name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
透析針抜針時の消毒と絆創膏貼りかえについて
日時: 2007/11/20 21:45:51
名前: ミッフィー

透析終了後、抜針前にイソジンで消毒して圧迫綿で押えます。
その後、絆創膏を貼る前にもう一度消毒した方がよいのでしょうか。教えてください。

Page: 1 |

Re: 透析針抜針時の消毒と絆創膏貼りかえについて ( No.1 )
日時: 2007/11/21 21:03:16
名前: 管理人

当院では抜針時にイソジンで消毒しているだけです。
絆創膏を貼る前に再度消毒する必要は無いように思います。
この方法で今までトラブルになったことはありません。

根拠は経験的なものだけですけど...

こじつけて考えれば、せっかく止血されたのにイソジン綿棒による刺激や湿らせることにより出血する可能性がある点、創にイソジンをしつこく塗ると傷口を修復する細胞にダメージを与えてしまう可能性があることでしょうか?

昔はシャント手術をした後は毎日イソジン消毒を行っていましたが、現在は抜糸まで保護シールを貼りっぱなしですよね。

大体シャント感染を起こすとしたら患者さんが不潔な手で爪を立てて穿刺部を掻いた場合などでしょうか。

以前、graftの症例で次の日に絆創膏を剥がした際に、まだジクジクしていたので、何とアロエ軟膏を穿刺創に塗り込んだ方がいて、見事に感染を起こしてしまった方がいました。結局graftを抜去し反対の手に再造設するハメになりました。graftは免疫がないので感染を起こすと絶対に治りませんね。糖尿病症例でしたのでなおさらです。穿刺前の消毒もイソジンでしっかり行うべきですね。

傷口にアロエ軟膏
アロエ軟膏は何にでも効くというのがシロウトの考えなのでしょうか。
Re: 透析針抜針時の消毒と絆創膏貼りかえについて ( No.2 )
日時: 2007/11/21 23:26:36
名前: CE兼用務員

当院では、抜針時には消毒はしていません。
穿刺時の消毒で、針穴付近は清潔である。という事と、抜針時に消毒する事で出血の危険が増える。などです。

で、当院では穿刺部にガーゼ保護から止血後のパッドを開始時から張る方法に変更しました。

半年ほど経過しますが、感染の報告は無いですね。

Page: 1 |