name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
日機装DBB72について
日時: 2005/12/26 20:55
名前: 丸山

日機装のDBB72について教えてください。当院で使用しているコンソールはたまにTMPゼロ補正値異常という警報がなるのですが、どのような意味合いがあるのでしょうか??またそのときはどのように対処するのがただしいのですか??どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Page: 1 |

Re: 日機装DBB72について ( No.1 )
日時: 2005/12/27 15:45
名前: ママさん

私は現在は透析の仕事をしてはいませんが、以前の記憶では取扱説明書にこの説明は載っていたのではと思います。
TMP補正についての詳しい説明はそちらを見ると良いかと思います。

ネット上では
http://tzklabo.met.nagoya-u.ac.jp/nogami/e-text/lcdkeihou.html
のサイトに説明がありました。

日機装社の透析装置は、透析開始後数分でTMPゼロ補正を始めますよね?
このTMP初期補正値は、膜の性能(透水性)や透析液吐出部、ホルダーの高さが関係していたと記憶しています。
いつも同じ人(膜)で毎回のようにこの警報が鳴るのであれば、1週間くらいTMPゼロ補正値を記録したうえで平均を出し、TMP中点設定をすると良いかと思うのですが…。
(間違っていたらすみません。)
Re: 日機装DBB72について ( No.2 )
日時: 2005/12/27 20:48
名前: ムツゴロウ


ママさんの言うとおりです。
個別に記録を取って平均を出し、中点の設定を行い上下の警報限界点の設定をすれば良いかと思います。現在のダイアライザーは非常に透水性が高いのでダイアライザーによっては日機装の設定しうる範囲を超えた数値が出る可能性も有ります。TMPの測定も数分後の測定では数値が高く出すぎる事が有りますので15〜30分後の十分血液がダイアライザーを循環してから測定する方が安定した数値が得られると思いますので試して下さい。透析開始後、何分で測定開始するか設定できるようになっています。
(^o^)

Page: 1 |