name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
転院の際の機器管理について
日時: 2008/11/27 14:25:21
名前: halfmoon

(^_^;)

いろんなケースがあるものです。

当院に入院中に疼痛緩和ケアでシリンジポンプによる持続点滴を施行中の患者さんが他院(ホスピスあり)へ転院することになりました。

主治医はシリンジポンプをつけたままの転院を指示したらしいのですが、当院には前例もないためなんらの取り決めはありません。

患者さんは家族が運ぶらしく、受け入れ先の病院がこちらのシリンジポンプを責任を持って返却してくれる様子でもないようです。

移動中の僅かな時間(30分)のことですが、運搬中の使用責任のことも考えて今回は機器を外してもらうようにしました。

みなさんの施設ではどのような対応をされていますか?

また予想される問題点などあれば教えて下さい。

Page: 1 |

Re: 転院の際の機器管理について ( No.1 )
日時: 2008/11/27 15:57:50
名前: CEO

転院先HpのシリンジPを転院前に持参もしくは送ってもらったらいいのでは?!
移動中はそれを使えば、自分の施設のシリンジPを転院先に返却してもらわなくてもよいですね。
返却の問題で、移動中に機器を使用しないとはちょっと乱暴すぎるかなと思います。

では、頑張ってください。
Re: 転院の際の機器管理について ( No.2 )
日時: 2008/11/27 18:00:16
名前: ぽっち

民間の救急車で、患者さんと家族だけで移動するような状況でしょうか?
医療機器がついているような患者さんは、医師の付き添いで転院することがほとんどなので、うちでは前例がないように思うのですが、途中で機器のトラブルがあったらどうなるのでしょう。
とても興味深いトピです。
Re: 転院の際の機器管理について ( No.3 )
日時: 2008/11/29 10:56:37
名前: halfnoon

CEOさん、ぽっちさんありがとうございます。

病棟師長さんから突然聞いて判断を求められたため、移送中の責任の所在がどうなるのか不明だったため、誰かの不利益にならないか危惧したためです。

移送方法が変われば医師も疼痛緩和方法の変更を考慮したものと勝手に考えました。

患者さんが中心にならなくてはいけませんが、病院や医療従事者の責任についても所在や範囲を明確にしておく必要性を感じています。

Page: 1 |