name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
加温加湿のこと
日時: 2008/09/21 00:59:32
名前: 銀魂

当方透析のみに従事しておりましたが、最近医療機器管理を開始したばかりのCEです。

この度院内で使用している加温加湿器F&P730の異常があるとのことでNsより連絡を受け点検したのですが、全く異常がみられませんでした。

Nsの話によるとヒーターワイヤーの回路も、温度プローブも、エレクトリカルアダプターも変えたのだが、加温されないと。
その前後にアラームも鳴っていないし、訳がわからないと言われました。
結局全体まるまる交換して加温されるようになったと言うのです。
CEのほうで交換されたものを点検してみたのですが、全部正常に作動しました。

???

ひょっとして温度のコントロール不良により機器自体がヒータープレートの内部回路をシャットダウンするようなことはあるのでしょうか?

同じような事例を経験された方がおられましたら教えてください。

また、温度設定はどの程度が適切なのでしょうか?
当院ではシングルヒートでデフォルトの39℃−2℃で行っております。

Page: 1 |

Re: 加温加湿のこと ( No.1 )
日時: 2008/09/21 08:31:42
名前: ももたろ・う

当方の温度設定は40℃±0  この設定でのPCV患者使用時の実測絶対湿度が40mg強でした。
Re: 加温加湿のこと ( No.2 )
日時: 2008/09/21 14:13:40
名前: JavaT

>この度院内で使用している加温加湿器F&P730の異常があるとのことでNsより連絡を受け点検したのですが、全く異常がみられませんでした。

>Nsの話によるとヒーターワイヤーの回路も、温度プローブも、エレクトリカルアダプターも変えたのだが、加温されないと。
>その前後にアラームも鳴っていないし、訳がわからないと言われました。
>結局全体まるまる交換して加温されるようになったと言うのです。
>CEのほうで交換されたものを点検してみたのですが、全部正常に作動しました。

上記の条件では具体的な状況が把握できませんが、加湿されていないといわれているときの測定温度はどうだったのでしょうか?
回路はリユースでしょうか?ディスポでしょうか?
ディスポであればヒーターワイヤーはスパイラルでしょうか?一直線に入っているタイプでしょうか?
また何を持って加湿されないとNsは判断されたのでしょうか?

>当院ではシングルヒートでデフォルトの39℃−2℃で行っております。

上記の条件では吸気回路には結露はできにくいため吸気回路内の結露をみて判断されたのであれば実際は加湿されていた可能性があります。
測定温度がどうだったかが分かればもう少し分かると思います。

またMR730は一定以上の出力を必要とした場合オーバーヒートを防ぐためにシャットダウンすることがあるそうです。特にDARのデュアルヒーターワイヤー回路を用いて外気温の低い場所で使用するとシャットダウンしやすいそうです。

>また、温度設定はどの程度が適切なのでしょうか?

39℃ー2℃という設定は人体の深部体温を37度と仮定した場合、加湿器からの送気を37℃で飽和するように加温加湿しそれを+2℃することで吸気回路内での結露を防ぎ、エクステンションチューブや気管チューブで冷却される温度が2〜3℃とされているため、吸入気温が36〜37℃になり理論上は絶対湿度44mgになるはずですが、実際にはももたろ・うさんも提示しているように40±0度の設定でも40mg程度になります。
当院もいろいろと実際に測定を行い試行錯誤した結果、39〜40+0〜2℃の設定にしています。しかし、これらの値は環境温に非常に影響を受けるのできちんと行うのであればモイスコープなどを用いて貴施設で検討してみることをオススメします。
Re: 加温加湿のこと ( No.3 )
日時: 2008/09/21 15:37:05
名前: 銀魂

ももたろうさん、JavaTさんお早い回答ありがとうございます。
ご質問の加湿具合ですが、チャンバーが全く加温されていない状態で結露も一切なく、ヒーターワイヤーもアツくないという状況だったらしいのです。チャンバーをずらしてプレートが全く熱くないということでした。測定温度についてはすいません、わかりません。
回路についてはRTシリーズのディスポでシングル、スパイラルタイプです。

やはりオーバーヒートを防ぐ機能があるのですね。MR730では頻繁にこの異常があるらしく、MR850では見たことがないとNsも言っていたのですが、850では起こりにくいのでしょうか?

温度設定についてはモイスコープを借りてみて実際に当院にあった温度設定ができるように検討してみます。

貴重な意見ありがとうございました。
Re: 加温加湿のこと ( No.4 )
日時: 2008/09/21 21:09:44
名前: Ray

>チャンバーが全く加温されていない状態で結露も一切なく、ヒーターワイヤーもアツくないという状況だったらしいのです。チャンバーをずらしてプレートが全く熱くないということでした。

そのような現象に思い当たったので一つ記載させていただきます。
医療配管から供給されているガスは15℃くらいの温度といわれてますが、人工呼吸器のガス駆動方式、内部基盤等により多少加温されてから送気されています。
機種により結構温度上昇が見られます。

MR730であるとHC(Humidity Compensation)機能がないため供給ガスが加温されていると、誤認識してヒータープレートの出力を落としてしまい結果、加湿されていないガスを患者さんに供給してしまいます。
MR850であればHC機能によりそのような誤作動はないかと思います。

人工呼吸器の種類による乾燥ガスの温度も測定してみてはどうでしょうか?
Re: 加温加湿のこと ( No.5 )
日時: 2008/09/21 21:17:01
名前: 銀魂

Rayさんレスありがとうございます。

そんなことがあるのですね!CE方式の供給方式でも、本体内で加温される可能性があるということが、結果的に加温加湿器の誤作動を引き起こすのですか。

本体内のガス供給回路の材質やガスフローによっても異なってくると思いますが、当院で使用している機種は大変古いものが多いので一度調べてみる価値はありそうですね。

Page: 1 |