name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
透析患者の合併症
日時: 2008/10/10 22:06:50
名前: kotarou

透析について皆さんのお力をお借りしたいのですが、
DM性腎症で長期透析をしている患者が、通常状態でシャント肢末梢の冷感、しびれ、疼痛があり、手指に傷を作ったのですが、長期的に観察しなければならない理由または、今後起こりうる合併症などあれば教えてください。

Page: 1 |

Re: 透析患者の合併症 ( No.1 )
日時: 2008/10/12 12:00:54
名前: JavaT

>DM性腎症で長期透析をしている患者が、通常状態でシャント肢末梢の冷感、しびれ、疼痛

これは典型的な糖尿病の症状で末梢循環不全、神経障害の現れだと思います。

>手指に傷を作ったのですが、長期的に観察しなければならない理由または、今後起こりうる合併症など

糖尿病の症状の一つとして、グルコースと蛋白が結合したさまざまな化合物による血管内皮細胞の傷害が起こります。そのため動脈硬化や高血圧などになります。そのため末梢循環不全を生じやすく重度の糖尿病患者さんが指先などを怪我すると末梢循環が乏しいため創傷の治癒が遅く小さな傷が原因で壊死を起こし切断といった経緯を辿る症例も少なくありません。
当院ではないですが、足の指のささくれをはいだ時の傷が原因で足を切断することになった症例の話を聞いたことがあります。
また、末梢循環が悪いため易感染状態であり感染が原因で敗血症を起こす事もあります。

起こりうる合併症は感染や創傷治癒の遅延、悪化すれば敗血症や壊死などでしょうか

とはいえ患者さんの糖尿病の具合や全身状態などによります。

Page: 1 |