name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
透析液温度と溶血
日時: 2007/12/06 12:33:46
名前: みさちゅう

先日、透析液温度が30〜33℃と少し低いままで透析ボタンを押した看護師に対して、看護師長が「透析液温度が低いまま透析を始めると、溶血することがあるから温度が上がるまでまちなさい!!」と注意をしているのを見ました。

私は透析液温度と溶血の関係が分からなかったので、師長に聞いてみたのですが、「経験上その様な事があった」とのことで、それ以上のことは聞けませんでした。

私なりに調べてみたのですが、透析液温度と溶血の関係が分かりません。というか、透析液温度が低くて溶血することがあるのか(説明ができないような気がします)疑問です。

私の知識不足なのでしょうが、どなたか御教授をお願いします。

Page: 1 |

Re: 透析液温度と溶血 ( No.1 )
日時: 2007/12/06 16:27:11
名前: がんがって

透析液温30〜33℃では溶血はおきないと思います。心臓手術の時にはそれよりずっと低い20〜25℃の低い温度で血液を冷すことはよくあります。それよりも溶血は高い温度の方が問題になります。42℃以上になると溶血(タンパク変性をおこしまう)をおこすと言われています。(42℃は死にの温度といいます。)
Re: 透析液温度と溶血 ( No.2 )
日時: 2007/12/06 16:34:16
名前: がんがって

追記
血球は低い温度には強いです。現に輸血用の血液は冷蔵庫に保管します。冷凍しなければ低い温度でも問題ないですよ。
透析液温度が低すぎると患者の心臓がvfになる危険がありますので注意して下さい。
Re: 透析液温度と溶血 ( No.3 )
日時: 2007/12/06 16:58:38
名前: bbb

みさちゅうさん こんにちは。

看護師長さんが言った内容をちょっと違った面から考えると、透析液の温度が低くくて溶血したわけではないと思います。
コンソールの液置換の時間が短くて、コンソールのなかの洗浄水が透析液に完全に置換されずに起こった溶血だと思われます。
ようするに、低浸透圧の液体に血液がダイアライザを介して接触したために起こった溶血ですな。 
ただ単に、液置換の時間が短かっただけですな。
うんうん、看護師さんたちではなかなか判らないことかもしれないですね^^

Page: 1 |