name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
カフ圧について
日時: 2006/11/24 21:19:17
名前: Whiz

適正カフ圧についてご教授下さい。
当院では1日2回呼吸器ラウンドを行っており、同時にカフ圧も測定しています。
詳しい状態は分かりかねますが、肺水腫にて呼吸管理されている患者さんです。Servo−sにて管理しております。おおよその設定ですが、モードはA−PCV、吸気圧=15、呼吸回数=13回、PEEP=5、吸気時間1.34秒、酸素濃度=0.6、Rise time=5%にて管理しております。最近、気管切開を行ったのですが、どうもカフ部からリーク音らしい異音が聞こえるのです。
そこでお聞きしたいのですが、カフ部からリーク様異音が確認された場合はボリューム波形を確認しながらリークがほぼなくなる程度まで圧を加えても良いのでしょうか?適正カフ圧は20〜25pH2O程度かと思うのですが、この程度の圧ではリークがある場合はどの程度まで圧を入れるべきなのでしょうか?私の考えですが、カフ圧は数値ではなくそのトレンドが重要であり前回のカフ圧を参考にし、リークがない最低限の圧を加えればよいのではないかと思っています。今回の場合ですが、カフ圧を30に上げてもリーク様異音、リーク波形が確認されました。モードがPCVなのでリークに対する安全性は高いので、無理に圧を上げる必要はないのではないかと思います。実際、呼気TV=450程度確保されていました。経験がない身ですのでアドバイス宜しくお願いします。

Page: 1 |

Re: カフ圧について ( No.1 )
日時: 2007/01/07 21:21:21
名前: ねこ

どのようなタイプのカフをお使いですか?
高圧低容量or低圧高容量。
気管の形が変わっていると、高圧低容量カフではうまくいかない例もあるようです。

わたしもPCVでTVが確保されていれば、無理にリークをなくさなくてもよいと思います。

Page: 1 |