name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
(社)日本臨床工学技士会に物申します。
日時: 2008/08/04 21:41:52
名前: 田舎の臨床工学技士

皆さん始めまして。ド田舎で臨床工学技士を22年やっております中年です。

皆様のお手元に日本臨床工学技士会からのたよりは届きましたでしょうか?

私の個人的な意見を率直に述べさせて戴きたいと思い、今回スレをたてさせてもらいました。

 まず、「臨床工学技士のための人工呼吸器ハンドブック」ですが、正直内容は臨床工学の学生向け?と思うような内容で、とても臨床で参考になるようなものではありません。確かに、一口に臨床工学技士と言っても全く呼吸器に触れることのない人から、専門的に行っておられる方までが対象でしょうから薄い内容にならざるを得ないでしょう。
 しかし、正直看護師向けのテキストとしては優秀かもしれませんが、医師や看護師に対し的確なアドバイスや指導を行う臨床工学技士向けのハンドブックとしては内容が物足りないような気がします。また、グラフィックの説明に関しても、この様な波形の時は次の原因が疑われます。だからこうして下さい。といったように箇条書きに記載されております。本当にこれで良いでしょうか?このハンドブックを手にした若い臨床工学技士や呼吸器に疎遠な方が臨床で間違った判断をする可能性が大いにあると想像されます。臨床工学技士に必要な力の一つに、この波形が出た、だからこうするではなく、その原因と理由(根拠)を示す力が必要だと思います。つまり正しく分析し、理解すると。
 今後もですが、正直安易にハンドブックなどを作ってもらいたくはありません。臨床工学技士は専門家であるが故に、分厚いテキストになってもいいじゃありませんか?より安全で、信頼性の高い、初心者から玄人までが読んでタメになる物を作るべきです。正直、毎年払っている会費の一部でこんな駄作を作ってもらっちゃ困ります。内容を書いた方も、日本臨床工学技士会や呼吸療法学会などで名前を聞いたこともないような人選です。どこどこ大学の人とか本当に今の臨床わかってますか?今の臨床で使用されている機種は昔とは全然違うんで、PRVCとか使いませんから。勘弁して下さい。

 ・・・話が長くなりました。「血液浄化専門臨床工学技士」についても一言・・・。受講資格に透析認定師をもっていないといけないとか、血液浄化に8年以上携わっていないといけない…など。
 う〜ん、正直ん?って思いませんか。
 透析技術認定技師なんて、看護師でも取得できるし、慢性維持透析を対象にした技術でしょう。それを受講資格の一つに入れること自体どうかな〜と思います。まっ、血液浄化の基本が身についていることの証明にはなるとは思いますが、それならアフェレーシス認定技師の方が「血液浄化」専門で高い技術や経験を有している印象を受けます。決して透析をバカにしているわけではないのでご承知下さい。私自身も透析に長く従事していたので。
 そもそも「専門臨床工学技士」に経験年数が○年以上というのが無意味に近いと思いませんか?熱意のある若い技士なんかでは4〜5年たらずで、個人的に努力して非常に頑張っている子もいます。逆に10年20年の技士で全く熱意も感じられないし、向上心もない技士も多く存在しています。そういった若い技士を伸ばしていくことが今後の臨床工学技士会にとって大切なわけで。
 経験年数云々ではなく、試験問題を非常に難しいものにすればいいじゃないですか?ME1種なんてその最たる資格ですよね。2種は簡単に取れるけど、1種は本当に真剣に取り組んだ向上心の固まりのような人でないと取れませんよね。

 日本臨床工学技士会が認定制度を運営していくのであれば、全ての技士に受験資格を与え、より深く、実践的な知識と技術を問う内容で選りすぐられた「専門臨床工学技士」を認定するべきです。正直今回の「血液浄化専門臨床工学技士」制度は、いまや透析に従事する技士の半数が取得し、看護師でも簡単に取得可能となり、世間に氾濫している名前ばかりの「透析技術認定技師」や「呼吸療法認定技師」の二の舞のような気がします。

 長くなりました。なんだか愚痴になりましたが、毎回必ず日本臨床工学技士会・総会に参加したり、選挙のたびに厳しく見つめ直しているにも関わらず、このような技士会運営をされて・・・。技士会の上の奴等は現場を何もわかっちゃいねぇ。と思う今日この頃ですが、こういった意見って技士会のHPでも受付てくれるんですかねぇ?

