name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
呼吸器回路の洗浄
日時: 2004/02/27 00:52
名前: マック < >

当院では、呼吸器回路を使用後に水洗し、サイデックス消毒して滅菌をしているのですが、呼吸器回路にサイデックス付着物がついて困っています。何か別の洗浄液など、方法があればだれか教えてください。

Page: 1 |

Re: 呼吸器回路の洗浄 ( No.1 )
日時: 2004/02/28 22:39
名前: 管理人

マックさん こんばんは!
以前は当院でも呼吸回路使用後は水洗後、グルタラール液に漬けて消毒後ガス滅菌をしていましたが何かの付着物が付いて困ったという記憶がありません(^^ゞ。

当院では3年ほど前から呼吸回路はすべてディスポにしてしまいました。

どなたか情報をお持ちの方がおられましたら是非書き込みをお願い致します。
Re: 呼吸器回路の洗浄 ( No.2 )
日時: 2004/03/03 23:10
名前: りょう

りょうです。
 ちなみにその付着物は、サイデックスを使用すると必ずつくのですか?呼吸回路以外に使用してもつくのですか?使ったことないのでわかりませんが、ぜひ教えてください。
 さて、呼吸回路についてはCDCガイドラインでは高水準以上の消毒とあります。ということは消毒と滅菌の両方は必要ありません。滅菌は高水準レベル以上ですからね。そのどちらかだけでよいわけです。そして消毒、滅菌の前には有機物の除去が必要ともあります。有機物の除去の方法についてのガイドラインはないと思います。
 しかし個人的に思いますが、ディスポの導入が一番ですね。当院はリユーザブルですが・・・。管理人さん、ディスポの導入でおそらくコストがUPすると思いますが、いかがでしたか?廃棄によるコストの問題もありそうですし・・。
Re: 呼吸器回路の洗浄 ( No.3 )
日時: 2004/03/08 08:24
名前: 管理人

現在ICU、一般病棟ではディスポ回路にしています。
メーカーはMALLINCKRODT製です。一般病棟用呼吸器は全てのアラームを故意にはずしても呼吸回路がはずれた場合にアラームが鳴ってくれてPCVにも対応できるベンチレーター760に統一しています。

一般病棟ではバクテリアフィルタ付き人工鼻(ハイグロバッグS)で運用していますので呼吸回路は1ヶ月に一度の交換です。リユーザブルの時は一週間に一度交換していましたがこれを1ヶ月にしても問題が起こったことはありません。

ICUでは病態がシビアな患者様ですので加湿ブースター付きの人工鼻を用いています。また一般病棟でどうしても加湿が足りないと思われる症例には加湿器を用いています。その場合、回路交換は2週間としています。

セット内容は、
150Cmの蛇管(定価1200円)×2本
Yピース(定価500円)
ハイグロバッグS(定価850円...確か?)
エクステンダブルカテーテルマウント(定価400円)
以上の消耗品の納入価は3割引程度です。

ハイグロバッグSとエクステンダブルカテーテルマウントは基本的には2日に一回交換です。慢性在宅呼吸管理患者様のホームページで患者様の体験談を読みますと最大11日くらい持つとのことが書かれていましたのでもう少し間隔を延ばしてもいいのかも知れません。またその患者様は加湿器を付けていたときと比べ喀痰が少なくなり随分楽になったとのことです。

1ヶ月で計算しますと(納入価)、
蛇管2本→1,680円 →A
Yピース→350円 →B

ハイグロバックS→595円+エクステンダブルカテーテルマウント→280円=875円×15日(2日に一度交換として)=13,125円 →C

トータルA+B+C=15,155円くらいになります。

呼吸回路、YピースとエクステンダブルカテーテルマウントをリユーザブルとしてもハイグロバックSはディスポなのでどちらにしても同じ使用量です。したがって1ヶ月にすると15,155円−8,925円(ハイグロバック代)=6,230円のコストアップということになります。リユーザブルの高価な回路分と手間・人件費を考えたらそれほどでもないような気がしますが...。急性期患者が多くて2〜3日で発展的、あるいはそうではない呼吸器離脱症例が多い場合はコストが嵩みますが慢性期の症例であればこのくらいのコストですね。
廃棄のコストアップはそれほどでもないように思います。

