name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
テスト肺について
日時: 2007/02/01 22:30:36
名前: ZUBO

テスト肺についてご意見お願いします。
人工呼吸器使用時に吸引等のため一時テスト肺を装着するケースがあると思いますが、滅菌しないまま他の患者に使用したり、テスト肺の重みで呼吸回路の破損につながる場合があると思います。また日中人工呼吸器を外す場合、数時間にわたりテスト肺が装着されたままの状態であったり、さらに危険なのは一時的のテスト肺装着のつもりが、患者に呼吸器を装着せずベットサイドを離れたら
当院ではICUが無いため、人工呼吸器がいろいろな病棟で使用され、人工呼吸器装着患者のそばに必ず看護師がいるわけではありません。
私は一時外した場合にアラームが鳴ることは大切だと思いますが
管理人さんはじめ皆さんいかがでしょうか???

Page: 1 |

Re: テスト肺について ( No.1 )
日時: 2007/02/02 17:35:22
名前: ストライダー

当院では回路と同じように1使用毎滅菌していますので
呼吸器1台にひとつ常備してテスト肺をつなぎます
PCVでは回路内圧上限で警報がでやすいですが・・・
長時間のときは電源切ってもいいのでは?
Re: テスト肺について ( No.2 )
日時: 2007/02/05 11:51:17
名前: ポン太

当院では、以前は1患者使用後ガス滅菌を行っていましたが〜残留ガスや本当に滅菌されているのかということで、テスト肺に1患者に一つフィルターを使用することにしました。
Re: テスト肺について ( No.3 )
日時: 2007/02/08 00:01:48
名前: 管理人

ZUBOさん 皆さん こんばんは!

人工呼吸器の運用はリスクばかりが伴いますね。(^^ゞ

当院では人工呼吸器1台に付きテスト肺は1個専用に装備しています。MEセンターから貸し出す際は滅菌済みのテスト肺を呼吸回路に装着した状態にしています。確かに回路に重さが掛かりますが今のところトラブルはありません。

一般病棟においては基本的にはバクテリアフィルタ付人工鼻で運用していますので呼吸回路交換は1月に1度です。回路交換時にテスト肺も滅菌されたものに交換しています。その間のテスト肺の管理は出来るだけ不潔にならないように病棟で管理してもらっています。でも完璧なことはできていないでしょうね。(^^ゞ

サクション時に呼吸回路を外しますが毎回アラームを鳴らすのはうるさいので(こういう考え方が危ない)、一勤務帯に2度、外れのアラームが鳴ることをチェックしてもらい記録する取り決めになっています。我々は毎回チェックしてくれ!と主張しましたが看護部の反発?(^^ゞがあり、一勤務帯に2度のチェックになってしまってます。
我々の立場としては、本当は外れのアラームがきちんと鳴るかどうかをサクションの度にチェックして欲しいところですね。外れてアラームが鳴らないのが一番恐ろしいですから...

常に外したときにすぐにテスト肺を付けて、アラームが鳴らないようにするような運用は極めて危険です。必ず定期的に外れのアラームが鳴ることをチェックする必要があります。

当院で一時的に呼吸器を外しているときはフレックスチューブに滅菌ガーゼを巻いたりしているようです。

>さらに危険なのは一時的のテスト肺装着のつもりが、患者に呼吸器を装着せずベットサイドを離れたら...

確かにテスト肺がその場にあることでそのような事故が起こるリスクもありますね。何が起こるかわかりません。恐ろしい...

常々言ってますが、一般病棟の目の届かないところで人工呼吸管理を行うことは非常に危険です。何が起こっても適確に対応できるスキルを持ったスタッフによる常時監視が最低条件だと思います。

Page: 1 |