name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
気切患者の入浴
日時: 2007/10/14 18:00:08
名前: aki

一般的に酸素療法の低流量システムにおける加湿の必要性に関しては
・米国胸部学会では5L/min以内は蒸留水不要
・米国呼吸療法学会では4L/min以内は蒸留水不要
・日本呼吸器学会では3L/min以内は蒸留水不要
とあります(間違っていたらすいません)

仮に酸素ボンベに減圧器と一体型の酸素流量計をセットして、100%酸素を5L/minで使用するとします。
実際に我々が空気を吸うスピード、flowは30L/min程で、たかだか5L/minの流速の100%酸素ガスを加湿したところでたかがしれてると思います(気道等で加湿もされますし)

加湿という点に限定すれば部屋の湿度を上げた方がよっぽど効果的かと思います。

低流量システムだと絶対に室内気の混合は避けられない
→室内気を一緒に巻き込んで吸う
→室内気はある程度の湿度がある
→加湿は不要
かと思いますが、気管切開をされている患者さんの場合も同じく加湿は不要なのでしょうか?

Page: 1 |

Re: 気切患者の入浴 ( No.1 )
日時: 2007/10/14 19:30:11
名前: neko

タイトルと内容のつながりがイマイチわかりませんが。
気切は上気道をバイパスしてしまっているので、きちんと加湿する必要があると思います。
Re: 気切患者の入浴 ( No.2 )
日時: 2007/10/14 19:53:40
名前: aki

nekoさん>
やはり加湿する必要がありますよね。
有難う御座います。
タイトルは気になさらないで下さい。


Page: 1 |