name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
心臓カテーテル検査に関する業務内容について。
日時: 2007/12/11 09:38:37
名前: OU812

いつもこちらの内容を見て勉強させて頂いてます。
ところで、今回は心臓カテーテル検査に関する臨床工学技士の業務内容について教えて頂きたいと思い書き込みました。
当院でも臨床工学技士、臨床検査技師が心臓カテーテル検査業務に携わっていますが、法律上、臨床工学技士が行って良いものかどうか以下の点で疑問を持ちました。
 
 1・心電図の電極の貼り付け
   検査・診断目的の行為にあたるのではと思います
 3・IVUSの操作
   こちらも検査・診断目的の行為にあたるのではと思います
 2・EPS時のスティムレータの操作、及びポリグラフの操作・記録
   こちらも検査・診断目的の行為にあたるのではと思います

以上の点について法律上でのご指摘、また皆様の施設での臨床検査技師との業務の境界、差異等を教えて下さい。
よろしくお願いします!

追記 当院では上で述べた業務は臨床工学技士も行っています。

Page: 1 |

Re: 心臓カテーテル検査に関する業務内容について。 ( No.1 )
日時: 2007/12/14 23:43:01
名前: 管理人

心臓カテーテル検査は明らかに検査・診断目的の行為ですよね。
治療ではないわけで...

とすると臨床工学技士が心臓カテーテル検査業務に関わることは厳密に言えばダメだということになるのでしょうか。

体外式ペースメーカ装着やインプラント、IABPやPCPSに展開する場合のみ臨床工学技士の出番となると考えた方が法的にはマッチングするような気がします。
まぁ 法も書いてあることは曖昧なんですけどね。

当院でも心臓カテーテル検査業務は臨床検査技師はノータッチで臨床工学技士が担当しています。しかし臨床工学技士が検査・診断目的の行為はダメということであれば、臨床検査技師の方がピンときますね。(+_+?)
ありがとうございます・ ( No.2 )
日時: 2007/12/17 18:29:16
名前: OU812

遅くなってしまいましたが、管理人様、ありがとうございました。
やはり、法律上の問題や他の施設での業務内容が気になり書き込みをさせて頂きました。管理人様の意見を参考にさせて頂きます。
ありがとうございました!

Page: 1 |