name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
テストバッグの洗浄方法
日時: 2007/10/24 10:01:11
名前: 田舎太郎

当院は人工呼吸器を離脱した(しそう)なPtのベッドサイドで、気管チューブから外しテストバッグをつけて、一時的な待機動作させています。

その動作中も加湿器の電源は入っていますし、一度Ptに使用されたあとの回路にそのままバッグがついている状態ですので、バッグの中に水滴やら痰が入り込んでしまう状況があります。

その後オートクレーブ滅菌はしていますが、やはりこのような現状を目の当たりにしているのでいきなり滅菌では不十分(?)ではないかと思い、洗浄工程を追加したいのですが、中材もバッグの洗浄は経験が無いとの事から、その前の洗浄工程が省略されている状況です。

洗浄→滅菌の工程を実施されている施設の方がいましたら、洗浄の薬液などを教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Page: 1 |

Re: テストバッグの洗浄方法 ( No.1 )
日時: 2007/10/24 22:11:09
名前: ももたろ・う

私のところでは人工呼吸医を患者さんに使用するために接続した後は、どんなことがあってもテストラングを使用中の人工呼吸器に接続させることはしません。
でもそのように指導しても時折魔が差して付けられてしまうことがあります。そんなときは洗浄して滅菌しています。
いま現在当方が使用しているテストラングをご紹介しておきます。
商品名:テストラング G4601  輸入販売元:フジレスピロニクス  
特徴:バッグ材質は半透明のシリコン製で内部スポンジは有していません。当然オートクレーブ対応製品です。コンプライアンス獲得のための反発は外側のプラスティック板の弾性を利用しています。(シーメンス製と同様) 価格はシーメンス製品の半額以下です。

これなら洗浄も楽で滅菌も簡単確実です。参考までに画像アップロード掲示板にアップしておきます。
Re: テストバッグの洗浄方法 ( No.2 )
日時: 2007/10/24 19:27:41
名前: 管理人

ももたろ・うさん
いつもありがとうございます。

画像アップロードBBSへ貼り付けて下さったテストラングの画像をこちらにも↓貼り付けました。皆さん参考にして下さい。

http://plaza.umin.ac.jp/~ce-net/image/reference_picture/testlug_g4601.jpg

このテストラングですが、当院でも今のものが使えなくなってきたら随時採用する予定です。

洗浄・消毒のしやすさ、従来品よりも壊れにくそう、コストの点で優れていると思います。

>田舎太郎さん
テスト肺の運用についてはご指摘の部分がいつも問題になりますね。気にしていないところでは、おそらく雑菌の塊になっていて感染症の引き金になっている可能性もあると思います。

過去のスレッドにもテスト肺についての書き込みがあります。
参考になるかも知れません。

このBBSのTOPの左上にあるメニュー→ワード検索の入力欄に「テスト肺」と入力して引っ張り出してみて下さい。
Re: テストバッグの洗浄方法 ( No.3 )
日時: 2007/10/24 21:17:37
名前: ムツゴロウ

当院でもこの製品に切り替え中です。
管理人さんの言うようにスポンジ入りだと雑菌の巣になってしまう可能性が高いです。
当院でも待機中は呼吸器を稼働させないでとお願いしているところですが、でも、なかなか言う事を聞いてくれません。
加湿器がONだと数分でテストラングが湿気を帯びてきます。
Re: テストバッグの洗浄方法 ( No.4 )
日時: 2007/10/25 10:11:39
名前: 田舎太郎

ももたろうさん、管理人さん、ムツゴロウさん>
御意見頂きありがとうございました。
是非参考にさせて頂きます。

Page: 1 |