます。
中等度の患者さんであれば、重症化を防ぐ事が出来るかもしれません。
重症の患者さんでは、パワー不足は否めません。

更に、圧を規定しているわけではないのでNPPVの代わりには使うべきではないでしょう。
しかし、マスクを嫌がられる患者さんには受け入れられやすいのも事実です。
当院では間質性肺炎などの患者さんに多く用いています。
また、ターミナルの患者さんなどにも良く使用しています。
マスクで積極的な治療を…というよりも、呼吸苦の緩和といった具合に。
くれぐれも正しい知識を持って使用するタイミングを塾考しましょう。

保険請求は通常の酸素療法でしか算定出来ません。
使い始めたらなるべく早く離脱はして貰いたいのですが…
ここだけの話、
完全離脱出来るくらいに全身状態が落ち着いたら、2、3日は加湿効果も高いので暫くは付けたり外したりを繰り返してもらいながら保険請求して、ちょっとでも赤にならないようにしている病棟もあります…。

参考にならなかったらごめんなさい。
メンテ
Re: ネーザルハイフローについて ( No.5 )
日時: 2014/12/17 16:48:58
名前: 風呂ー

パインパインさん 
詳しく回答ありがとうございます。ここだけの話も参考になりました。

ところでメーメーさんのところでは保険請求されているのですか?
メンテ

Page: 1 |

題名
具体的に!
スレッドをトップへソート
名前 (必須)
E-Mail (不要)
URL (不要)
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (投稿後、右下のスパナアイコンをクリックして記事の修正をする際には必須)
コメント

   クッキー保存