name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
AEDの操作は誰がする?
日時: 2006/01/24 20:36
名前: tonton

はじめまして。皆さんにご意見を伺いたく、投稿いたします。
内容はタイトルの通りです。
AEDを導入している施設も徐々に増加していると思いますが、臨床工学技士は院内の運用で、包括指示下での操作を行なうにあたり、問題は生じていないでしょうか?
当院では、臨床工学技士が生命維持管理装置として、AED使用が許可されています。
一方で厚生労働省が通知した内容では、有資格者として、医師、看護師、救急救命士とあり、臨床工学技士は含まれていません。
この通知をどのように解釈したら良いか、正直困っております。
皆様のご意見をお待ちしております。

Page: 1 |

Re: AEDの操作は誰がする? ( No.1 )
日時: 2006/01/24 22:19
名前: スター

AEDって、非医療従事者(一般市民)にも使用可能になったんじゃなかったですか?最近、駅や空港などにも置いてありますが・・・
Re: AEDの操作は誰がする? ( No.2 )
日時: 2006/01/25 08:35
名前: 通りすがり

厚生労働省からの通知はそのままの理解で問題ないと思われます。
2004年?、冠動脈学会の臨床工学技士セッションでの厚生労働省お役人の見解によれば除細動器・AEDの操作(患者に対しての放電)は医師、看護師のみ。救急現場(pre hospital)における操作は包括指示下において救急救命士も可能と言う物でした。当然臨床工学技士は緊急時であっても業務中(病院内)においては操作してはいけないとの見解でした。(除細動器については断言してました。AEDについては学会の段階で一般市民OKとは決まっていましたが、施行されていないこともあって断言を避けていました。)

一般市民も使用可能となっておりますが、これは緊急時の場合であり、臨床工学技士が生業(業務)として行なうことは禁止されているはずです。
すなわち固く解釈すると、業務中は臨床工学技士は患者に対して放電しちゃいけないとなります。

まー業務中(病院内)において医師が5分以内に現場に到着しない状況ってないんじゃないかと・・・。
臨床工学技士としてはそれまでの間BLSを行なうっていうのが正解ではないでしょうか?

乱文ですいませんが、こんな感じだと思います。
Re: AEDの操作は誰がする? ( No.3 )
日時: 2006/01/25 23:49
名前: tonton

スターさん、通りすがりさんありがとうございます。

非医療従事者がAEDを使用して良い根拠は、「たまたま心停止患者に遭遇した場合」を想定しており、これに対応するのは業ではない、だから医師法第17条に違反しない。ということです。
臨床工学技士は、生命維持管理装置の操作を「業」とすることができる、つまり除細動器を使用することが予め想定されています。
ちなみに、「業」とは法律の中では、「反復継続して行なう意思」があるかどうかです。これは業務中、業務外、病院内、病院外関係ありません。
多分業務指針の中で、「導出電極の身体への設置は医師が行なう」との一文がネックになると思われますが。
引き続きご意見を賜ればと思います。
Re: AEDの操作は誰がする? ( No.4 )
日時: 2006/01/27 19:23
名前: スター

病院内で、たまたま倒れている人に遭遇した場合はどうなのですか?例えば、外来待合室で倒れた人がいたとか。学会で臨床工学技士もAEDを行ったという内容の発表を聞いたものですから・・・。
Re: AEDの操作は誰がする? ( No.5 )
日時: 2006/01/31 20:52
名前: tonton

技士会に問合せてみました。
臨床工学技士はAEDの操作については、OKだそうです。
院内においては、予めマニュアルの整備が必要と思われます。包括指示の範囲で行なえば、その都度の医師からの指示は不要と思われますが、CPRの研修等はしっかり受けておく必要はあります。
Re: AEDの操作は誰がする? ( No.6 )
日時: 2006/02/01 09:59
名前: 通りすがり

Σ(゚Д゚;≡;゚д℃(゚д゚)エ?キタノ?エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

本当ですか??
臨床工学技士がAEDの操作OKなんだ・・・。
であれば、きちんとした形で日本臨床工学技士会から指針などを発表してもらいたいものですね。

僕の勉強不足かもしれませんが、そういったものは読んだ記憶がありませんので・・・。
技士会の内部てきにも、対外的にも大きくアピールする必要があるような気がします。
Re: AEDの操作は誰がする? ( No.7 )
日時: 2006/02/01 23:58
名前: スター

やはり、臨床工学技士でもAED操作はOKですか!安心しました。実は、当院でもAEDを購入したばかりだったので・・・。昨年の日臨工学会や県の技士会では、技士もAEDを行って救命したという主旨の発表を見ましたので、自分は当然できるものと思っていました。ですから、通すがりさんのレスには正直驚いたしだいです。私の所属するH県の技士会では、技士会上げてAEDの大々的な講習会を実施し、会員全員が受講できる規模の講習会を実施していました。自分も参加しました。
Re: AEDの操作は誰がする? ( No.8 )
日時: 2006/02/02 20:35
名前: tonton

通りすがりさん、スターさんこんばんは。
まだ正式な文書が出ていない以上、院内で使用するにはコンセンサスが必要であると思います。
地域によっては非常にAEDに対して熱心なところと、さめているところがあるかもしれませんね。
心室細動の患者が生存する決定的な因子は「早期除細動」ということが世界の標準ですから、我々も医療に関わる者として、積極的に取り組んでいかないといけないですね。
技士がAEDで救命したというのは、素晴らしい発表ですよね!
Re: AEDの操作は誰がする? ( No.9 )
日時: 2006/02/06 12:51
名前: スター

2004年7月1日、厚生労働省医政局長通知にて、『救命現場に居合わせた一般市民のAEDの使用は医師法に違反しない』ということになりました。よって、医療職のみならず、他の病院職員でも使用可能です。うちでも、除細動器の保守管理を行っている立場上、誰でも使えるAEDを臨床工学技士がイニシャティブを取って導入していこうと考えています。院内講習会も行う予定です。自分が所属する兵庫県臨床工学技士会では、2月26日にAED−BLS講習会が行われます。
Re: AEDの操作は誰がする? ( No.10 )
日時: 2006/02/09 20:06
名前: 公務員

 確かな記憶ではないので、間違いがあればどなたか訂正をお願いします。
 AEDの使用に関しては、実際に操作した状況により、法的な解釈が難しい部分があるようです。厳密に、法律の文面だけの解釈だけをするならば、病院内において、医師以外のものが、通常の業務として操作していた場合、医師法にふれると明記されているはずです。
 ただ、実際に使用した場合、その時の状況で、緊急避難的処置として、認められる場合もあるようです。
 また、AEDは誰でも使用できる、というのは、正しくはありません。これもまた、ほかに誰もいないという状況では誰が使用しても認められるようですが。実際には、所定の講習を受けたもの、ということになっているはずです。
 現在のところ、その所定の講習として認められているのは、消防と、日赤の行っているものだけのはずです。その他、各病院で院内研修として独自に行っているものや、任意団体が行うものは、認められていないはずです。
 内容に間違いがあるかもしれません。間違いがあればご指摘お願いします。

Page: 1 |