name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
プライミング
日時: 2005/02/13 21:05
名前: ジニア

すみません教えてください。
透析のプライミングって何のためにするんですか?

Page: 1 |

Re: プライミング ( No.1 )
日時: 2005/02/14 07:47
名前:

透析に使用する血液回路やダイアライザの微小な塵・膜の保護剤・充填液及び空気を洗浄除去し、透析治療が開始できる状態にしなければなりません。
(「洗浄」「プライミング」を別の意味として使用したほうが適切かも知れませんが・・・。)
プライミングの操作についてはダイアライザの取扱説明書に記載されていますし、インターネットでも検索すれば出てくると思いますので、そちらを参照してください。
Re: プライミング ( No.2 )
日時: 2005/02/14 22:12
名前:

後ダイアライザーと回路の破損の有無の確認もあります。
Re: プライミング ( No.3 )
日時: 2005/02/16 22:03
名前: 管理人

ジニアさん こんばんは!
Sさん、Tさん サポートありがとうございます。

プライミングの目的は3つあると思います。

1.血液回路、ダイアライザーを洗浄する。
→プライミングに使った生食を顕微鏡で見ると膜素材や塩化ビニールや接着剤等の切れっ端がかなり見えるようです。

2.血液回路、やダイアライザー内の空気を追い出す。
→空気のままだったら接続時に困りますよね(^^ゞ

3.事前に不良品を発見する。
→血液回路やダイアライザーの不良品を事前に見つけるというのも大切だと思います。プライミング中に液漏れなどが起こっていないかを確認します。ただ、最近のダイアライザーはUFRが高すぎてリークの発見は難しいですけどね(^^ゞ。明らかな不良品しか見つけられませんが...
Re: プライミング ( No.4 )
日時: 2005/02/18 10:06
名前: 先行者

ドライとウエットタイプでプライミングの方法が異なってくると思うんですがどのあたりに注意すればよいか教えてください。ドライに関しては最初から回路を全てつなげて生食を流していいものか...最初から回路をつなげると圧で膜が破損しないか心配なのですが...  あと、ドライは生食がダイアライザを通過するまでは低流量で流さなくてはならないと聞いたことがあります。なぜでしょうか?膜が破損しないように?生食が均等に滲み渡るように?教えてください!
Re: プライミング ( No.5 )
日時: 2005/02/20 19:05
名前: 管理人

>ドライに関しては最初から回路を全てつなげて生食を流していいものか...最初から回路をつなげると圧で膜が破損しないか心配なのですが...

→接続は最初からでも先まで満たしてからでもどちらでもいいでしょう。返血側にペアンをかけて高回転で回さない限りは圧による損傷は考えられません。

>あと、ドライは生食がダイアライザを通過するまでは低流量で流さなくてはならないと聞いたことがあります。なぜでしょうか?膜が破損しないように?生食が均等に滲み渡るように?教えてください!

→乾燥している膜に対してやさしく生食を滲みわたらせた方がいいからでしょうね。でも当院では高回転でやってますが問題が起きたことはありませんけど...煮婦路さん ごめんなさい(^^ゞ
先輩の指導通りにやっておいた方が無難です。
Re: プライミング ( No.6 )
日時: 2006/01/29 00:03
名前: k

お疲れ様です、プライミングの際ウエットとドライの流量はどれぐらいの速さで回していますか、

Page: 1 |