Page: 1 |

Re: (社)日本臨床工学技士会に物申します。 ( No.1 )
日時: 2008/08/04 22:29:57
名前: クロウ人

はじめまして。
この件に関して、私も意見させてください。
日本臨床工学会に平成15年度から19年度までの間に1回以上参加とありましたが、なぜ期間限定なのでしょうか?
私はこの条件のみクリアできず、受講対象外です。
毎年、全国各地で転々と行われている会ですので、勤務や経済的都合で簡単には参加できない場合もあります。
せめて『関連学会への参加』とは出来なかったのでしょうか?
日本臨床工学技士会が後援や共催している研究会・講演会などたくさんあると思うのですが、なぜ『日本臨床工学会』に限定したのかが理解できません。
Re: (社)日本臨床工学技士会に物申します。 ( No.2 )
日時: 2008/08/05 13:15:30
名前: CEO

田舎の臨床工学技士さん、クロウ人さん ご意見ごもっともだと思います。l

確かに、厳しすぎる(無意味な)受験資格であり問題も多くあると感じました。それと、専門臨床工学技士なる認定資格を作って今後の方向性がまったく感じられません。
だから、私は、あくまでも認定資格なので取得の必要性はないと思っています。 ということであれば、臨工であればだれもが受験できる条件にすればよかったのです。
憶測の域をでませんが、技士会の上層部はこの認定資格をえさにして技士会の入会者数・学会への参加数を上昇させたいと思っているのではないでしょうか。もし、そうだとしたら、論点がまったく異なってくると思います。
あと、ハンドブックに関しては、技士会費を年間1万円しか払っていないのでこのレベルだと思います。もししっかりとした内容のものであれば定価が年会費を超えると思いますよ。だから、無料(?!)でもらったハンドブックであれば問題ないと考えています。

技士会の方々も大変とは思いますが、お互いに臨工同士 頑張っていきましょう。
Re: (社)日本臨床工学技士会に物申します。 ( No.3 )
日時: 2008/08/05 19:52:05
名前: 田舎の臨床工学技士

クロウ人さん、CEOさんご意見ありがとうございます。

受講資格についてはやはりどう考えても問題があると思いますね。

>技士会の上層部はこの認定資格をえさにして技士会の入会者数・学会への参加数を上昇させたいと思っているのではないでしょうか。もし、そうだとしたら、論点がまったく異なってくると思います。

私もCEOさんの言われるとおりだと思います。技士会の入会者数を増やすことは確かに臨床工学技士の社会的地位の向上には不可欠の条件でしょうが、このようなやり方はしっくりきませんね。

チャンスは全ての技士に平等に。努力する人は何も言わなくても努力をしますし、もの凄く試験問題を難しくしたとしても、若かろうが、血液浄化に従事していなくても、努力をした人には正当な評価を与えるべきです。難しすぎて一度落ちたからといって、そこで諦めるような人には始めから専門家として名乗る資格はありません。たとえ開花しなくとも、努力と勉強は続けることに意味が必ずあるはずですから。正直者がバカを見るような技士会に意味はありません。

私はもう臨床工学技士としては長くはないですが、若手の臨床工学技士の人たちにはこれからも頑張ってもらいたいものです。一度や二度の挫折に腐るこなく、たえず上を目指してもらいたい。
Re: (社)日本臨床工学技士会に物申します。 ( No.4 )
日時: 2008/08/06 14:02:57
名前: CEO

田舎の臨床工学技士さん、私も同意見です。

これからの技士界を背負っていく若い技士たちに、夢と希望を与えられる職業にしなければならないと感じています。
ただ、方法論が看護協会のマネをしているだけではダメだと思います。
専門認定士は努力して勉強した技士全員が無条件で受験できるようなものでなければならないし、もっと資格の価値をあげないといけないと思います。現状では、認定士を努力して取得しても、まったく評価されないものだと思いますし、頑張り甲斐がないですね。
私の理想としては法曹界だと思っています。
学歴・経験・講習会参加などの条件を問わず試験を受験し、パスしたものだけ実地研修を行う。そして、確立した地位(サラリーも含め)を得ることができる。
これが、臨床工学技士の上位に位置する専門士だとみんなの張り合いがでるのではないでしょうか?

みなさんの意見をお伺いしたいです。
Re: (社)日本臨床工学技士会に物申します。 ( No.5 )
日時: 2008/08/06 21:26:11
名前: 大学院生

専門士を作りたければ、大学院もしくは専門職大学院で教育、研究を行い、その後に認定を行うべきです。
より専門性を高めるには、やはりいったん現場を離れてきちんとした教育を行う必要があると思うからです。

何より、今回の件については、認定基準が合理的ではありません。
Re: (社)日本臨床工学技士会に物申します。 ( No.6 )
日時: 2008/08/06 22:13:52
名前: Mr.T

いやいやいや、なかなか率直な意見、私もかなり好きです。
ただ少し気に成ったので、私も個人的な意見を・・・

田舎の臨床工学技士氏>
まずハンドブックですが、前半の内容は賛成致します。
ただハンドブックですので、意味的には簡便な案内書程度かとも思います。
であれば、薄い内容でもOKにも思いますし、今後も改定は行われるでしょうから、徐々に厚い内容に成るかとも!?

