name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
pHスタットについてご教授ください
日時: 2008/05/23 13:59:02
名前: びー

脳分離体外循環症例において、今後pHスタットで管理したいと考えてます。ただ具体的な方法がいまいちわからず実際pHスタットで管理されている方、CO2の添加方法、専用の流量計があるのか?もしくは専用のボンベ等ご教授ください

Page: 1 |

Re: pHスタットについてご教授ください ( No.1 )
日時: 2008/05/23 17:43:29
名前: たまご

当院もpHスタットで管理していますが、学会会場で見たときはαスタットで管理している施設の方が多い印象を受けました。あまり冷やさない施設が多くなってきていることと関係あるかもしれませんが。
CO2の添加方法としては、ゼクリスト社製のブレンダを使用し、医療ガス配管からの酸素・空気と、炭酸ガスボンベからのCO2を流せるようにしています。
0.5L/minなどの微量で使用するため、ボンベに接続する減圧弁と一体型の流量計では調整が難しいと思いますが、できないことはないと思います。
Re: pHスタットについてご教授ください ( No.2 )
日時: 2008/05/24 00:01:47
名前: びー

たまごさん ありがとうございます

>ボンベに接続する減圧弁と一体型の流量計では調整が難しいと思いますが

微量の流量計を細工して取り付けてるのですか?
酸素用の微量計をそのまま取り付けて使用するのはさすがにまずいですよね〜
Re: pHスタットについてご教授ください ( No.3 )
日時: 2008/06/23 20:30:41
名前: RE

pH stat,α statともに根拠があります。
あまり冷却しないとかいう理由ではありません。
脳分離ではそのことの理解度は非常に重要ですよ。
勉強してください。

Page: 1 |