name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
透析におけるAlb漏出とHtの関係について
日時: 2006/03/03 18:19
名前: dialysis

透析においてヘマトクリット値はAlb漏出量にどういった影響があるのでしょうか?ヘマトクリットが高い(濃縮しやすい)とAlb漏出量は増えると聞いたことがあるのですが、なぜ漏出量が増えるのでしょうか?

Page: 1 |

Re: 透析におけるAlb漏出とHtの関係について ( No.1 )
日時: 2006/03/04 11:47
名前: 管理人

>透析においてヘマトクリット値はAlb漏出量にどういった影響があるのでしょうか?

ヘマトクリットが高いとアルブミン漏出量が増えるということにはなりません。ヘマトクリット値とアルブミン漏出量は直接には関係ありません。
除水を多くかけることによって透析後のヘマトクリットは濃縮により上昇します。アルブミンは濾過をたくさんかけることによって漏出量が多くなります。
ヘマトクリットが濃縮するということは、濾過が多いということですから、結果的にアルブミン漏出も多くなるという関係です。


>ヘマトクリットが高い(濃縮しやすい)とAlb漏出量は増えると聞いたことがあるのですが、なぜ漏出量が増えるのでしょうか?

それはないと思います。
こじつけて考えると、ヘマトクリットが高い→栄養状態が良い→血清アルブミン値が高い症例と、低栄養でヘマトクリットが低くて血清アルブミンも低い症例を比較すると、血液浄化法の各条件が同じだとすれば血清アルブミン値の高い症例の方が必然的に漏出量が多くなるでしょう。同じ濾過量ではアルブミン濃度の濃い方がより多く引っ張られることになります。

Page: 1 |