name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
プロトロンビン時間とトロンビン時間
日時: 2006/11/25 20:39:34
名前: 新人です

こんばんは。
質問させてください。

プロトロンビン時間とトロンビン時間は何が違うのでしょうか??
いまいち違いが分かりません。

よろしくお願いします。

Page: 1 |

Re: プロトロンビン時間とトロンビン時間 ( No.1 )
日時: 2006/11/26 12:25:17
名前: 管理人

血管内に存在する因子によっておこる凝固反応を内因系凝固と言いますが、この反応は以下のように進みます。

・血管が損傷して出血が起こると、血液中の第XII因子が血管の内皮細胞下にある膠原繊維に接触して活性化(XIIa)がおこる。

・ 活性化されたXIIaはXI因子を加水分解し活性化(XIa)する。

・ このXIaはIX因子を加水分解し活性化(IXa)する。この反応にはカルシウムイオン(Ca2+)が必要。

・ IXaは第VIII因子、リン脂質、Ca2+とともに第X因子を加水分解して活性化(Xa)する。

・ Xaは第V因子、リン脂質、Ca2+とともに第II因子(プロトロンビン)に働いて活性化しトロンビン(IIa)となる。

・ トロンビンは血漿中に大量に存在するフィブリノゲンに作用して不安定フィブリンを生成する。

・ 不安定フィブリンは活性化されたXIIIaによって安定化フィブリンとなる。

・ このフィブリンは不溶性のタンパクで線維状に析出して凝血塊を形成する。

以上を踏まえ、

プロトロンビン時間は組織因子によって凝固が開始されるときにかかわるII,V,VII,X因子あたりの反応をスクリーニングする検査。

トロンビン時間は凝固の最終段階であるトロンビンがフィブリノーゲンに作用してフィブリンを生成する反応をスクリーニングする検査。

ということで名前は似てますが、みている過程が違います。したがって臨床的意義も違います。
Re: プロトロンビン時間とトロンビン時間 ( No.2 )
日時: 2006/11/26 17:29:19
名前: 新人です

なるほど!!

もやもやがなくなってスッキリしました。
ありがとうございました!

Page: 1 |