name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
呼吸器の波形について疑問?
日時: 2006/11/08 21:13:11
名前: 中年技士

最近人工呼吸器管理をはじめる(もうすでに始まっているんですけど・・・)にあたりB社740があるのですが、フローパターンで矩形波、斬減波が選択できるのですが、どう使いわけていいかわかりません。
年もとり頭がカチカチになっているのでどなたかわかりやすく御教授してもらえないでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Page: 1 |

Re: 呼吸器の波形について疑問? ( No.1 )
日時: 2006/11/14 00:15:14
名前: 管理人

http://lungventilator.com/pandect.htm
のB. 人工呼吸の分類あたりをご参照下さい。

機種は違いますが漸減波と矩形波の説明の部分を抜粋すると、

「漸減波は矩形波に比べて陽圧下での生理的自発呼吸パターンに近いので患者との同調性が改善されるだけでなく、圧換気の利点をも得ることができる。つまり、量換気モードでありながら擬似的に圧換気(PCV)を模倣することができる。同じ吸気時間であればPSV(pressure support ventilation)やPCVのようにピーク気道内圧も低くできる。」となっています。

当院では740が1台と760が複数台ありますが、実は吸気ガス流量が一定である矩形波でしか使ったことはありません。
マニュアルにも詳しくは書かれていませんが、使いこなしていないということですね。

当然ながらPCVモードで使用する上では関係ない設定ですしね。
Re: 呼吸器の波形について疑問? ( No.2 )
日時: 2006/11/15 21:32:40
名前: 中年技士

管理人さま御返答ありがとうございます。
斬減波のほうが、圧上昇が少ないということになりますよね。
では矩形波を使用するメリットが・・・
むかしからの名残なのでしょうか?
最近はPCVでなおかつ一回換気量も保障してくれる賢い機械もあるようですが。
当院には740しかありません。この場合矩形波よりもやはり斬減波を使用したほうが、患者に負担が少ないのでしょうか?
Re: 呼吸器の波形について疑問? ( No.3 )
日時: 2006/11/16 15:57:48
名前: 知りたい子

http://medt00lz.s59.xrea.com/
レジデント初期研修用資料の中にあるその他の話題の項目にある”呼吸器モニターのみかた”を参考にしてみてください。
Re: 呼吸器の波形について疑問? ( No.4 )
日時: 2006/11/17 19:31:08
名前: 中年技士

知りたい子さんご返答ありがとうございます。
早速資料みてみようとおもいます。
いつもみなさまからのご意見非常に勉強になります。
Re: 呼吸器の波形について疑問? ( No.5 )
日時: 2006/11/25 07:55:32
名前: Whiz

漸減波は短形波より吸気時間が長い(その分呼気時間が短縮される)ので気道内圧を低く抑える事が可能です。ですが、頻回にトリガーがかかる症例ですと呼気時間が十分確保されずエアートラップの危険性がある様に思われます。740ではフローパターンを切り替えた場合にディスプレイに吸気時間が表示されたと記憶しています。
短形波は漸減波より呼気時間の確保は容易かと思いますが、吸気時間が短い為、気道内圧を高める事になります。
管理人様同様、当院も最近はPCV主体になりつつありますので
その意味ではあまり関係ない設定ですが・・・

Page: 1 |