後半の作成者側への批判ですが、これは頂けません。
委員の皆さん、私達と同じ様に自分の仕事をされ、それ以外の自分の時間を使った
言わばボランティアで作成して下さった方々かと。
私は頭が下がる思いです。

最後に技士会批判?もされていましたが、公の掲示板ですのでこちらにも少し意見を。
日臨工の役員・理事の方々も、上記に書いたと同じ様なボランティア的な方々なのでは??
他の職能団体、例えば看護協会とかですと、会長以下常任の役員さんも多数居られ、
厚労省に詰め陳情等もバンバン行っていると聞いた事が有ります。
この方々は常任ですので、当然看護協会から給料が出ています。
看護協会HPで昨年の決算報告を見ると、、人件費が約8億!??(驚)
日臨工は、、、書くの止めておきます。(事務系の方しか、社員?は居ません。)
そりゃ組織力(会員数)をあげないと、適うはずが有りません。(笑)

今は臨工にとって、かなり追い風の時期では有りますが、それに答えるべく
日臨工も県技士会もそうですが、皆さんボランティアでホント頑張っておられると思いますよ!??
勿論、理想を言えばキリが有りませんが、その為にも協力されては如何ですか??

また意見についても、直接思う事を役員さんとかに言えば良いと思います。
私も色々と思う事が多いタイプですので、学会や勉強会等で言っちゃう事が・・・(自爆)
休憩時間に捕まえたり、意外と懇親会とかですと簡単に話す事が出来ますよ!?
(注:私も単なる地方の技士です。笑)

CEO氏>
> 確立した地位(サラリーも含め)を得ることができる。
これは理想ですね〜(笑)
ただ認定士取得で給与まで上げると成ると、最低でも技士に技術料が無ければ無理かと。
これも結局は技士会に力が無いと、なかなか実現は難しい問題なのかも!?(泣)
ただ中医協に医師会の代表だけでなく、病院側の代表が二人入ったので今後は認められ易くは成ったと思います。

他の方法としてはCEO氏とは意見が違いますが、大学院生氏が書いている様に、
欧米の看護師の様な上位ライセンスとか??PAや麻酔士等の様な・・・
これだと給与は上がりますが、極端に人数は少なく成るし、法整備も必要なのでもっと大変かな!?(泣笑)

因みに当院では若手にスキルアップして貰う為に、年度末賞与にプラスして
ライセンス保持者に金一封を出す様にしました。
例:呼吸療法認定士・・1万円 ME1種・・1万円とか。(笑)
ホントは基本給に上乗せしたいのですが、なかなか技術料が無いと経営陣の説得は厳しいです。(泣)
Re: (社)日本臨床工学技士会に物申します。 ( No.7 )
日時: 2008/08/07 09:34:22
名前: CEO

いろいろなご意見有難うございます。
とても興味深く拝見させていただきました。
そこで、さらに私見を述べさせていただくと・・・

大学院生さん>
 確かに再教育をしたほうがよいとは思いますが、大学院などで行う意義はあるでしょうか?
やはり、臨床工学技士は臨床で力を発揮すべき職種であるので、学科(学力)試験はあったとしても、再教育すべき場所は臨床(病院)内ではないでしょうか? 自身が得た知識をいかに臨床に生かすか? 私はそちらのほうがベストだと思っています。だから、受験資格は必要なく、学科試験に合格しさらに臨地実習をクリアできた方を認定する方法がよいと考えます。

Mr.Tさん>
 おっしゃるとおり、技士会の役員は手弁当で頑張っていると思います。
が、しかしあえて苦言を呈すると事務系の方を高額(私の薄給よりも…恥)で雇うより臨床工学技士を雇って事務業務をさせたほうがよいと思います。また、人数も増やしてもっと技士会所属の臨工が活発に活動したらよいと思います。(法改正へのアプローチや臨工の知名度アップなどなど)
そのための年会費の上昇だったら納得して払えると思います。昔は\5kだったのがいまは\10kです。もっと意味のある支出だったらうれしいです。

このようなコメントを気軽にだれでも送信できる技士会のHPになったらうれしいですが、私の周りの役員も手弁当で頑張っているのでこれ以上の負担はかけられない状況は理解しています。

だから、将来の臨床工学技士の発展のために各自がベストを尽くして頑張るしかないですね。(結局マンパワーになっちゃいますね^^)
Re: (社)日本臨床工学技士会に物申します。 ( No.8 )
日時: 2008/08/08 19:56:23
名前: 田舎の臨床工学技士

皆様たくさんの意見を頂戴しまして本当にありがとうございます。

皆様が思っておられることは、方法論は違えど目標地点は同じであると信じたいです。

 臨床工学技士の地位の向上も大事です。個人的なスキルの向上も大切です。給料・待遇の向上も欲しい。患者さんに必要な医療を適切に提供できれば最高です。

 多くの方が色々な意見を持っていると思います。確かに今の技士会の方々がボランティアのような形で頑張っておられることは存じております。しかし反対に私達のように臨床で頑張ることで臨床工学技士の地位向上に働きかけることしかできない人が大半でしょう。(選挙に参加することや学会に参加して意見を出すのは最低限行いましょう。)
 その多くの人の意見を集めることができればもっと良い技士会になると思いませんか?このインターネットの時代にそんなHPを作ることなんて簡単ですよね。もちろん自分の意見に責任をもつために匿名ではなく、所属と記名は必要でしょう。そんな技士会HPにしてもらいたいですね。

Page: 1 |