name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
人工心肺中の酸素分圧について
日時: 2008/02/08 19:43:08
名前: SV

皆さんはじめまして。いつも拝見させていただいております。
私はCPBの業務をし始めて3カ月の人間ですが、最近疑問に思うことがあり、投稿させていただきました。

皆さんはCPB中のPO2はどの程度の値でコントロールされていますか?
私自身はインボスを40以上、SvO2を70%以上などを一つの目安として(あくまで指標として)、PO2は350mmHg前後を維持しています。350という値に根拠はありませんが...。体外循環中は直腸温を32度程度の軽度低体温でCardiac index2.5のフローを出すのを基本としていますが、末梢循環不全やHctが低い場合はSvO2も下がってくるのでindex2.5以上の還流量も出すこともしばしばあります。

昔はPO2を500mmHg以上で回していたとか聞きますが、その名残なのか私が300〜350mmHgでコントロールしていると必ず先輩にFiO2を上げられます。FiO2を上げてもSvO2は上がらないと思うのですが...。

私はSvO2が75%以上あれば、少なくとも末梢循環も保たれ適切な還流が行えていると思うのですがいかがでしょうか?

また逆にPO2が高すぎると何か弊害があるのでしょうか???


Page: 1 |

Re: 人工心肺中の酸素分圧について ( No.1 )
日時: 2008/02/08 21:47:45
名前: neko

PO2が高いとというか、過剰な酸素は酸素毒性があり、フリーラジカルなどが話題になった時期もあります。
PO2は200〜250mmHgを目標にしている施設が多いのはないでしょうか?
うちは常温ではSVO2が70%でもよしとしていますし、60%を切ると離脱できないかなと考えています。
Re: 人工心肺中の酸素分圧について ( No.2 )
日時: 2008/06/23 18:22:38
名前: MAC

心肺業務を始めて3ヶ月とのことですが、その程度の期間では一人前にまわすことはできないと思いますし、根拠もなく先輩の指示を変更するのはどうかと思います。自惚れないように!先輩には根拠があると思いますので、先ず直接聞いて見られてはどうですか?文面からして直接聞かれていないようですので。またチームとして業務を行うにあたり、第一に先輩に質問することができなければならないと思います。厳しいでしょうが、そういう業務です。

Page: 1 |