name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
透析終了後の熱発
日時: 2008/09/22 17:51:46
名前: ナツ

約1ヶ月前に透析を導入した患者様ですが、1回目より透析日の夕方または夜頃より熱発し、翌日には熱が下がっているということが続いています。高いときは40.0℃の時もありました。

その患者様の使用している装置にはETRFが装着されおり、ET値も検出感度以下となっております。ダイアライザは、PEPA膜(FDX-GW)⇒PMMA膜(BG-PQ)と変えてみましたが、変わりありませんでした。

先週で9回透析を施行していますが、9回とも透析後熱発しています。こういった患者様には、どのような対応が良いのか皆さんの意見をお聞かせ下さい。

Page: 1 |

Re: 透析終了後の熱発 ( No.1 )
日時: 2008/09/22 19:01:18
名前: machi

ナツさん、はじめまして

あくまでもご参考までに・・・

私も以前、14・5年前になりますか・・・
血液浄化療法で同様の症例を経験しております。
その患者さんは、免疫吸着療法(カラム:PH-350)を行なっていた患者さんで、血液透析ではないのですが治療後に毎回発熱していました。

その時は、試行錯誤の結果血漿分離膜の内側に付着した原因物質が返血操作により剥がれ体内に入ったために発熱した?と、仮定し、返血操作時はAラインを生食に接続した後、物理的操作を一切せずに返血しました。それにより完全にとはいきませんでしたが発熱も39〜40℃だったのが37℃台で治まるようになりました。

上記の経験から私が使用を試みたい透析膜は、膜内面に水和層を形成し血液細胞への刺激に配慮しているAPSシリーズ、酸化ストレスを軽減させるビタミンEコーティング膜でしょうか・・・

Re: 透析終了後の熱発 ( No.2 )
日時: 2008/09/24 12:10:21
名前: ロンリーT

初めまして、参考までに透析患者のFUOは、色々な原因が考えられますが、尿路感染、肺外結核、肺感染症など精査されてはどうでしょうか?当院でも経験がございますが、感染症を伴うことがおおいですよ?
Re: 透析終了後の熱発 ( No.3 )
日時: 2008/09/28 07:19:34
名前: ナツ

machiさん、お返事ありがとうございます。

医師より、どうしても1型のダイアライザで試してみたいと言われたので、EVAL膜を使用して透析を施行しました。その際、プライミングに使用する生食を、通常の2倍使用したり、返血時物理的操作を一切せずに返血をしてみましたが、結果は変わりませんでした。

ロンリーTさん、お返事ありがとうございます。。

先日、血液培養の検査をしましたが、菌は検出されませんした。
感染症に関しても特に無いようです。

次回透析時は、透析前にステロイドを使用することを検討しています。

Page: 1 |