name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
人工呼吸中の自動給水モジュールについて
日時: 2006/10/18 11:58:47
名前: 知りたい子

最近人工呼吸器を使用するが場合の給水にMR290を使用する施設が増えてきたようですがトラブルはありませんか?聞いた話では小児回路で使用した時に給水がうまくいかない(圧換気のためモジュールの弁がうまく作動しない)などがあるようですが・・・・。
どんな事でもけっこうです。教えて下さい。

Page: 1 |

Re: 人工呼吸中の自動給水モジュールについて ( No.1 )
日時: 2006/10/28 23:20:34
名前: 管理人

当院ではバクテリアフィルター付き人工鼻とブースター付き人工鼻を使っていますので「お鍋」を使うことはほとんどありません。

このBBSの過去スレッド↓にこの関係の書き込みがありますのでご参照下さい。やはり給水がうまくいかないケースがあるとのことです。
http://plaza.umin.ac.jp/~ce-net/cgi-bin/patio/patio.cgi?mode=view&no=372
Re: 人工呼吸中の自動給水モジュールについて ( No.2 )
日時: 2006/10/28 22:02:09
名前: 知りたい子

どうもありがとうございました。
当院では呼吸器を一般病棟で使用する機会が多く人口鼻を使用するには少し抵抗があるのです。痰が詰まったり、ネブライザーを使用してフィルターが詰まったりするのが怖くて使用できません。人口鼻は一般病棟でも使ってよいのでしょうか?
Re: 人工呼吸中の自動給水モジュールについて ( No.3 )
日時: 2006/10/29 01:08:43
名前: 管理人

当院では一般病棟向けにバクテリアフィルター付き人工鼻を使用しています。どうしても喀痰排泄に難渋する場合だけ「お鍋」を使いますが、最近は「お鍋」の出番はほとんどありません。

ご存じだとは思いますがバクテリアフィルター付き人工鼻のメリットは、

1)バクテリアフィルタ機能があるため機械側から患者への汚染およびその逆の汚染の発生率を減らすことができる。

2)よって、呼吸回路を頻繁に交換する必要がない。
当院では呼吸回路交換は月に1度で問題なし。

3)余分な装置を使わないので準備および使用法が簡略化できる。
4)「お鍋」(Water bath式)では水の入れ忘れ,水以外の誤注入の発生(以前間違いでアルコールを入れてしまい死亡事故が発生している)、電源の入れ忘れなどの人為的なミスを防ぐことができる。
5)不良品は別として故障することがない。

一方、デメリットとしては、

1)死腔量が増える(およそ50ml)。
2)喀痰や血液の逆流により目詰まりを起こすことがある。
3)吸気抵抗,動的auto-PEEPの原因となる。
4)加湿が不十分な場合もある。

当院では基本的に2日に一度交換、汚れた場合はその都度交換ということを徹底することにより、今のところトラブルは起きていません。「お鍋」の方が何かとトラブルが多いのが現状です。バクテリア繁殖器となっているような気がしますし...

ネブライザは「百害あって一利無し」だと私は考えています。賛否両論があるのでしょうが、ほとんど臨床的効果がないという評価が大勢を占めているのではないでしょうか。
レスピを保守している立場としてはやめてほしいのですが、狂信的にネブの指示を出すDrが.....一人...

どうしても行う場合はネブ中だけ人工鼻を外して実施しています。

ICUはシビアな症例がほとんどですから加湿ブースター付き人工鼻を使用しています。これを使うと「お鍋」の出番はなくなります。当院ではF&Pがゴロゴロ余ってます。(^^ゞ

もう一つ過去スレッドに関係記事がありました。↓
http://plaza.umin.ac.jp/~ce-net/cgi-bin/patio/patio.cgi?mode=view&no=562
Re: 人工呼吸中の自動給水モジュールについて ( No.4 )
日時: 2006/10/29 16:34:34
名前: ちょんがー!

横レス失礼します。

人工鼻を使用した場合、人工鼻の前後で回路内圧の較差はどのくらい生じるのでしょうか?
人工鼻の使用開始直後と定期交換直前では異なるかもしれませんが…。
2日に1度の交換なら、問題はあまり生じないと考えてよいのでしょうか?

あと、人工鼻の目詰まりが人工呼吸器のパフォーマンスに影響を与える可能性はないのでしょうか?回路の途中に抵抗になるようなものがない方が良いと思いますし、トリガー感度に対する影響も心配です。

ネブライザーの使用の有無がポイントになりそうですが、最終的には主治医の治療方針が全てということになるのでしょうか?