ハイグロバックSとマウントの交換間隔を延ばせばかなりコストを削減することができるでしょう。この辺はまだコンセンサスが得られていませんね。

利点は洗浄・消毒・滅菌にかかる手間、人件費の削減、ピンホールや破れなど劣化によるトラブルの回避(以前はよくありました)、完全に清潔である...などが挙げられます。

そう言えば在宅へ向けて訓練中のLTV-950を用いている患児だけリユーザブルを使用していました(;´▽`A``
Re: 呼吸器回路の洗浄 ( No.4 )
日時: 2004/03/07 13:01
名前: りょう

 管理人さん、詳細な情報をありがとうございます。HMEの使用による回路構成、回路交換の間隔、急性期患者の割合などで大きく変わりそうですね。一ヶ月のコストが6230円だとすれば人件費を考えればそれほど変わらないように思えますね。もちろん平均コストはもっと上がってしまうと思いますが・・・。
 加湿の効率についてはMR410<HME<MR730=ブースタとの報告があったと記憶してますのでその患者さんのおっしゃることもあてはまりますね。
 ピンホールや破れは当院でも一時大きな問題となりました。部署にもよりますが、頻繁に使用する部署以外ではトラブル時のNsサイドでの対処はなかなか難しいようです。CEが常時いれば問題ないのですが。。
 では今後もよろしくお願いします。
訂正ですf(^_^)ポリポリ ( No.5 )
日時: 2004/03/08 17:13
名前: 管理人

ハイグロバックSの価格が間違ってました。
1個定価で1400円、納入価は980円くらいになります。結構高いですね。
Re: 呼吸器回路の洗浄 ( No.6 )
日時: 2005/12/02 23:28
名前: 安月給

こんにちわ。はじめまして。
呼吸回路の洗浄ですが、当院ではスポンジでママレモンを
使用して蛇管やウォータートラップ、Yピース等をゴシゴシと
洗い、最後に水洗して使っています。
カスケードやYピース、温度計なんかはディスポですが
破損や変形しない限りリユーズしてます。
ちなみに回路交換は月一回でやってます。
看護部長いわく、20数年このようにやってて問題ないからいいし、
コストのかかる事はしないで。
と言う事なのでそのままにしてます。

あんまり参考になりませんね・・・
価格 ( No.7 )
日時: 2005/12/14 11:31
名前: まだまだ反省中

「管理人」様へ、突然ですが、質問させてください


>150Cmの蛇管(定価1200円)×2本
>Yピース(定価500円)
>ハイグロバッグS(定価850円...確か?)
>エクステンダブルカテーテルマウント(定価400円)

 現在、回路交換サイクルを「週1」から「月1」へと数年前から水面下で計画していたのですが、今年ようやく、医局会やら業務改善委員会やら院内会議やらでかけて変更にやっとこさこぎつけたのですが、回路交換延長に伴う、消毒・滅菌・光熱費などからくるコスト軽減からリユーザブルをディスポへ変更しようとしておりますが、なかなかコスト面で「うん!」と院長の「鶴の一声」が出ずに困っております。
 拝見したところ、「Yピース」が私がみた定価の中では安価のようで、もしよろしければどちらのものか御教えいただけますでしょうか?
Re: 呼吸器回路の洗浄 ( No.8 )
日時: 2005/12/14 16:40
名前: 管理人

Yピースの製造販売元は「Tyco Healthcare Japan」です。
販売名:DAR ディスポーザブル呼吸回路部品 コネクタA
商品番号:600/5087

お鶴さん はやく一声出してくれるといいですね。
Re: 呼吸器回路の洗浄 ( No.9 )
日時: 2005/12/15 22:40
名前: まだまだ反省中

短文ではありますが、誠に御返信ありがとうございました.

Page: 1 |