name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
脳外科領域での臨床工学技士の役割
日時: 2007/06/11 08:42:32
名前: POP

はじめまして。現在脳外科単科病院で勤務する者です。
脳外科単科病院では透析はもちろん心肺や心カテも行っておりません。機器管理についてもたくさんのME機器があるわけではありません。
このような病院の場合、臨床工学技士としての役割をどの位置に置くか迷っております。
現在、看護師への勉強会が中心になっていますが、脳外科での臨床業務といえば何でしょうか。
脳血管手術に立ち会うとしてもどこまで手を出していいかわかりません。皆様のアドバイスをお聞かせいただけたら幸いです。

Page: 1 |

Re: 脳外科領域での臨床工学技士の役割 ( No.1 )
日時: 2007/06/11 18:38:43
名前: t-matsumoto

当院にも脳外科があり、臨床業務にはかかわっていませんが、自分がPOPさんであれば手術用顕微鏡のバランス調整、定期点検。顔面神経刺激装置の立会い、ナビゲーションシステムの立会いなどを行うと思います。キューサーのプライミングセットアップ、TPSなどのドリル類の保守管理、麻酔器の保守もできると思います。いずれの業務も少しずつ始めてゆき、メーカーや周囲のスタッフに育てていただきながら、時間をかけてスペシャリスト化してゆくべきと思います。特殊な領域での貴重な存在だと思うので頑張ってください。
Re: 脳外科領域での臨床工学技士の役割 ( No.2 )
日時: 2007/06/11 22:52:22
名前: loose-beat

当院ではOPE室CEとカテや機器管理を行うCEとが分かれています。当院にも脳外科があり、どちらも関わりを持っています。自分はカテ・機器管理の方に属しているのですが脳血管内治療にも立ち会います。
内容としては大まかには脳アンギオの検査・治療時の経過記録や物品出しや管理、コイルエンボリ時のパワーサプライの操作など看護師業務も含め行っています(看護師がカテ室内までまわしてもらえないのでしょうがなくです)。後は呼吸管理補助、急性血液浄化も行っています。脳血管内治療ではやはり緊急対応が多いので常に対応できるような物品、医師が使い慣れている物品を常時在庫管理しています。
OPE室内の機器管理はちょっとわからないので申し訳ないのですが少しでも参考になればうれしいです。
Re: 脳外科領域での臨床工学技士の役割 ( No.3 )
日時: 2007/06/12 10:10:29
名前: POP

t-matsumotoさん、loose-beatさん貴重な意見ありがとうございます。臨床工学技士として脳外科でがんばりたいと思います。
また、脳外科単科病院に勤務している方がいらっしゃったらアドバイスお願いいたします。



Re: 脳外科領域での臨床工学技士の役割 ( No.4 )
日時: 2007/06/13 13:43:16
名前: Mr.T

POP氏>
当院は脳外専門ではありませんが、中〜小規模で脳神経に特化した施設ではあります。
脳外単科での業務内容との事ですが、どの程度の規模の施設でしょうか??
またどのような機器が有りますか??

小規模でも病棟にはレスピ・ポンプ類・モニター類は有るでしょうし、
OP室にもそれなりの機器は有ると思いますが・・
脳外関係ですと上にもあがってますが、ナビ・脳内視鏡・
電メ類・刺激装置・ドリル系・超音波吸引器・麻酔器・
マイクロ顕微鏡や無影灯もでしょうし・・
これ等の保守管理はされていますか???
施設によっては専門的な機械を一次洗浄の後で仮り組みして、
動作チェックを行って滅菌へ・・って所も聞いています。
(当院でも行いたいのですが、何せ人手が・・泣)

当院でも始めの内は、何をすれば良いのやら??でしたが、
放射線・検査関係以外の機器は、全て面倒をみています。
その施設の中で、誰が(どの職種が)行うのが妥当か?を
考えていけば、今後の業務は見えて来ると思います。
春から法改訂された「医療機器の安全管理」に関する内容を考えれば、
まだまだ仕事は増えて来そうです。(泣)

臨床業務へ目が行きがちですが、保守管理でもまだまだ完璧に
安全に臨床へ提供出来ている!!とは言えない施設が多いと思うので、
CEの活躍できる業務は探せば見付かると思いますよ!?
(当院でも見付けてはいても、まだ手が出せない業務が山程・・泣)
Re: 脳外科領域での臨床工学技士の役割 ( No.5 )
日時: 2007/06/14 15:32:52
名前: POP

Mr.Tさん大変参考になりました。当院はOP件数はかなり少なく、病院規模自体もかなり小規模になります。
これから、臨床だけでなく、もっと機器管理を徹底したいと思います。
ありがとうございます。

Page: 1 |