人工鼻と加温加湿器の乱立だけは避けたいものです。

MR290は水位にバラつきがあるので(1mmしかないものから1cmくらいのものまである)、もう少し品質管理に力を入れてもらいたいものです。エアーフィルターのついていないものや、チューブとチャンバーの接着不良という不良品を見たことがあります。
Re: 人工呼吸中の自動給水モジュールについて ( No.5 )
日時: 2006/10/29 22:45:36
名前: 知りたい子

そういえば昔、人口鼻を使用していた時、カニューレから回転コネクターが外れても低圧アラームが鳴らなかった事がありました。呼吸器メーカーからも注意喚起するようにとの連絡をもらったことがありましたよ。
Re: 人工呼吸中の自動給水モジュールについて ( No.6 )
日時: 2006/10/31 02:13:39
名前: ももたろ・う

>人工鼻を使用した場合、人工鼻の前後で回路内圧の較差はどのくらい生じるのでしょうか?

気管内チューブ、カテーテルマウントを併用した際に発生する圧力損失は、最大で12センチくらいあります。

一度だ騙された気分で人工鼻、気管内チューブ、カテーテルマウントを接続して、鼻をつまんで口で呼吸してみてください。メチャメチャ苦しいですよ。(単体ではそうでもないのですが相乗するととんでもないことになっていることが把握できます)
Re: 人工呼吸中の自動給水モジュールについて ( No.7 )
日時: 2006/10/31 19:37:41
名前: 管理人

当院では常時監視のできない一般病棟ではリスクが高いので呼吸回路のはずれアラームを圧でしかみていないようなpoorな呼吸器は全部お釈迦にしました。その後は、はずれに対するアラーム機能が最も強力と思われる呼吸器を運用しています。

回路はずれアラームの精度の良い呼吸器を導入した上では、人工鼻でも何とかトラブルなく管理できていると言うべきでした。

ももたろ・うさんの言われるような人工鼻のデメリットもたくさんありますね。人工鼻は便利な反面、その落とし穴を知っていなければ危険であることも事実です。

呼吸回路のはずれアラームが低圧アラームしかないような人工呼吸器では人工鼻やフレックスチューブだけでも抵抗となり低圧アラームには引っかかりませんね。
よって低圧アラームでしか呼吸回路はずれアラームを発することしかできないような呼吸器で人工鼻を使用することは危険だと言うべきでした。

在宅で使われるような呼吸器ではNPPVも視野に入れて設計されているため、漏れがあるとその漏れを補償しようと送気量を上げるように設計されているものがほとんどですので、そのような呼吸器の低圧アラームは無いに等しいものと考えるべきで、はずれてもアラームはないと考えて対策を打つべきです。人工鼻どころかフレックスチューブだけの抵抗でも低圧アラームに引っかからないことになります。
Re: 人工呼吸中の自動給水モジュールについて ( No.8 )
日時: 2006/10/31 22:52:59
名前: ちょんがー!

横レスしたおかげで、勉強になりました。
12センチとは驚きです。
よく考えてみると、普通のマスクをしただけでも息苦しい感じがしますよね。
汗をかくような仕事をすると、マスクを外したくなります。

最近、某メーカーの方が人工鼻の営業に来て、「加温加湿器ではなく人工鼻を使うべきだ。」というようなことを言っていたもので、ちょっと気になっていました。人工鼻の営業をする場合は、相手先の病院の情報収集をする必要があるでしょうね。

今まで使っていた鼻プラグタイプのマスクが販売終了して、違うタイプのマスクに変わったんですが、これがバージョンダウンしててリスクが大きいんです。マスクが外れて、低圧アラームが鳴らず、SpO2が低下するという事例が2回も発生していますし…。

poorな呼吸器が多数、SpO2モニターの不足、医師不足、看護師不足、コンセント不足、こんな状況では、事故がいつ起きてもおかしくないように思います。それなのに、院内で危機感を感じている人が少ないような気がする。これが一番の問題です。人柱が必要なのでしょうか?思わず愚痴ってしまいました。

話が脱線したので本題に戻ります。自動給水になってから加温加湿器のトラブルは減少したと思います。空焚きは手動給水の時のほうが多かったですね。
Re: 人工呼吸中の自動給水モジュールについて ( No.9 )
日時: 2007/01/07 21:50:05
名前: ねこ

当院も小児科は、自動給水を使用するべきというお達しを無視して、MR210を使用しています。

MR290については、水位を規定する青いパーツが底面にくっついてしまい給水されにくいケースがあるので、使用前に確認してくださいという通知がメーカーより来ましたよね。

当院では、注射用水ボトルとモジュールの間に1メートル以上の落差をつけて、通気ポートのキャップをあけても、給水ラインがエアブロックのようになって空焚きに近くなることがあり、注射用水をソフトバッグタイプに変更し、問題を解消しました。週1回の回路交換時にMR290も交換するという形をとっていました。
 通気ポートのフィルタが外れて水が漏れたり、トラブルは多い気がします。
でも、これに代わる製品ってないですよね?
あったら教えてください。

Page: 1 |