name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
気をつけてね
日時: 2006/03/18 17:15
名前: ももたろ・う

最近はウィルスも内容が進化したもので、とんてもないものが出回っているようですね。Winny使用者は気をつけましょう。Win X-Pはウィルス実行ファイルの見分けが難しいけれど、目的ファイルを考えればそこにテキストファイルや実行ファイルが必要なのか判断できると思うんだけどなぁぁぁ。Win 2kでは明らかにフォルダの形が異なるから怪しいと気がつくんだよね。でもライブで更新していればノートン等でブロック出来るはずだが。

以下 参考までに

ローカルドライブを全公開、Winny流出させる新たなウイルス「Exponny」

 シマンテックは16日、P2Pファイル共有ソフト「Winny」の設定を変更するトロイの木馬型ウイルス「Trojan.Exponny」を発見した。感染したPCのすべての固定ローカルドライブを共有アップロードフォルダとして公開するという。危険度は5段階中で下から2番目だが、リスクインパクトは3段階中最も高い“高”と評価している。

 Exponnyが実行されると「C:Program FilesWinny2Down期間限定にアクセスできません。アクセスが拒否されました。」などという日本語の偽メッセージを表示。次いで、システムフォルダの「drivers」フォルダに自分自身を「host.exe」としてコピーし、レジストリキーを改竄することでWindowsが起動するたびに実行されるように設定する。

 Exponnyは、Winnyがインストールされているディレクトリ内のファイル「UpFolder.txt」とWindowsディレクトリの「SYSTEM.INI」ファイルを改竄する。UpFolder.txtは、所有するコンテンツをWinnyネットワークで共有するための設定ファイルだ。Exponnyはこの設定を「[C:] Path=C: Trip=Viruser」などのように、ローカルドライブ全体をWinnyネットワークに公開するよう改竄する。

 「MY PICTURES家族」「18禁」「アダルト」「エミュ」「攻殻機動隊」「熟女」「仁義なき」「富士通お勧め」などの日本語を名称に含んでいるフォルダがPCにある場合、そのフォルダをUpFolder.txtに追加する。また、「.avi」「.mpg」「.wmv」「.ram」「.asf」「.swf」「.mov」「.ogm」「.vob」「.mp3」「.wma」「.iso」などのファイルも追加するという。

 さらに、PCのユーザーが利用しているデフォルトのメールアドレスを検索。Cドライブのルートディレクトリ内で見付かったファイルのリストを含む「C:[日本語の文字] UpFolder[実行日][メールアドレス]」を作成し、「[UPALL] ID=[メールアドレス]」という情報を「SYSTEM.INI」ファイルに追加する。これにより、情報が流出したPCの持ち主のメールアドレスが明示される恐れがある。

Page: 1 |

Re: 気をつけてね ( No.1 )
日時: 2006/03/21 12:45
名前: まろん

警察の個人情報流出ありましたね。
職場のPC(?)にWinny入れること自体どうなんでしょうね?

知識が無いならP2Pなんて使わなければいいのに…
そもそも、仕事用&個人用メインPCはStand aloneで使うべきですよね。

Page: 1 |