name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
ユーザーをバカにしてるのか?
日時: 2007/07/25 19:01:39
名前: ももたろう

F&Pで薬事まで取れている吸気呼気結露防止対策強化の新しい呼吸器用回路。何故か情報が来ないので調べてみた。

薬事は承認済らしい。性能はかなり良いらしい。製造は追いつかないらしい。

問題は販売権を持つ「東●◎」が情報提供をさせないらしい。

さらに岡山の呼吸療法学会では、ブースの常時展示は行わず、出したり引っ込めたり・・・・何度も覗きに行った私は運が悪かった!

我々をバカにしているのか? 久々にアッタマ来た!

Page: 1 |

Re: ユーザーをバカにしてるのか? ( No.1 )
日時: 2007/07/25 19:21:36
名前: ちょんがー(T_T)

「吸気呼気結露防止対策強化の新しい呼吸器用回路」とは、どんなものなのでしょう?
デュアルヒートタイプの回路が改良されたものなのでしょうか?
Re: ユーザーをバカにしてるのか? ( No.2 )
日時: 2007/07/26 00:08:41
名前: ももたろう

新しい回路は、アクア・・・・(アクア以降の名称は忘れました)名付けられているようです。

吸気呼気ともに結露が起きにくいもので、構造は今までのデュアルヒート(R-100でしたか?)とは全く構造が異なっていたのを記憶しています。

今現在、東京の大きな小児病院でデータを取っているようですが、非常に優秀なデータが得られているそうです。

薬事承認が降りているなら堂々と宣伝すれば良いものを、サンプルでさえも提供できないから情報公開を止めている現状はしかたないとして、学会ブースでも出し惜しみと取られてもしかたないような・・・

驚きなのは、一般供給は8年後をメドに・・・? 2008年の間違いではないですか?と尋ねると、しっかり8年後と返されました。これ、バカにされていとしか思えませんでしたね。
Re: ユーザーをバカにしてるのか? ( No.3 )
日時: 2007/07/26 08:04:05
名前: ちょんがー(T_T)

ももたろうさん、返信ありがとうございます。
8年後となると、かなり遠い未来の話になりそうですね。
Re: ユーザーをバカにしてるのか? ( No.4 )
日時: 2007/07/26 08:47:52
名前: 管理人

ももたろうさん、ちょんがー(T_T)さん
いつもありがとうございます。

薬事承認が降りているのに一般供給が8年後というのはスゴイ話ですね。そうせざるを得ない事情があるのでしょうけど...

「東●◎」さん コメントもらえませんか? 無理ですね...
少しだけ情報入手 ( No.5 )
日時: 2007/07/27 15:22:03
名前: ももたろう

結局我々だけでなく現在最大の販権を持つ「東●◎」さんでさえも情報を得ることが出来ない被害者であるということがわかってきました。

結局エフ&Pieからの情報が止まっているだけでなく、生産が追いつかない、さらに技術情報でさえも出されない・・・・・

エフ&Pie担当者からの話はおかしいとは思ってはいましがが・・・・

当方の「東●◎」さんのBackuper(T氏)は非常に頼りになり、そして今でもとてもお世話になっています。その関連から患者さんのために良い環境の情報が入って来ないはずはない!(言い切れます)

加温加湿器ではエフ&Pieに頼らざるを得ないのが現状です。必要な情報は流して欲しいものです。

より良い患者環境を構築獲得し、同じことを思っているかたがたへそのメリット他の情報を伝えて行くことは大切な事柄です。たとえ生産が間に合わないとしても、情報があれば今後の検討課題にすることだって可能です。時期を見計らい変更することを考慮していくことができます。

より良い患者環境をと常に考えている人工呼吸器ユーザーがいることを蔑ろにしないで欲しいですね。◎&△さん。
Re: ユーザーをバカにしてるのか? ( No.6 )
日時: 2007/07/31 23:30:44
名前: 六甲おろし

雑誌に載っていたEVAQUAのことですかね。広告記事によると、水蒸気透過性チューブ採用により、呼気側回路の結露を極小にしますと。チューブ壁から水蒸気を拡散するって、本当にこんなことできるのでしょうか?半信半疑ですが・・・。
Re: ユーザーをバカにしてるのか? ( No.7 )
日時: 2007/08/07 23:57:25
名前: ももたろう

六甲おろしさん、遅くなってすみません。

>雑誌に載っていたEVAQUAのことですかね

その通りです。

>水蒸気透過性チューブ採用により

ナフィオン・チューブみたいな材質構造をしているようですがナフィオンではなく、また試験を行った別のかたからの情報ではユーザーレポートのように、かなりの性能を発揮したということです。

薬事未承認であるならば情報を遮断されてもしかたないと思います。治験の最中であれば、壁を作られてもしかたありません。

しかし公開して良い背景にあるにも関わらず、情報公開量を操作しているのは非常に憤りを感じます。

F&Pに限らず、多くの情報他をGive and Takeで共有し合って来たと思っている私にとっては、馬鹿にされていると感じ取れますね。

Page: 1 |